消化管疾患について
消化器科トップ スタッフ紹介 外来案内 消化器病解説 肝臓病教室 後期研修医募集
治験情報大阪医療センター
食道癌・胃癌 大腸癌
 色素内視鏡・拡大内視鏡・特殊光観察を駆使し、食道癌・胃癌の早期発見に努めています。治療方針に関しては、超音波内視鏡などを用い、外科との合同カンファレンスで検討しています。内視鏡的粘膜切除術(EMR)のみならず、早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)にも取り組んでいます。また最新の化学療法(抗癌剤による治療)も積極的に行っています。  近年、日本人における大腸癌患者数の増加は周知の通りです。いまや大腸ポリープ・早期大腸癌については、腫瘍の表面の模様(pit)を特殊な色素で染色し拡大内視鏡で観察することで、切除する前からある程度の悪性度(癌かそうでないか)、深達度(内視鏡で切除可能かどうか)判断できるようになっています。また、小さな病変であれば、検査・治療は外来で受けていただいて、経過観察のため1泊入院するだけで治療を終了することもあります。また大腸癌に対する抗癌剤の治療は化学療法の分野で最もめざましいものがあります。当科では、これらに対応した診療を行っています。
炎症性腸疾患 他の消化管疾患
 クローン病、潰瘍性大腸炎、ベーチェット病といった炎症性腸疾患の患者さんも数多く診療しています。治療としては、早く確実に炎症を治めることが目標となりますが、症状が軽快しても定期通院が必要となります。ペンタサ、アサコール、サラゾピリンの内服から治療を開始しますが、治療効果が不十分な場合は、副腎皮質ステロイド、免疫調整薬(イムラン、タクロリムスなど)、白血球除去療法(GMA、LCAP)、抗TNFα抗体(レミケード、ヒュミラ)などを組み合わせ、疾患のコントロール、QOLの向上に努めています。  悪性疾患や炎症性腸疾患といった卓越した専門知識を要する疾患をとりあげましたが、もちろん胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療、ヘリコバクターピロリの除菌療法、消化管出血に対する止血術も行っています。また、これまで精査・治療が困難であった小腸についても小腸内視鏡、及びカプセル内視鏡を導入することで、小腸の全観察が可能となり、小腸の腫瘍や炎症、血管性病変など、胃や大腸とは異なった疾患を早期発見・治療することができるようになりました。
ページトップ
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. DEPARTMENT OF GASTROENTEROLOGY All Right Reserved.