診療科の特徴

当科では、初診外来を中心とした一般外来診療、3次救急を除く時間内救急患者の初療、救急患者の一部(総合診療を要する症例)の入院後の受け持ちを行っています。

また時間外救急の初療は当院研修医が指導医のもとで行うため、診療の指導や定期的な症例検討を行うことにより、常に診療の質の維持・向上を図っています。

主な対象疾患

肺炎、急性腎盂腎炎などの感染症や、不明熱、その他専門診療科を特定しづらい症状(原発不明がんの精査を除く)の対応も可能な限り行っています。