がん登録室

がん登録は、がん対策に不可欠な機能として、世界各国で実施されています。このような疾病登録が、事業として世界的に展開されている疾病は、がん以外にはありません。


がん登録は、がんの罹患や生存の状況等を把握する仕組みです。我が国のがんの現状を把握し、がん対策の基礎となるデータを得るとともに、がん患者に対して適切ながん医療を提供し、また、がん予防を行うために不可欠です。


大阪医療センターでは、「がん診療連携拠点病院」として、①院内がん登録 ②地域がん登録 ③予後調査 ④がん登録ワーキングなどを行っています。


院内がん登録:がんに罹患した方の病気や治療情報を詳しく登録し、国に報告しています。
  *がん診療連携拠点病院院内がん登録全国集計2012年全国集計施設別
   (症例区分8を除く) 集計表
   
地域がん登録:がんに罹患した方の病気や治療情報を詳しく登録し、大阪府に報告しています。
  *がん診療の実績(大阪府がん拠点病院)
  *大阪がんええナビ
   
予後調査:院内がん登録における診断から5年の生存確認調査をします。

調査方法は、外来の通院状況、連携病院の照会、大阪府悪性新生物患者登録事業情報サービス、住民票照会、治療経過調査手紙及び、電話確認などを、実施しています。

  *全がん協加盟施設の生存率共同調査 全がん協生存率
  *国立病院機構 大阪医療センター5年生存率 (2001~2003年)
   
がん登録ワーキング:毎月、各科のがん登録担当医にがん登録状況を報告し、協力を促しています。
また、部科長会で適宜報告し、現在のがん登録状況が、病院全体で周知されるように努めています。