ごあいさつ

是恒院長
院長 是恒 之宏

大阪医療センターのホームページをご覧いただきありがとうございます。国立病院機構は平成27年度より非公務員化されましたが、国が提供する医療、すなわち政策医療を担っていることに変わりはありません。当院では、三大疾患である、がん、心臓病、脳卒中をはじめとして、広い領域の疾患を取り扱っており、患者さんに高度で総合的な医療を提供するため、病院すべての能力を結集し職員が昼夜を問わず取り組んでいます。その中には、エイズ、C型肝炎などの感染症や、高度救急救命医療、災害医療も含まれています。


一方、医師をはじめ多くの医療職の育成にも力を注いでおります。医師の臨床研修病院の指定を受け、また数多くの大学医学部、医科大学、薬科大学、看護系大学等の医療職養成校から学生を受け入れ、実習の場を提供しています。さらに、種々の学会から専門医養成のための研修施設としての認定も受けています。


もう1つの特徴として、臨床研究の推進があります。医療の発展のためには臨床に根差した研究を進めることが必要です。当院は臨床研究センターを有し、新薬や新しい医療機器の開発のために欠かすことのできないプロセスである治験に積極的に取り組んでいます。また、多くの国際的な臨床試験にも参加し診療に役立つエビデンスの創設に寄与しています。


当院の医療をご支援頂いている大阪ならびに近畿一円の多くの先生方に改めて厚く御礼申し上げます。今後も当院の掲げる理念に従い、「正しく、品よく、心をこめて」をモットーに、よりよい医療サービスを提供し、また、医療人の育成や医学の進歩に貢献すべく進んでまいります。


病院幹部

中森副院長 関本副院長 上松臨床研究センター長
副院長 中森 正二 副院長 関本 貢嗣 臨床研究センター長
上松 正朗

三田統括診療部長 高橋事務部長 伊藤看護部長
統括診療部長
三田 英治
事務部長
高橋 良和
看護部長
伊藤 文代