後期臨床研修コースプログラム【外科】

 外科研修コース

1. 診療科(専門領域)
外科
2. コースの概要
2年間の初期臨床研修修了者を対象。
日本外科学会認定の専門医取得に向けての一般目標で定める3期に分かれた外科単一プログラムから成る。
3. 取得資格
国立病院機構における診療認定医(I)資格
外科専門医資格
4. 長期目標
外来診療、手術、検査、病棟業務を通じて、外科診療全般を一人前に行える手技の習得を目指し、外科専門医となるための知識と診療技術を育む。がんの診療と治療に必要な知識と経験を獲得する。消化器外科、胸部外科、乳腺、などの専門医取得のための条件を満たす。
5. 取得手技
外科全般における外来診療、手術、内視鏡検査および超音波診断、病棟業務が一人前に行える手技の習得
6. 研修期間
3年間
7. 募集人数
5名
8. 診療科の実績と経験目標症例数
 

主要疾患

入院数(年間)

経験目標症例数(3年間)

肺縦隔

83

50

消化管

552

160

肝胆膵

188

80

内分泌手術(乳癌を含む)

183

50

その他(ヘルニア・肛門疾患を含む)

100

50

 

手術

件数(年間)

経験目標件数(3年間)

肺切除術

62

12

食道切除術

25

5

胃切除術

130

25

小大腸切除術

300

100

肝胆膵切手術

104

20

乳癌手術

180

30

その他の小手術

100

20

心血管手術(心血管外科にて)

200

20

外傷(救命センターにて)

100

10

腹腔鏡手術

250

80

9. 診療科の指導体制
診療科医師数:常勤 14  名、非常勤 11  名
診療科研修の指導にあたる医師:13名
主として研修指導にあたる医師の氏名:関本貢嗣   
主として研修指導にあたる医師の診療科経験年数:32年
10. コンセプト
オン・ザ・ジョブ・トレーニングを通じて、外科専門医となるための知識や診療技術を身につける指導を行う。患者のための医療を実践すること、チーム医療の考え方をマスターする。外科医として必要とされる専門技術(専門手術手技)を身につけるよう指導する。
当科の特徴は以下のごとくである。
がん治療および外科治療における標準治療の確立と先進医療の推進
専門性の高い外科治療:疾患別専門医制、専門医および指導医の充実
医療の質の向上:チーム医療の推進、集学的治療、最新のがん薬物療法
標準治療の確立:臨床研究および共同研究の推進、公的研究費による研究班への参加、治験の推進
情報発信:学会発表および論文発表の奨励、講演会およびセミナーの開催
11. 一般目標
日本外科学会専門医制度の教育施設実地修練計画書に基づき、研修目標に従って、臨床的に一人前の外科医として直ちに活躍できる診療技術を身につけることを目標としている。
 3年間は以下の3期に分けたプログラム計画に従って指導する。
 外科前期基礎過程(卒後3年目):
   入院患者の主治医として指導医の管理下で診断・手術・術後管理のすべてを実習する。一定期間(3ヶ月)乳腺診療グループに所属して、専門診療、手術、化学療法、などの知識と技術を学ぶ。その他に期間においては、ヘルニア、急性腹症、肛門疾患、上部、下部消化器疾患および肝胆膵疾患の入院患者を担当して、簡単な手術の術者となる。
 ◎外科後期基礎過程(卒後4年目):
  入院患者の主治医として診断、手術、術後管理を全般にわたって行う。各専門分野の知識と技術を習得する。とくに、消化器外科領域のがん患者を中心に担当し、外科腫瘍学についての理解を深め、指導医とともに治療方針決定に関与する。臨床研究について学習し、実践する。学会活動を積極的に行なう。一定期間(3ヶ月)呼吸器専門医とともに入院患者の診療と手術を担当する。希望により、短期間心血管外科、小児外科、救急救命センターなどでの研修を行う。
 ◎外科専門過程(卒後5年目):
  入院患者の主治医としてすべてのレベルの患者を担当する。また、外来患者の診療を担当する。腹腔鏡下手術を含む内視鏡手術・あらゆるレベルの開腹手術の術者を経験する。外科専門医として必要な症例の修得に努めさせる。 
◎その他:3年間の研修期間全般にわたって、研修医を含む後輩医師に対する教育・指導(屋根瓦方式)も行わせ、将来指導医となるための修練をつませる。
12. 関連領域の研修に関して
施設内での研修:可能
施設外との交流研修:可能
研修領域の決定:基本的に外科単一プログラムであるが、外科専門医取得に必要な症例を経験するため、心顕官外科および救急救命センターで短期間研修する。また、麻酔科での研修も必須としている。がん専門医を目指す人に対しては、国立がんセンターなどの専門施設の短期見学を行う機会を設けている。
13. 共通領域研修について
院内・院外で開催されている関連領域の研修会・勉強会などには積極的に参加することを促す。また、学会活動を積極的に行い、最新の知識の獲得と情報発信を行うことを推奨している。

トップページ

 外科研修概要

 
卒後3年目
卒後4年目
卒後5年目
外科
前期基礎過程
外科
後期基礎過程
(関係領域の研修を含む)
外科
専門過程
(関係領域の研修を含む)

トップページ

 外科研修プログラム

1. 診療科(専門領域)
外科
2. 研修期間
3年間
3. 募集人数
5名
4. 研修目標
日本外科学会専門医制度の教育施設実地修練計画書に基づき、外来診療、手術、検査、病棟業務を通じて、外科専門医となるための外科的知識や診療技術を体得できるカリキュラムを設けています。
A) 心臓血管外科、小児外科の経験が足りない者には、カリキュラムの中に各専門科での研修期間を組み込みます。
B) 研修中は、研修医を含む後輩医師への教育・指導も行い、将来指導医となるための修練も積みます。(屋根瓦方式)
C) 各専門科の指導の下に化学療法や緩和ケアに関する研修も併せて行います。
D) 臨床研究への参加や、学会発表や論文作成への積極的な取り組みが推奨されます。
E) 3年間の研修時には、国立病院機構の専修医修了証、全がん協参加病院におけるがん診療レジデント修了証書が発行されます。また、国立病院機構からの海外臨床研修資格を獲得できます。
5. 取得手技
外科診療に関わるあらゆる手技(術前診断、手術、術後管理、検査手技、緩和治療、化学療法など)
6. 診療科の実績と専修医の経験症例数
 症例数と手術件数の調査年度
 

手術

件数(2012年の実績)

平均経験症例数(3年間)

呼吸器

95

12

食道

38

5

134

25

小大腸

303

80

肝胆膵

222

70

乳腺

307

40

その他
(虫垂炎、ヘルニア、急性腹症など)

223

70

外傷(救命センターにて)

100

20

腹腔鏡手術

197

60

日本外科学会の専門医の必要症例数は必ず経験できます。さらに消化器外科専攻者には日本消化器外科学会専門医の必要症例数を経験できるように配慮します。呼吸器外科専門医を目指す場合は経験症例を専門医申請に使用できます。研修後に引き続き呼吸器外科レジデントとして修練を積むことが可能です。肝胆膵外科高度技能医を目指す場合は、研修後に引き続き肝胆膵外科レジデントとして修練を積むことが可能です。
7. 診療科の指導体制
診療科医師数:常勤 14  名、非常勤 11  名
診療科研修の指導にあたる医師 14名 (各医師の詳細は当院ホームページをご覧ください)
主として研修指導にあたる医師の氏名:関本貢嗣   
主として研修指導にあたる医師の診療科経験年数:33年
8. コンセプト

当科はがん治療および外科治療における標準治療の実践と先進医療の推進を特徴としています。研修においては
オン・ザ・ジョブ・トレーニングを通じて、外科の知識や診療技術を身につけることはもちろん、患者のための医療の実践、チーム医療の習得を目標とします。具体的には以下のような指導を特徴としています。

1. 指導医による指導:全専門分野でそれぞれの指導医資格を持つスタッフによる指導体制
2. 質の高い医療の実践:チーム医療の推進、集学的治療
3. 新しい医療の開発への参画:臨床研究および共同研究の推進、公的研究への参加、治験の推進
4. 情報発信:学会発表および論文発表の奨励、講演会およびセミナーの開催
9. 共通領域研修について
院内・院外で開催されている研修会や勉強会などへの積極的な参加を推進しています。また、学会活動や論文作成を積極的に行い、最新の知識の獲得と情報発信を行うことを推奨しています。
10.

当院の研修終了後の就職・研修の実績
2011年度研修修了者:大阪府立成人病センター外科シニアレジデント1名、静岡県立がんセンター上部消化器外科シニアレジデント1名、大阪大学消化器外科大学院生1名
2012年度研修修了者:大阪大学消化器外科大学院生2名、大阪府立呼吸器アレルギー医療センター呼吸器外科シニアレジデント
2013年度研修修了者:大阪府立成人病センター外科シニアレジデント2名、静岡県立がんセンター下部消化器外科シニアレジデント1名

11.

当院外科の指導・教育施設資格
日本外科学会 外科専門医制度修練施設 (指定施設)
日本消化器外科学会 専門医制度指定修練施設(認定施設)
呼吸器外科専門医合同委員会 認定修練施設(基幹施設)
日本消化器病学会 専門医研修施設(認定施設)
日本消化器内視鏡学会 認定指導施設
日本肝臓学会 認定施設
日本肝胆膵外科学会 高度技能医修練施設
日本大腸肛門病学会 認定施設
日本乳癌学会 認定施設
マンモグラフィ精度管理中央委員会 認定施設
乳房再建エキスパンダー実施認定施設
乳房再建インプラント実施認定施設
日本臨床腫瘍学会 認定施設
日本がん治療認定医機構 認定研修施設

 

ご意見・お問合せはこちら