平成28年度 大阪医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 264 160 368 679 1111 1650 3401 4085 2048 219
平成28年度の退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
当院は、地域医療支援病院・地域がん診療連携拠点病院・3次救急施設として、幅広い疾患を診療しています。
年齢階級別の退院患者数をみると、60歳以上が6割を超えており、今後はさらに高齢化の傾向が続くと考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85 12.93 12.84 0 65.71
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 27 13.56 14.77 0 65.96
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 23 25.61 22.67 0 70.87
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 17 44.94 37.06 11.76 69.65
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 10 7.8 7.58 0 39.2
糖尿病性、非糖尿病性を問わず、慢性腎不全の治療、教育が最多です。保存期慢性腎不全に対して、減塩、低蛋白食を中心とした食事療法や降圧療法を基本とし、集学的治療を行っています。また必要に応じて透析導入を行っています。ネフローゼ症候群に関しては、病巣感染除去を基本とした治療を行っています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 18 13.22 12.43 0 64.17
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 32.35 21.25 35.29 81.47
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 16 33.13 19.24 18.75 81.62
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 12 11.08 15.29 0 81.83
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 12 5.5 5.24 0 64.75
肺炎と尿路感染が主体ですが、高齢者が多いため、色々な併存症があり、入院日数が長くなる傾向があります。
脳卒中科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 35 18.86 16.54 20 68.4
010060x2990001 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 8.27 6.99 0 60.67
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし - - 6.38 - -
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.73 - -
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 18.76 - -
脳卒中内科は脳神経外科と共に脳卒中センターを運営し、脳卒中治療の24時間体制をとっています。脳卒中内科は脳卒中のうち脳梗塞や一過性脳虚血発作を担当し、脳梗塞超急性期の血栓溶解療法や血管内治療による血栓回収術も行っています。病歴、診察所見、画像検査(3T MRI、頸動脈エコー、経食道心エコー、脳血流SPECTなど)により正確な病型診断を行ったうえで適切な治療法を選択しています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 16 17.81 16.83 0 68.75
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 13 40.15 41.96 0 64.77
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり - - 25.11 - -
130060xx97x01x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 28.18 - -
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 21.92 - -
当院血液内科では、血液疾患全般の診療を行っていますが、入院での診療は造血器悪性腫瘍の化学療法が主体となります。
入院患者数で最も多いのは、悪性リンパ腫、ついで急性白血病で、さらに多発性骨髄腫や骨髄異形成症候群が続きます。
糖尿内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 49 13.92 14.61 0 62.69
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 38 16.97 16.4 0 67.24
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 27 12.33 11.48 0 62.26
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 24 15.42 14.91 0 61.83
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 20 13.1 16.31 0 73.35
2型糖尿病患者さんに対する教育と血糖コントロールや合併症評価を兼ねた入院が主となっています。看護師、栄養士、薬剤師、検査技師、理学療法士、歯科衛生士と連携して教育検査治療を行っています。また、1型糖尿病患者の治療にも積極的に取り組んでおり、SAP療法など最新の治療を提供できるよう体制を整えています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 79 22.3 12.35 3.8 71.73
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 54 6.72 3.68 1.85 68.28
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 33 24.03 19.24 0 65.88
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 13.5 14.83 3.57 71
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 19 11.79 12.01 0 70.05
1位-5位のいずれも肺癌となっており、肺癌などの悪性腫瘍の患者さんを専門として多く診療しています。当院は「地域がん診療連携拠点病院」であり、積極的に肺癌治療に取り組んでいます。また呼吸器外科、放射線診断科、放射線治療科、臨床検査科(病理)、がん緩和チーム等との連携により診断・治療に関して総合的な検討会を行い、各学会等のガイドラインを参考にして診断や治療方針について最善と思われる方法を検討したうえで説明し実施しています。
感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130160xxxxx0xx 後天性免疫不全症候群 手術・処置等2 なし 191 19.8 21.81 2.62 48.98
130080xx97x00x 再生不良性貧血 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 12.11 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - - 19.24 - -
130170xxxxxxxx 血友病 - - 11.6 - -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.5 - -
感染症内科は、90%以上がHIV感染症・AIDS発症例の診療です。HIV感染症は、抗HIV薬の進歩によりHIV感染症そのものが原因で死亡する人はほとんどいなくなっています。
その他、HIVに関連する合併症診療、血友病診療、一般感染症診療を行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 157 3.94 10.33 1.27 71.73
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 126 13.3 11.74 0 73.39
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 106 3.6 7.2 1.89 74.45
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 91 9.65 8.7 0 74.09
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 65 9.78 9.02 1.54 72.51
当院では、肝細胞癌症例に関する診断ならびに集学的治療を多数行っています。病状に応じて、ラジオ波焼灼術、肝動脈塞栓術、放射線照射、抗癌剤治療といった治療を使い分け、良好な長期生存率が得られています。また消化管の癌の治療数も多く、特に胃癌の粘膜切除術や大腸癌の抗癌剤治療を積極的に行っており、最新の知識に基づいた治療を実践しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 150 4.71 4.71 0 69.79
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 123 23.99 17.95 7.32 81.55
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 122 3.66 3.06 0 68.64
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 76 4.03 3.22 0 69.08
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 69 7.77 5.51 0 63.88
狭心症、閉塞性動脈硬化症、心不全、不整脈の診断と治療を、カテーテル検査・治療を中心に行っています。狭心症の診断においては、冠動脈内画像診断や冠血流予備量比(FFR)を活用して、より詳細な病態評価に基づいて治療方針を決定しています。最近は心房細動をはじめとした不整脈に対するカテーテル治療(アブレーション)を積極的に行うことによって、予後改善を目指しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 6.78 6.18 3.13 0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 28 5.11 6.02 0 1.04
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 4.92 5.79 0 3.64
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 10 3.2 5.5 0 6.9
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.42 - -
小児科では、地域のクリニックの先生方から紹介していただいた、呼吸器感染症や感染性胃腸炎、尿路感染、川崎病などの急性疾患の入院が多くなっています。当院産科で出生した、早産、低出生体重児、新生児呼吸障害、黄疸などの管理を小児科で行っています。
上部消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x40x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 52 3.56 7.51 1.92 70.62
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 40 4.68 6.88 0 65.48
060020xx99x7xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 40 2.88 8.11 0 61.6
060020xx99x6xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 32 2.88 6.41 3.13 72.16
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 27 20.07 17.65 0 69.67
当科の胃癌・食道癌手術症例の特徴として、stage IIや IIIの進行癌が多く、手術侵襲も大きいことが多いです。Stage Iの早期がんに対しては低侵襲手術である内視鏡手術を基本としています。また、PDL1抗体治験や臨床試験(ハーセプチン使用などの先進医療も含む)にも積極的に参加し、化学療法対象患者も多いのも特徴です。
術後平均日数はDPC-II範囲での21日が多いです。また、併存疾患が多い患者さんの手術が多いため、術後の慢性期施設への転院率は5-6%です。
下部消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 60 13.6 15.92 0 69.97
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 4.18 7.2 1.79 72.84
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 46 5.41 4.41 0 66.98
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 41 4.34 4.48 0 71.68
060040xx99x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 6.75 9.45 0 70.13
下部消化管外科の多い症例は、併発症のない結腸悪性腫瘍手術(60名)で、平均在院日数は13.6日です。ほとんどの症例を腹腔鏡で治療していますが、併発症を認める症例も多く手術をしています。
肝胆膵外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 78 7.19 7.61 1.28 60.65
06007xxx9907xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 7あり 75 4.44 6.34 0 62.88
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 44 3.77 12.36 0 68.34
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 22 10.09 11.74 0 69.27
06007xxx01010x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 21 23.86 30.88 0 71.24
難治癌の代表である肝胆膵癌等の悪性腫瘍に対する外科的治療を中心に診療をおこなっています。また、手術だけではなく、術前・術後に化学(放射線)療法を組み合わせた集学的治療を実施しています。
一方、悪性疾患だけではなく、胆石症などの良性疾患に対する手術も実施しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 63 14.49 12.73 0 66.3
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 34 15.79 12.35 0 63.44
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 20 3.35 3.68 0 72.7
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり - - 19.34 - -
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 11.61 - -
最も多い手術は、肺がんに対する手術です。当科は、肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患、膿胸などの炎症性疾患、自然気胸など多岐にわたる呼吸器・胸部全般の診断及び外科治療を行っています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 94 5.37 4.64 0 60.1
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 69 6.49 6.59 0 57.17
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 52 11.52 10.3 0 60.48
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 39 4.85 4.56 0 58.49
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 34 13.03 11.57 0 60.35
経験豊富な乳腺専門医が、精度の高い術前診断(画像・病理)をベースに、薬物療法を中心とした全身療法と、手術及び放射線療法の局所治療とのバランスを考慮し、個々の病態ならびに患者さんの状況や希望を鑑みたうえで、最適な術式(乳房・腋窩リンパ節、再建術)を提案しています。術前薬物療法も積極的に取り入れています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 83 4.86 3.44 1.2 71.42
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 12 4.58 4.28 0 58
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 10 4 3.46 0 62.6
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1 なし - - 6.19 - -
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 6.11 - -
形成外科は、形成外科単独で行う手術と他科と共同で行う癌の拡大切除後の再建手術があり、当院ではその割合が半々です。
主に頭頚部再建、乳房再建、四肢体幹の軟部悪性肉腫の再建をおこなっております。
形成外科の単独手術では眼瞼形成術(眼瞼下垂、眼瞼内反症など)が最も多く、次に眼瞼をはじめとする顔面の皮膚悪性腫瘍となっております。
機能面だけでなく整容面に配慮した再建を行っております。また保存療法の効かない難治なケロイドに対して切除後放射線療法も行っております。
その他、乳房切除後の乳房再建を形成外科だけで行うこともあり、シリコン乳房および自家組織による再建のどちらも対応しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 203 25.63 26.26 8.37 74.63
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 199 26.73 24.42 3.02 66.71
07040xxx97xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 181 2.25 10.14 0 63.89
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 69 25.59 22.55 14.49 70.16
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 48 8.1 5.94 0 48.92
当院整形外科では、関節外科(人工股関節・人工膝関節置換術を中心)、脊椎外科、骨・軟部腫瘍(原発性良性・悪性、がん骨転移)小児整形外科および足の外科専門領域における各種手術をカバーし、専門性の高い診療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 137 3.34 3.2 0 65.06
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 69 12.72 10.24 0 65.35
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 16.33 15.99 0 60.79
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 23.18 19.35 36.36 61.36
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 29.21 22.47 0 58.57
脳神経外科は365日24時間対応の診療体制をとっており脳血管障害や頭部外傷などの救急疾患にも常時専門医による迅速な対応が可能です。脳血管障害に対しては開頭手術のみならず血管内治療も常時施行可能です。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 26 31.58 24.7 0 74.92
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 21 14.48 16.98 0 76.95
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 13 31.85 28.23 7.69 66.85
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 29.69 - -
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり - - 21.94 - -
心臓血管外科での治療症例は(1)大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症等の弁膜症、(2)胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、急性大動脈解離等の大動脈疾患、(3)狭心症、心筋梗塞等の虚血性心疾患で、成人心臓血管外科全般にわたっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 44 4.27 3.34 0 69.93
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 43 8.88 8.78 0 71.07
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 34 3.65 4.28 0 57.56
080190xxxxxxxx 脱毛症 21 3.95 3.72 0 36.43
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 13 7.38 8.96 0 67.54
当院では皮膚腫瘍の診療に力を入れており、「皮膚の悪性腫瘍」及び「皮膚の良性新生物」の入院比率が高いです。「静脈・リンパ管疾患 その他の手術」には下肢静脈瘤が含まれます。また、円形脱毛症に対してステロイドパルス療法を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 52 9.08 7.44 3.85 71.17
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 49 4.88 5.83 0 60.53
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 42 7.45 7.85 0 73.24
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 19 14.63 13.39 0 68.05
110070xx99x21x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 あり 18 26.61 23.93 0 70.22
年間新入院患者数は613人で手術あるいは前立腺生検術を目的としています。手術療法は腹腔鏡手術を第一選択としているため短期入院での治療が可能となっています。経尿道的尿管砕石術も入院期間は4-5日です。前立腺癌精密検査も造影MRIを施行、PI-RADS score(前立腺読影の標準化手法)による診断を行い、過剰な前立腺生検を可能なかぎり回避するよう努力しています。また前立腺癌診断後は手術療法・放射線療法(IMRT(強度変調放射線治療)・高線量率組織内照射)・内分泌療法など多様な治療選択が可能です。また骨転移を有する前立腺癌にアルファ線放射性医薬品のRa223・転移を有する腎癌にNivolumub(ニボルマブ)の導入が可能となっています。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 40 16.43 20.79 12.5 31.1
120140xxxxxxxx 流産 36 1.33 2.43 0 33.11
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 32 9.19 9.88 0 33.47
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血 手術なし 18 7.78 12.76 5.56 33.72
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 14 9.14 12.29 0 30.43
産科は、年間約330件の分娩を取り扱っており、ハイリスク妊娠の管理、胎児異常の診断、流早産治療などに積極的に取り組んでいます。妊婦超音波外来にて、先天異常スクリーニングや胎児心臓、循環動態の評価を行っています。また、大阪産婦人科ネットワーク(OGCS)と密接に連携し、母体搬送も受け入れています。

※上記病院情報の数字は保険診療となった症例のみです。産科の大多数を占める自費診療症例については対象外となっております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 66 7 5.12 0 56.05
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 42 9.26 10.05 0 47.9
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 36 17.72 13.29 0 54.78
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病 なし 29 8.24 7.92 0 37.86
12002xxx99x41x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 あり 25 15.8 10.56 4 66.76
婦人科腫瘍領域では、子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌などの悪性腫瘍に対しては手術療法をはじめ、化学療法、放射線療法などを組み合わせた集学的治療を行い良好な治療成績が得られています。子宮筋腫や良性卵巣嚢腫などの良性腫瘍には子宮鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に取り入れています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 241 10.88 9.15 0 68.21
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 78 10.38 10.53 0 56.6
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 64 8.55 7.72 0 67.22
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 44 9.11 8.27 0 60.05
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 24 8.83 7.7 0 64.96
白内障手術以外に緑内障手術、網膜剥離手術および硝子体手術も行っております。白内障手術の待ち期間は1か月程度で、ご希望にあわせて片眼1泊2日入院および片眼3泊4日入院に加えて、両眼4泊5日入院も行っております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 61 8.25 9.36 0 46.74
030428xxxxxxxx 突発性難聴 47 9.7 9.37 0 55.11
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 34 7.29 8.12 0 14.47
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 26 8.54 7.47 0 50.65
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 21 8.86 9.6 0 58.14
耳鼻咽喉科で最も多い症例は慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術です。またその他、高度〜重度の感音性難聴に対する人工内耳手術や耳硬化症に対するアブミ骨手術や外リンパ瘻閉鎖術などの中内耳手術を行なっています。また突発性難聴や顔面神経麻痺などの急性疾患にも対応しています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 4.1 3.64 3.45 39.83
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 7.71 9.87 0 58.52
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 8.46 7.52 7.69 50.85
160990xx97x0xx 多部位外傷 手術あり 手術・処置等2 なし - - 20.65 - -
160450xx99x1xx 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2 あり - - 11.36 - -
三次救急医療を担う当院救命救急センターでは、院外心停止、外傷や中毒等の外因傷病者、呼吸不全や重症感染症等の内因性疾患を多く受け入れています。
とりわけ、医療機関での不応需が多い、背景に精神疾患を抱えている薬中毒(自殺企図を含めて)を多く受け入れており、外傷では、墜落や交通事故による重度損傷が多く、頭部、胸部、骨盤等の外科的処置を必要とする例が多いのが特徴です。
また、上記データに含まれない自費診療等の症例を含めた実際の症例数は以下の通りです。
161070xxxxx00x  薬物中毒(その他の中毒)手術・処置等2なし 定義副傷病なし  29件
160100xx97x00x  頭蓋・頭蓋内損傷 その他手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし   27件
160100xx99x00x  頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし     19件
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 86 25 49 63 20 182 1 7
大腸癌 81 60 87 177 103 393 1 7,6
乳癌 89 135 23 - - 155 1 7
肺癌 45 28 27 26 36 210 1 7
肝癌 36 37 18 16 23 303 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
「5大がん」と呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん患者さんの数を初発の UICC 病期分類別と再発に分けて集計しています。 
UICC 病期分類: 国際対がん連合(UICC)によって定められた〈1〉原発巣の大きさと進展度(T)、〈2〉所属リンパ節への転移状況(N)、〈3〉遠隔転移の有無(M)の 3つのカテゴリによって各がんをI期からIV期の4病期(ステージ)に分類するものです。2016年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんは、1人として集計しております(実患者数)。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 10.15 58.15
中等症 60 13.2 76.38
重症 22 46.68 84.5
超重症 12 35.5 84.42
不明 - - -
定義:
市中肺炎の定義として、 DPCデータの入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPCコード6桁が040080に相当)で、さらにその中でもICD10コードがJ13~J18(肺炎レンサ球菌による肺炎、インフルエンザ球菌による肺炎、その他肺炎)で始まるものとしています。
【ICD10コードとは】
International Classification of Diseases and Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)の略称で、世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した、傷病に関する分類です。世界の異なる国における傷病の状況を比較できることを目的とした標準的分類で、現在は1990年のWHO総会で改定された、第10回修正版(ICD-10)が採択されています。
特徴:
市中肺炎とは、一般細菌などによる肺炎です。一般的には、入院されていないお元気な方が罹患された際の肺炎を市中肺炎と呼び、入院中に起こした院内肺炎などと区別されています。市中肺炎の重症度は、年齢(男性70歳以上、女性75歳以上)、脱水所見、血液中の酸素の濃度、意識障害の有無、血圧低下の有無の5項目で評価され、0点 軽症、1-2点 中等症、3点 重症、4-5点 超重症と分類します。
当院の入院患者では、0点の方は入院期間が10.15日、1-2点の方は13.2日、3点以上の方は46.68日(長期入院されていた患者さん1人を除けば14.19日)、超重症の方は35.5日と点数が高くなると入院期間が伸びる傾向が見られ、重症度と入院期間の延長が相関することが分かります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 150 22.27 72.33 28.09
その他 28 11.82 68.18 3.37
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 56 9.77 73.54 1.64
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
主な診療科は、脳卒中内科です。
脳梗塞(I63$)に分類される症例を多く診ています。
その中でも、発症日から3日以内の急性期の症例が、約84%を占めています。
入院の日数は平均で22.7日ですが、他の病院へ転院してリハビリなどを継続していただく場合もあります。
脳梗塞に至らなかった(I65$)症例は、検査入院が多くなっております。
治療は経皮的頸動脈ステント留置術や動脈血栓内膜摘出術を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 33 16.39 20.7 6.06 67.79
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 - - - - -
透析を行うためのシャント造設に関しては、基本的に近隣のバスキュラーアクセス専門医療機関と連携、協力のもと実施しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 435 0.45 1.27 0.23 66.79
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 122 1.18 11.26 0 73.67
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 68 1.47 7.4 1.47 72.66
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートル以内のもの その他のもの 60 1.32 7.32 0 73.58
K654 内視鏡的消化管止血術 37 1.14 7.7 0 73.24
胃癌、大腸癌や肝臓癌などの悪性腫瘍の治療を多く行っています。肝細胞癌には人工胸水法などの最新の手技を取り入れ、放射線科と連携しながら肝動脈塞栓術も行い、可能な限り根治を目指します。また、早期胃癌の粘膜切除術、大腸ポリープのポリペクトミーや粘膜切除術といった内視鏡治療に積極的に取り組んでいます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 129 1.65 3.66 0.78 70
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 59 1.9 5.49 0 63.69
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 37 4.38 9.62 0 75.89
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 34 1.62 4.32 2.94 74.47
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 等 27 0.11 18.78 3.7 71.19
カテーテル治療として、狭心症に対するステント留置術、不整脈に対するアブレーションやペースメーカー移植術、閉塞性動脈硬化症に対する血管形成術などを、幅広く積極的に行なっています。特に、不安定狭心症を積極的に早期診断・治療することによって、心筋梗塞への進展を防止することに努めています。そのために、救命救急センターの一部としても循環器内科は診療しており、24時間常に迅速に緊急症例に対応できる体制を取っています。通常外来においても、迅速かつ十分な検査によって、見落としなく早期に診断・治療できるように努めています。
上部消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6572 胃全摘術 悪性腫瘍手術 19 3.63 21 5.26 68.16
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 17 6.59 24.65 5.88 77
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 15 3.8 21.53 0 68.4
K647-2 腹腔鏡下胃、十二指腸潰瘍穿孔縫合術 - - - - -
K5292 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 胸部、腹部の操作によるもの - - - - -
当科の胃癌・食道癌手術症例の特徴として、stage IIや IIIの進行癌が多く、手術侵襲も大きいことが多いです。Stage Iの早期がんに対しては低侵襲手術である内視鏡手術を基本としています。また、PDL1抗体治験や臨床試験(ハーセプチン使用などの先進医療も含む)にも積極的に参加し、化学療法対象患者も多いのも特徴です。
術後平均日数はDPC-II範囲での21日が多いです。また、併存疾患が多い患者さんの手術が多いため、術後の慢性期施設への転院率は5-6%です。
また、上記データに含まれない自費診療等の症例を含めた実際の手術症例数は以下の通りです。
食道癌手術症例数  19例(内、開胸16例)
胃癌胃全摘    21例(内、腹腔鏡4例)
胃癌胃切除術  40例(内、腹腔鏡15例)
下部消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 75 4.43 10.8 0 69.59
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 46 1.33 1.39 0 74.15
K7322 人工肛門閉鎖術 腸管切除を伴うもの 36 2.33 10.47 0 59.75
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術 34 4 28.74 0 64.41
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 23 2.48 4.43 0 61.83
下部消化管外科の手術は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術が75例と一番多く術後平均在院日数は10.8日です。ほぼ全例腹腔鏡で手術しています。
直腸癌の手術は34例でほぼ全例腹腔鏡で治療しています。術後平均在院日数は28.7日と長くなっていますが、併発症や進行した症例が多く、集学的治療を行った結果です。
肝胆膵外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 84 1.17 5.38 1.19 61.08
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 53 2.02 4.77 0 68.94
K7032 膵頭部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合 23 2.83 33.17 4.35 69.87
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 20 1.5 7.95 0 69.4
K695-21 腹腔鏡下肝切除術 部分切除 15 2.13 12.8 0 64
手術件数では胆嚢摘出やヘルニア手術など、良性疾患に対する手術が多くなっていますが、難治癌の代表である肝胆膵癌を中心に、肝葉切除や膵頭十二指腸切除などの高難度手術をはじめ、肝胆膵領域の悪性腫瘍手術を実施しています。また、低侵襲手術にも積極的に取り組んでおり、胆石症から肝腫瘍や膵腫瘍まで腹腔鏡下手術を導入しています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 31 2.26 12.65 0 70.06
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 18 1.56 10.28 0 60
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 - - - - -
K5141 肺悪性腫瘍手術 部分切除 - - - - -
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 - - - - -
当科では主に早期の肺癌に対して積極的に胸腔鏡下切除を行い、手術侵襲を最小限に抑え患者さんの早期回復を目指しております。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 70 1.11 4.74 0 57.26
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 50 1.44 8.82 0 61.48
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 25 1.28 11.52 0 59.96
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル未満 17 1 2.24 0 44.06
K4742 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル以上 16 1 2.13 0 46
個々の患者さんに最適な手術術式を提案しています。基本、前日入院で、腋窩郭清を伴う場合はドレナージチューブからの排液管理が必要ですので、入院期間が長くなる傾向があります。入院期間内に必要に応じてリハビリ導入も行います。良性疾患についても乳腺専門病院として、必要に応じて摘出術などの治療を担います。患者さんへの総合的な負担軽減を優先し、全身麻酔下での手術をお勧めすることもあります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 76 1.45 2.08 1.32 72.53
K2172 眼瞼内反症手術 皮膚切開法 - - - - -
K2192 眼瞼下垂症手術 筋膜移植法 - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 - - - - -
形成外科の単独手術では眼瞼形成術(眼瞼下垂、眼瞼内反症など)が最も多く、次に眼瞼をはじめとする顔面の皮膚(悪性)腫瘍となっております。
特に顔面では機能面だけでなく整容面に配慮した術式を工夫して再建を行っております。
また保存療法の効かない難治なケロイドに対して切除後放射線療法も行っております。ただし、整容のみを目的とする手術は行っておりません。
小児先天異常については眼瞼以外は積極的には行っておりません。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 等 404 1.74 24.75 5.45 70.52
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 79 3.19 27.58 17.72 71.52
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 等 31 0.87 8.42 0 54.13
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 27 2.37 16.22 3.7 74.81
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 等 21 1.24 28.71 0 55.33
当院整形外科では、人工股関節置換術(術中ナビゲーションを使用)・膝関節置換術(最小侵襲MISを応用)が最も多く年間400件を超えています(人工関節ゆるみなどに対する再置換術を含む)。次いで、脊椎変性疾患を中心に腰椎後方進入椎体間固定術(PLIF)や開窓術、椎体形成術、頸椎椎弓形成術の他、靱帯骨化や化膿性脊椎炎・脊椎腫瘍(がん脊椎転移を含む)などに対する幅広い各種脊椎手術も多く行っています(年間約200件)。さらに良性・悪性の骨・軟部腫瘍に対する各種手術および小児整形外科・足の外科専門領域の各種手術をカバーしています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術 1箇所 等 47 3 24.4 17.02 62.55
K1783 脳血管内手術 脳血管内ステントを用いるもの 40 2.9 9.53 2.5 66.13
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 26 6.73 34.35 3.85 61.35
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 24 2.58 38.04 20.83 59.79
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 19 1.84 8.53 0 74.11
脳神経外科では脳血管障害と脳腫瘍に注力した診療を行っています。 脳血管障害については、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳出血に対する開頭手術、脳血管閉塞・狭窄に対する頚動脈内膜剥離術やバイパス手術のみならず、血管内治療によるコイル塞栓術やステント留置術も積極的に行っています。また、新しい脳動脈瘤治療用ステント(フローダイバーターステント)などを用いた最先端の血管内治療も多く行っています。脳腫瘍については悪性脳腫瘍はもとより、髄膜腫、下垂体腫瘍、神経鞘腫などの良性脳腫瘍に対してもナビゲーション装置や内視鏡システムを用いて正確な外科治療を行っています。腫瘍の局在によっては覚醒下手術を行い機能温存に努めています。また、外科治療と遺伝子診断に基づいた化学療法や放射線治療などを組み合わせた集学的治療も積極的に行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術 1弁のもの 28 7.21 27.29 7.14 75.89
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 16 4.63 11.25 0 76.69
K5607 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(その他のもの) 13 5.85 20.85 0 74.77
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈 その他のもの 10 2.3 31.8 0 66.3
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの - - - - -
心臓血管外科での手術は(1)弁膜症に対する人工弁置換術や弁形成手術、(2)大動脈疾患に対する人工血管置換術やステントグラフト内挿術、(3)虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス手術(人工心肺を使用しない心拍動下バイパス術)等を中心に、できる限り低侵襲な手術を行うことで術後QOLの向上を目指しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 58 1.02 6.69 0 68.22
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 44 1 2.27 0 69.93
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 15 0.93 3.6 0 62.53
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 13 1 2 0 59.08
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 10 0.9 1.7 0 51.6
皮膚科入院患者さんで最も多い手術は皮膚悪性腫瘍の手術で、約1週間の入院になります。皮膚良性腫瘍の入院手術は術後2日で退院するようにしています。下肢静脈瘤レーザー治療も積極的に行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 99 2.17 6.09 2.02 72.56
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 47 1.19 2.66 0 60.72
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 29 2.62 10.21 6.9 70.9
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 18 1.94 11.72 0 67.44
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 15 1.67 11.4 0 78.6
年間手術件数は534件で前立腺生検術・体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を除くと376件です。低侵襲手術を目指し、副腎・腎・尿管・膀胱・前立腺疾患では基本的に腹腔鏡手術を第一選択としており、腹腔鏡手術件数は66件です。尿路結石症に対しては治療期間短縮のため経尿道的手術を積極的に行っており、経尿道的尿管砕石術は47例です。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 等 37 8.43 7.19 0 33.65
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 35 0.51 0.14 0 33.49
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 35 1.57 8.43 0 32.97
K893 吸引娩出術 - - - - -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの - - - - -
正常妊娠を中心に、各種ハイリスク妊娠の管理に積極的に取り組んでいます。緊急帝王切開術は随時可能です。また大阪産婦人科ネットワーク(OGCS)と密接に連携し、母体搬送も積極的に受け入れています。

※上記病院情報の数字は保険診療となった症例のみです。産科の大多数を占める自費診療症例については対象外となっております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 63 1.25 8.03 0 52.3
K861 子宮内膜掻爬術 59 0.03 0.17 0 50.15
K867 子宮頸部(腟部)切除術 55 1 1.58 0 38.55
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 36 1.08 4.89 0 39.28
K879 子宮悪性腫瘍手術 34 3.09 17.18 0 54.79
婦人科で最も多い手術は、子宮筋腫、初期がんに対する子宮全摘術ですが、子宮筋腫や良性卵巣嚢腫に対しては子宮鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に取り入れています。子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌などに対する悪性腫瘍手術を積極的に行っておりますが、症例に応じて化学療法、放射線療法などを組み合わせた集学的治療を行い良好な治療成績が得られています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 752 0.5 2.26 0 72.21
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 215 0.85 8.5 0.47 62.94
K2683 緑内障手術 濾過手術 167 1.05 9.05 0 68.01
K2682 緑内障手術 流出路再建術 34 0.94 7.62 0 60.74
K2684 緑内障手術 緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのないもの) 33 1.18 11.91 3.03 77.12
眼科で最も多い手術は、白内障手術です。次に多いのは硝子体手術や緑内障手術です。白内障手術はご希望にあわせて片眼1泊2日入院および片眼3泊4日入院に加えて、両眼4泊5日入院も行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 71 1.21 6.39 0 48.06
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 35 1.06 7.57 0 23.74
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 25 1.36 7.24 0 57.52
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 19 0.95 0.89 0 8.42
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) 10 1.3 6.2 0 53
最も多い手術は慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術です。また鼻副鼻腔の内視鏡手術の症例も多くなっています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 14 10.29 31.43 64.29 72.14
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 止血術 - - - - -
K6021 経皮的心肺補助法(初日) - - - - -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 等 - - - - -
K083 鋼線等による直達牽引(初日。観血的に行った場合の手技料を含む。)(1局所につき) 等 - - - - -
院外心停止搬送例のうち、心原性心停止では蘇生法に加えて経皮的心肺補助や冠動脈ステント術の積極定な導入により良好な転帰を得ています。また、外傷に対する処置では、血管塞栓術や外科的処置を必要とする重症例が多いのが特徴です。重症患者が多く、結果的に遷延性意識障害を残す例で転院前に気管切開術を施行する例が多くなっています。
また、上記データに含まれない自費診療等の症例を含めた実際の手術症例数は以下の通りです。
気管切開術  36件

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 38 0.27
180010 敗血症 同一 17 0.12
異なる 110 0.79
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 13 0.09
180040 手術・処置等の合併症 同一 113 0.81
異なる 24 0.17
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と請求率を集計しました。
○入院契機とは
DPCコードにて分類される包括請求の対象となる病名(DPC病名)とは別に、入院契機となった病名(入院契機病名)がそれぞれ入院患者さんに付けられています。 DPC病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」かにより分けて集計しています。「同一」ということは、ある疾患に対する診療目的で入院して、その疾患に対して治療したことを表します。 一方「異なる」とは、ある疾患に対する診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した違う疾患(この指標の場合は、播種性血管内凝固や敗血症、手術・処置などの合併症)による治療が主だったものになったことを表します。
○発生率
全入院患者さんのうち、該当するDPCで入院費の請求となった患者さんの割合です。
表のDPCコードは、医療保険制度において明確な根拠のもと選択すべきコードとされています。この指標は、DPCデータの質の確保のために必要な指標となっています。
更新履歴