Topics

先進医療研究開発部長 就任のご挨拶

先進医療研究開発部長 金村米博

平成30年1月から臨床研究センター先進医療研究開発部長を拝命しました金村米博です。私は平成5年に大阪大学を卒業後、大学病院で1年間の臨床研修を行った後、平成6年から2年間、臨床研修医として当院の脳神経外科で勤務し、大学院修了後、平成12年4月から1年間、臨床研究部レジデントとして勤めています。その後、平成17年4月から臨床研究部室員として戻り、その後、臨床研究センター再生医療研究室で研究活動を行ってきました。今まで3回、当院で勤めさせていただいており、キャリアの半分以上を当院でお世話になっております。

先進医療研究開発部には3つの研究室があり、それぞれ、幹細胞を用いた病気の発生メカニズムの解明や新しい治療方法の開発(幹細胞医療研究室)、培養細胞を用いた新しい病気の治療法(再生医療)の開発(再生医療研究室)、色々な病気の発生に関わる遺伝子の異常を解析するゲノム研究(分子医療研究室)を行っております。現在はiPS細胞を用いて、脊髄損傷や脳梗塞などの神経の病気の治療法開発を目指す再生医療研究と、脳腫瘍や子供の神経の病気の発生原因の遺伝子異常を解析する研究に精力的に取り組んでおります。これら研究成果を一日でも早く、病院での日々の治療に還元できるように、今後も研究を進めていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。