Topics

救命救急センター科長 就任のご挨拶

大阪医療センター救命救急センター科長 加藤健志

救急科の上尾光弘でございます。一昔前、知人に専門は何かと問われ「救急」と答えると怪訝な顔をされ、でっ、救急って何が専門かと突っ込まれたものです。近年、救急に関連する人気テレビドラマがいくつか放映され、皆様にも救急医をイメージしていただきやすくなったかと思います。

我々救急科は、様々な原因でショック状態、呼吸不全、意識障害、多臓器不全を呈し放置すると生命の危機に陥る患者さんや重症外傷、重症熱傷、中毒の患者さんに間髪入れずに必要な救命処置を施しながら診察や検査等で病態を把握し、他科の先生たちの協力も得ながら集中治療や手術を行っています。また、入院後は社会復帰に向けいち早くリハビリを開始し、病状が回復されたら近隣のリハビリ病院へ紹介させていただいています。

今後も地域の皆様に急な傷病に陥った際に頼りにしていただけるよう、昼夜を問わず懸命に診療に当たる所存でございます。どうぞよろしくお願いいたします。