外来診察表 脳卒中内科 腎臓内科 糖尿病内科 呼吸器内科 血液内科 診療科紹介 HOME 病院TOP
 
 
 
スタッフ  
 

岩谷博次(科長)

 

H9年 大阪大学医学部卒、医学博士
大阪労災病院、大阪厚生年金病院、大阪大学(医学部講師、血液浄化部副部長、腎臓内科外来医長・病棟医長・副科長)を経てH27年4月より当院腎臓内科医長、H27年5月より腎臓内科科長

専門医
内科認定医、総合内科専門医、内科指導医、腎臓専門医、腎臓指導医、透析専門医、透析指導医

学会
日本内科学会(近畿地区評議員)
日本腎臓学会(評議員)
日本透析医学会(評議員)
日本高血圧学会

特にこだわりのある診療分野
腎臓内科診療の全分野。なかでも特にIgA腎症(治療経験は豊富と自負しております。扁桃摘出治療や扁桃摘出+ステロイドパルス療法(扁摘パルス)といった治療法のみならず、扁摘パルスで寛解した後の再発例に対しても治療経験を有しています。IgA腎症の診断・治療ならびに病態解明は我々のライフワークの一つでもあります)、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、低ナトリウム血症を代表とする電解質異常、ANCA関連腎炎/血管炎、多発性嚢胞腎から慢性腎臓病(CKD)一般に至るまで、豊富な治療経験を有しております。

倭 成史

H12年 大阪大学医学部卒、医学博士

専門医
内科認定医、総合内科専門医、内科指導医、腎臓専門医、腎臓指導医、透析専門医、透析指導医、
日本急性血液浄化学会認定指導者、日本アフェレシス学会認定血漿交換療法専門医

学会
日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本急性血液浄化学会
日本アフェレシス学会(平成27年度日本アフェレシス学会井上学術奨励賞受賞)

特にこだわりのある診療分野
敗血症性ショック、DIC、急性腎障害、CKD-MBD

診療上のモットー
急性、慢性にとらわれず、両者の接点を探り、さまざまな角度から病態に即した治療戦略を立てること

長山郁惠

H22年 大阪市立大学医学部卒

専門医
内科認定医

学会
日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会

朝比奈悠太(専修医)

H26年 大阪大学医学部卒

学会
日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会

ひとこと
いつも明るく前向きに、そしてアグレッシブに、日々精進していきたいと思います。

小泉信太郎(専修医)

H26年 和歌山県立医科大学卒

学会
日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会

ひとこと
日々の診療を精一杯頑張ります。

和田 晃

S56年 大阪大学医学部卒、医学博士
大阪厚生年金病院、米国University of Texas Southwestern Medical Center、大阪大学を経てH7年〜H28年3月当院勤務。H28年4月より正志会あづまクリニック院長。週に一回、外来担当。

専門医
総合内科専門医、腎臓専門医・指導医、透析専門医・指導医、高血圧学会指導医

学会
日本内科学会(近畿地区評議員)
日本腎臓学会(評議員)
日本透析医学会(評議員)
日本プライマリケア連合学会

初期研修医

(優秀で勤勉な研修医がローテートしています)

ページトップへ
(本ホームページは2017年4月の情報に基づいています)