トップイメージ 脳卒中内科
外来診察表 脳卒中内科 腎臓内科 糖尿病内科 呼吸器内科 血液内科 診療科紹介 HOME 病院TOP
 
 
 

 

  脳梗塞は血管が詰まり血流が脳組織に流れなくなることによって発症します。血流が途絶えると脳組織は急速に死んでいき梗塞となっていきます。脳梗塞をできるだけ軽くするためには、まだ梗塞になっていない脳組織(生きている脳組織)がある間に詰まった血管を再開痛させるのが一番です。この目的で、rt-PAと言う薬を点滴し詰まった血栓を溶かすこと(血栓溶解療法)やカテーテルによる血栓を回収すること(血管内治療による血栓回収療法)が行われます。
  これらの治療は時間との勝負となります。従って、早期の来院と来院後の治療体制がきわめて重要です。当科は脳神経外科と協力して24時間専門医による診察可能な体制をとっています。また、症状に応じて応援の医師を呼び脳外科手術、血栓溶解療法や血管内治療を行うことになります。


 
    rt-PA静注による血栓溶解療法: 血栓を溶かす薬(アルテプラーゼ=rt-PA)を静脈投与する方法です。日本では2005年に許可されました。当初は発症3時間以内の使用に限られていましたが、2012年8月からは発症4.5時間以内の脳梗塞に適応拡大されました。ただし、脳出血など重大な副作用の可能性があるため、適応は厳重な条件を満たした患者に限られます。
 
 
 
    血管内治療による血栓回収術: 血管内に細い管(カテーテル)を挿入し、血栓を回収する方法です。 rt-PAの適応外症例や無効例で発症8時間以内の症例が適応となります。現在、血栓回収のためのデバイスは次々に開発され、臨床に使われるようになってきました。2010年4月にMerci (メルシー) リトリーバーシステム、2011年6月にPenumbra (ペナンブラ) システムが保険収載されました。また、最近では、Solitaire (ソリテア)やTrevo (トレボ)と呼ばれるステント型の回収デバイスも使えるようになりました。