トップイメージ 糖尿病内科
外来診察表 脳卒中内科 腎臓内科 糖尿病内科 呼吸器内科 血液内科 診療科紹介 HOME 病院TOP
   
基本診療方針

・糖尿病の診断から治療、合併症管理に至る全領域に対し、全科的に連携して対応しています。
・2型糖尿病に対する強化インスリン療法に力を入れています。
・1型糖尿病専門外来を開設しヤング世代の1型糖尿病患者の治療に力を入れています。
・CSII(インスリンポンプ療法)/SAP(Sensor Augmented Pump)療法の導入に力を入れています。
 (CSIIからSAPへの週末切り替え短期入院を実施しています。) 全国でトップクラスの(成人への)SAP導入実績を誇り、当院1型糖尿病専門外来通院患者の6割以上がCSIIまたはSAP療法を行っています。
・病診・病病連携に積極的に取り組んでいます。

大多数を占める2型糖尿病に関して、検査・治療・教育の3本立てのプログラムで対応しています。糖尿病関連の検査では、インスリン抵抗性の評価、頚動脈エコーによる動脈硬化の評価、血圧脈波による下肢血行動態の評価などを併用して、糖尿病の代謝動態および合併症進展の総合的把握にあたっています。

糖尿病の治療では、特に血糖コントロール不良例には強化インスリン療法を積極的に導入し、日本人の2型糖尿病の特性を考慮した治療を施行しています。腎症合併例には低蛋白糖尿病食の指導と血圧の管理を行っています。壊疽や閉塞性動脈硬化症の合併例には、皮膚科、形成外科、循環器科、心血管外科と連携して治療に当たっています。

糖尿病教育では、年4回の外来糖尿病教室と教育入院を実施しています。教育入院は2週間のクリティカルパスを基本としていますが、時間をとりにくい場合には入院日数の相談に応じています。また、時間のとれない場合には外来でのインスリン自己注射の導入も行っています。
糖尿病とインスリン製剤
頚動脈エコー

 1型糖尿病専門外来(毎週火曜日)管理栄養士・糖尿病認定看護師・慢性疾患専門看護師と協力し医師診察前に血糖測定器からの血糖自己測定のデータやSAP療法のデータを直接パソコンに取り込み、データを解析し曜日や時間帯別による血糖変動の特徴やインスリンポンプの使用状況を把握し食習慣・カーボカウント指導などを含め患者さんと日常生活を振り返り、血糖コントロールの改善点発見に努めております。その後診察室に入っていただき、患者、管理栄養士または看護師、医師の3者で次回外来までの方針を話し合います。管理栄養士または看護師の介入を希望されない場合は、通常の医師の診察のみで対応しております。
またインスリンポンプやSAP療法導入,外来CGM検査にも積極的に取り組んでおります。
専門外来の対象者として1型糖尿病の方、特に小児科卒業の年代から40歳代までのヤング世代の1型糖尿病の方を中心に取り組んでおります。(注1)
具体的には
・1型糖尿病を発症して間もない方(同じ病気をもつ患者さんが集まる外来に通院希望のある方)
・インスリンポンプ療法やSAP療法導入希望の方(インスリンポンプからSAPへ切り替え希望の方)
・インスリンポンプ療法やSAP療法に興味があるが、導入に不安で相談したい方
・今まで小児科に通院していたが内科への転科を勧められている方
・合併症が出現しはじめ、今後総合病院での通院を希望される方
・2型糖尿病と区別し、1型糖尿病専門の外来で診てもらいたい方
・現在の通院先で血糖コントロールが不良で相談したい方
・外来でCGMを使用し血糖値の日内変動を観察したいが、現在の通院先で検査ができない方。
(当院の1型糖尿病専門外来では、現在通院中の医療機関からの紹介初診時にCGMを装着し数日後に外来で取り外し、検査結果を紹介医に送付することも可能です。ただし事前に現在通院中の医療機関の医師から当院の地域医療連携室を通じ1型糖尿病専門外来へ受診予約、連絡が必要です。)
・1型糖尿病と初めて診断され、入院加療が必要であるが入院施設を迷っている方
    (すでに入院されている方でも外来で相談の上、転院を受け付けます)。


(注1)現時点では外来枠や医療スタッフの人員に限りがあるため、緩徐進行型1型糖尿病(SPIDDM)の方は、1型糖尿病専門外来枠ではなく当科の通常外来枠での診察とさせていただいております。

CSII

CGM
 

【CSII療法・SAP療法・CGM検査について】


CSII療法(インスリンポンプ療法)とは

インスリン分泌の枯渇した1型糖尿病患者さんでは、基礎のインスリン分泌も失われており、これが夜間から明け方にかけて血糖値の上昇を引き起こす(暁現象)。また眠前中間型・持効型インスリン注射では夜間の低血糖、その後の高血糖を引き起こす可能性がある(ソモジー効果)。これらの不安定な血糖コントロ−ルを引き起こす基礎インスリン分泌の調節をCSIIでは、超速効型インスリンを小型のインスリンポンプを使用し微量ずつ持続的に皮下注入し、より個々人にあった基礎インスリンの補充を可能とし、血糖コントロールの安定化をもたらします。(時間あたりの基礎インスリン注入量をCSII本体にプログラムできます) 当院1型糖尿病外来担当医は、担当医自身が13歳発症の1型糖尿病患者でもあり2008年よりCSII療法を自身で実践しCSII療法を熟知しております。現在SAP療法に移行。
                                                      (ミニメド 620G日本語対応インスリンポンプ)



SAP療法(Sensor Augmented Pump療法)とは

Real time CGMセンサー(@,A)を体につけることにより、インスリンポンプ本体(B)に血糖値が常時表示されます(下記装着イメージ参照)。自身の血糖値が常時表示されるため、インスリン注入量(追加インスリンや基礎インスリン)の調節が容易にできます。自身の設定した血糖値の範囲を超えた場合に、インスリンポンプ本体がアラームや振動で警告してくれます。(低血糖や高血糖アラーム機能が搭載されております。)
【注:現在Real time CGMは、インスリンポンプ(620G)を使用する方のOption機能という位置づけです。インスリンポンプ療法を行わない方のリアルタイム持続血糖モニターの為には、SAPシステムは利用できません。】


CGM(持続血糖モニターまたは皮下連続式グルコース測定)とは

皮下組織にセンサーを穿刺して、間質液中のグルコース濃度を連続的に測定し(10秒ごとに測定し5分ごとの平均値を記録する)、この値を血糖自己測定の値で補正することにより間質液中のグルコース濃度を血糖値に換算する。結果5分ごとの血糖値を連続的に観察できます。現在は6日間の記録が可能となっています。センサーを取り外した後の解析であり、リアルタイムでは血糖値を把握できません。
当院では、臨床検査科とも連携しこの検査をおこなっております。


CGM検査結果の実例

当院40代の1型糖尿病患者さん CSII療法 HbA1c 6.1 % 外来での装着

 

スタッフ       (2016.11月現在)
 
瀧 秀樹:糖尿病内科科長 1990年卒
資格

医学博士
日本内科学会認定医・研修指導医・近畿地区評議員
日本糖尿病学会専門医・研修指導医・学術評議員
日本医師会認定産業医
大阪大学医学部臨床教授

   
加藤 研:糖尿病内科医師1999年卒
資格 医学博士
総合内科専門医
日本内科学会認定医・研修指導医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医・近畿支部評議員
日本医師会認定産業医
   
光井 絵理:糖尿病内科医師2008年卒
資格 日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
   
田矢 直大:糖尿病内科専修医2012年卒
資格 日本内科学会認定医
   
 
ページトップ