---
「患者情報室・リボンズハウス
---


 患者情報室とは?

 患者さんご自身や患者さんのご家族の方々がその病気について、同じ病気の患者さんからの体験談を聞き情報を共有したり、本を読んで知ったり、インターネットで調べたりなどして、自分たちで病気について学ぶ場が患者情報室です。


 患者情報室の誕生のおはなし 

 2002年4月に大腸がんで亡くなられた、朝日新聞記者・故井上平三さんのご遺志を引き継ぎ、由紀子夫人のご寄附で実現しました。平三さんは、朝日新聞家庭欄に「がんを生きる」を連載。その内容をまとめた『私のがん患者術』(岩波ブックレットbT69)も発行されています。著書や講演のなかで「患者が気軽に病気や検査、治療方法を学ぶことができる情報室があれば」「同じ病気や治療を受けた先輩患者の体験談を知りたい」と熱く語っていました。
 この患者情報室は、国立病院大阪医療センターが場所を提供し、NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)が企画・運営責任を担う日本初の試みによる協働作業で開設しています。訪ねてくださった方の支援をするのは、同じ市民の立場のボランティア。ぜひ皆さんも、ご利用ください。(COML作成の患者情報室紹介パンフレットから引用しました)


 ご利用方法・ご利用内容

 
 ご利用される方はご遠慮なくお越し下さい。ボランティアの方々が、皆様方のご要望に沿ってご案内します。お越しの皆様方が主体的に調べ勉強するという方針をご理解の上ご利用下さい。
利用できる内容として、病気に関する参考図書・インターネット・病気に関する体験談ファイル・その他、研修会・勉強会などのご案内などです。いずれも自由に閲覧ができ、また、ボランティアの方々が利用に際してお手伝いして下さいます。
なお、なにかご意見などがあれば、ご遠慮なく担当のものにお申し付け下さい。
病院側とのパイプ役は、副看護部長とボランティアコーディネーターが担当します。

***患者さんが勉強され正しい知識を持たれますと、治療に対する受け入れも良くなり、結果的には治療成績の向上につながります。また、患者さんが一所懸命に勉強されますと、医療提供側もボヤボヤできません。こちらもしっかりと勉強し正しい知識を正確に伝えるようになります。このように双方の努力によって、「医療の質」の向上に繋がるものであります。患者さん・ボランティア・病院の三者が一体となって、患者情報室を育てて行くことが非常に大切です。


 キャンサーリボンズとは?

特定非営利活動法人キャンサーリボンズはいち早く「がん治療やがん患者さんを支える生活支援」を掲げ、2008年6月に発足しました。
わが国では、男性の2人に1人、女性の3人に1人が、一生涯にがんに罹患すると言われています。がんは全ての人にとって他人事ではありません。多くのがん患者さんは、治療だけでなく、治療中および治療後の‘生活’に不安や悩みを抱えています。症状や副作用のケア、食事や栄養、美容面のケアなど、「治療と生活」をつなぐ情報が求められています。
この現状を受け止め、私たちはがん患者さんやそのご家族、ご友人の皆様を支援するNPO法人キャンサーリボンズを設立しました。
“キャンサーリボンズ”という名前には、患者さん、がん医療やヘルスケアに携わる多くの専門家、がんの早期発見や予防に関する啓発活動に従事する方などすべての人が活動を通してリボンで結ばれ、つながっていけたら、という想いが込められています。すべての人が誰かを支え、誰かに支えられる、そんな、特定の誰かに負担のかかることのない新しい関係が、よりよい「治療と生活」を実現すると考えています。
(特定非営利活動法人キャンサーリボンズホームページより抜粋)

『キャンサーリボンズ』ホームページへ

 リボンズハウスとは・・・

がん患者さんの「治療と生活」をつなぐ、具体的な情報とケア体験を提供する場所です。
医療者やヘルスケアに携わる多くの専門家の手によるプログラムを通して、患者さんがより自分らしく少しでも快適な生活を送れるよう、サポートしていきます。また、広く地域に開かれたスペースとして多くの人々が情報を共有し、支えあいを実践できる場になることを目的としています。医療施設、ショッピングモールなど国内外のさまざまな場所に開設し、各地域の特性を生かしながら、立地に合ったソフトを展開していきます。

(リボンズハウスホームページより抜粋)

『リボンズハウス』ホームページへ

 大阪医療センターリボンズハウスとは・・・

大阪医療センターリボンズハウスは、2009年12月、当院外来診療棟1階の患者情報室に、「NPO法人キャンサーリボンズ」の情報発信拠点となる「リボンズハウス」を併設しました。 患者情報室は、訪ねてくださった患者さんやそのご家族が病気について詳しく調べたり、検査・治療方法に関する「生きた情報」を知る・読む・見る・学ぶ広場として利用していただいています。 この「リボンズハウス」の開設は、従来からがんにも取り組んでいますが、更に「がんに特化したリボンズハウス」という機能を加えて、より一層いろんな方々にがんの情報を提供しようということで開設しています。具体的には、がん治療に関する情報や医療相談のほか、医療用ヘアウィッグ(かつら)の紹介やメイクアドバイスなどです。

 大阪医療センターリボンズハウスでできること・・・

『大阪医療センターリボンズハウスでできること』へ


  「患者情報室リボンズハウス」の場所・開室時間

 独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター(旧 国立大阪病院)の敷地内にある外来診療棟・1階にあります。病院北側の地下鉄谷町線「谷町四丁目」駅11番出口(ELVで地上に出ます)のすぐ側に病院の北門があります。北門を入って正面に外来診療棟がありますので、中に入ってください。中央の総合案内右側が「患者情報室・リボンズハウス」のオープンスペースです。


 開室時間 : 午前10時00分〜午後4時00分  
         (土日・祝日は休み、夏期・年末年始も休みます)
 電   話 : 06-6942-7321(直通、FAXも同じ)
 住   所 : 〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14
         独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター内

『患者情報室・リボンズハウス案内図』へ

『アクセスマップ』へ


患者情報室・リボンズハウスからのお知らせ    

 『患者情報室からのお知らせ』へ

   『女性がん患者の会 ハーブ』開催のお知らせ
   『おおさか健康セミナー』開催のお知らせ

 『リボンズハウスからのお知らせ』へ

   『リボンズハウス勉強会』開催のお知らせ
   「アデランス・ヘアケア 無料相談会」開催のお知らせ
   『タオル帽子の自作体験教室』開催のお知らせ
   「布ぞうり作り体験教室」開催のお知らせへ


「患者情報室・リボンズハウス」では、人と情報をつなぐボランティアを募集しています!

ボランティアには、利用者お一人おひとりに必要な情報を得ていただくお手伝いを、お願いしています。資格は問いません。来室された患者さんやご家族の方と一緒に、病気について本やインターネットを使って調べたり、患者さんのお話しを聞いていただくだけでもかまいません。
来室者の方が利用しやすく、“ホッとできる空間”を一緒に作ってくださる方、少し空いた時間でお手伝いをしていただけるなら大歓迎します。
ボランティアを希望される方、お待ちしています

   ボランティアホームページ →http://www.onh.go.jp/volunteer/
   患者情報室ホームページ →http://www.onh.go.jp/jouho/jyohousitu.html

お問合せは、独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
   ・管理課ボランティア担当    TEL:06−6942−1331(代表)

 


Back to [ ホームページ ]

www-adm@onh.go.jp
(c) Copyright 2003-2012, National Hospital Organization Osaka National Hospital. All rights reserved.