がん治療中の悩みに応える美容のノウハウ
「眉の描き方」「肌のくすみ」など、がん治療中の悩みにあわせてメイクの工夫を動画でご覧ください。
がんを体験した美容ジャーナリスト・山崎多賀子さん直伝です!
HPでも見られるようになりました。
ご覧ください!

どなたでもできる簡単スキンケア
がん治療中は、治療の種類によって様々な皮膚症状が発生し、日常生活に影響を与えることがあります。
そこで大切なのが、スキンケアです。
こまめにスキンケアを行うことで、つらい皮膚症状を予防したり、和らげることが期待できます。
また、皮膚の小さな変化に気がつけば、症状が 重くなる前に医療者に相談し、適切な治療を受けることにもつながります。
お役立てください。


 

(2)がん患者さんの「治療と生活」をつなぐ情報提供

通院前チェックシート:体調や症状、生活上の不安を整理できます!
体調や症状、生活上の不安などを整理するためのチェックシートです。
印刷・ご記入の上、通院時などに是非お使いください。

 

「がんと働く」リワークノートシリーズ:治療と仕事の両立に向けて、ご自分の状況を整理するためのツールです。

患者さんのご体験や、がん医療や就労に携わる他職種の意見を統合して、自分の心身の状態を整理して自己管理に役立てるとともに、主治医や、職場の産業医・上司などとの相談にも活用できるツールを作成しました。
※詳しくはキャンサーリボンズホームページ「がんと働く」リワークノートシリーズをご覧ください。

CD・DVDのご紹介

■朗読CD「あなたには、明日、生きる意味がある」
がん患者さんとご家族が、生きる意味を考え、生きる希望や勇気につながるよう、各分野で活躍中の方々の豊かなメッセージが込められた短編の文章を集め、朗読CDを製作しました。
また、日本人が生きる意味を問われた東日本大震災、その復興への願いが込められたメッセージも併せて収録しています。
先の見えない不安に悩み、希望を失いかけている方々にも聞いていただければ幸いです。

■キャンサーリボンズでは、患者さんのQOL向上を目指して、生活の中で実践できるセルフケア情報を提供する【“よりよい”がん治療と生活のためのQOL向上プロジェクト】を武田薬品工業鰍ニの協働で発足しました。患者さんや専門家にご協力いただき、様々な視点からDVDをシリーズで提供していきます。

@『抗がん剤治療とうまく付き合う「口腔ケア」』

国の「がん対策推進基本計画」でも、推進すべき項目のひとつに取り上げられている口腔ケアの基礎知識や症状が出た時のケアのポイントなどを分かりやすくお伝えしています。

A『病気のこと 子どもに伝える?伝えない?〜迷っているあなたへ〜』

親の病気を子どもにどう伝えるか、乳がん患者さんとそのご家族のがんに関するコミュニケーションをドラマ仕立てにしました。専門家による伝え方のポイント解説も交え、患者さんが気持を整理し、対処の仕方を考えやすいように工夫しています。


B『これならできる!感染予防〜抗がん剤治療を乗りきるために〜』

乳がんをはじめとした抗がん剤治療は様々な副作用を伴います。その中でも、感染症は有効な治療を中断せざるを得なくなるなど、患者さんの『QOL』を著しく下げる副作用の一つです。また患者さんの中には、「骨髄抑制」「好中球減少症」など普段聞き慣れない言葉に抵抗を示し、十分に理解しないまま普段通りの生活ができないと諦めてしまう方もおられます。
感染症についての知識や自分でできる感染予防法を、具体的に分かりやすく解説したこのDVDを、患者さんへの情報提供ツールとして是非ご活用ください。

C『もう怖くない!抗がん剤の吐き気は、ここまで予防できる』

抗がん剤治療は様々な副作用を伴います。その中でも、吐き気や嘔吐は患者さんにとって最もつらい副作用の一つであり、有効な治療の継続を困難にするなど、患者さんのQOL(生活の質)に直結しています。
吐き気についての正しい知識や日常生活で実践できる生活の工夫などを分かりやすく解説しています。
リボンズハウスをご利用の患者さん・ご家族の皆様、このDVDを是非ご視聴ください。

D『体験者からあなたへ〜がんと診断されて感じたこと 体験してきたこと〜』

「最初にがんと診断された時、どうしたらいいか、頭が真っ白になりました。」こう語った9人の女性たちが、その後、どんなことを体験したのか・・・
インタビューをもとに、ひとつのストーリーを作りました。
ドラマで見る体験者のストリー『彼女たち』
是非ご視聴ください。

E『家族にできること 知っておきたいこと』 〜あなたが大切だから〜

乳がんと知らされた患者さんの家族の心の動きをドラマ仕立てで解説しています。
また、家族がどう対応したらよいか、NPO理事・委員による専門家のコメントも収録されています。
是非ご視聴ください。

 


 

(3)リボンズハウス勉強会への参加

リボンズハウスでは、当院がんサポートチームとがん患者さん・ご家族をつなぐ「リボンズハウス勉強会」を行っています。勉強会(毎月3〜4回)には、どなたでも自由に参加していただけます。参加費は無料です。
がん患者さんやご家族の方が、生活するうえで困っている
がんの痛みについて(がん性疼痛看護認定看護師)
抗がん剤の副作用 (がん化学療法看護認定看護師)
リンパ浮腫の予防 (乳がん看護認定看護師)
リラクゼーション (がん性疼痛看護認定看護師)
緩和ケアについて (緩和ケア看護認定看護師)
栄養について (管理栄養士)
放射線治療について (がん放射線療法看護認定看護師)
などをテーマに行っています。
一方、医療用ウィッグについては「スヴェンソン・大阪ヘアケアステーション」の専門カウンセラーが、
・化学療法に伴う頭皮のケア
・ウィッグ(かつら)なんでも相談
など、丁寧にアドバイスしてくれます。みなさんぜひ、ご来室ください。そして、ご参加ください。

勉強会の日程:
top_logo.bmp 『リボンズハウス勉強会』開催のお知らせへ


 

(4)サロン『女性がん患者の会・ハーブ』への参加

患者情報室・リボンズハウスでは、サロン『女性がん患者の会・ハーブ』を毎月第3金曜日(午後1時〜3時)に開催しています。
「副作用がつらい」「手術が不安」「孤独を感じる」「再発が心配」「うつ症状かも・・・」「脱毛がショック」など、ひとりで悩んでいませんか?
乳がん、子宮がん等、がんを体験した女性同士なごやかに語り合っています。語り合うだけですが、心が少しでも楽になることを願っています。がんを体験された女性、ご家族の方、入院中の方もどうぞお気軽にご参加ください。ご案内は患者情報室・リボンズハウスのボランティアが行います。お待ちしています。

サロンの日程:
 『女性がん患者の会 ハーブ』開催のお知らせへ


 

(5)がん支えあい応援コーナー

がん支えあいシンボルソングCDやシンボルマークのアイリス・ピンバッジ、岩合光昭さんによる動物の写真ポストカードセットなど、NPO法人キャンサーリボンズ関連グッズの取り扱いや皆様からのご寄付の受付をおこなうコーナーです。
皆様からいただいたご寄付は、リボンズハウスの企画、テーマ別プロジェクトの推進等に役立てさせていただきます。ご賛同、ご支援をお待ちしています。

ご寄付のお願い
がん患者さんの「治療と生活」をつなぐNPO法人キャンサーリボンズは、患者さんと医療者など全ての人が同じ目線で連携し、情報を共有し、お互いが思いあい、力づけあいながら、がん患者さんの少しでも心地よく、自分らしい生活を支援することを目標にしています。テーマ別プロジェクトの推進、リボンズハウスの企画、ホームページの運営やツール制作、配布などの活動を通し、がんケアのネットワークづくりを進めてまいります。
皆さまには、この活動の意義をご理解いただき、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
(特定非営利活動法人キャンサーリボンズホームページより抜粋)

※詳しくはキャンサーリボンズホームページ「ご寄附のお願い」をご覧ください。
top_logo.bmp 「ご寄付のお願い」ホームページへ

500円からできる寄付
*使途を限定せず、NPOの活動全体に寄付をする。金額はおいくらでも構いません。個人で500円以上ご寄付くださった方で、がん支えあい応援グッズをご希望の方は、岩合光昭さんによる動物の写真ポストカードまたは、アイリス・ピンバッジなどご寄付申し込みの際、希望商品をお知らせください。

《NPO法人キャンサーリボンズ関連グッズ》

■がん支えあいアイリス・ピンバッジ
キャンサーリボンズのシンボルマークであるアイリスのピンバッジ。アイリスの花言葉は「あなたが大切」です。がん患者さんの少しでも心地よい自分らしい生活をサポートしたいという気持ちが込められています。

〈色の種類〉
・アイリスパープル(写真右)
・アイリスピンク(写真左)
・500円(税込)

■がん支えあいポストカード
日本だけでなく、海外でも人気が高い動物写真家・岩合光昭さんによる、心温まる動物の写真ポストカードです。

・500円(税込)

■がん支えあいCD
「〜がん支えあいシンボルソング〜あなたが大切だから」(練習用)

がん支えあいを拡げるために、ひとりでも多くの方に歌っていただきたく、練習用のCDを作りました。
どうぞ、まわりの方々と一緒に歌ってください。

〜がん支えあいシンボルソング〜
あなたが大切だから

作詞・作曲:山田邦子   編曲:小六禮次郎
うた:スター混声合唱団

・600円(税込)

《大阪医療センター オリジナルグッズ》

大阪医療センター取扱いの、がん支えあいオリジナルグッズ(笑顔があればCD、手づくり布草履や手づくりニット帽子)をご購入いただきますと、売上全額が大阪医療センターからキャンサーリボンズに寄付され、リボンズハウスの拡充に充てられます。

■がん支えあいCD「笑顔があれば 〜if you smile〜」
大阪医療センターが、リボンズハウス「第3回支えあいの輪 ウタのタネin大阪医療センター 〜音楽のちから〜」 を2012年7月10日に開催した際、「きぼう・元気・えがお」をテーマに、闘病中の方や医療従事者の方々から歌詞募集しました。

その歌詞をもとにシンガーソングライター寺尾仁志さんが作ったオリジナル曲、「笑顔があれば〜if you smile〜」が生まれました。とてもリズミカルで、元気がでる素敵な曲です

*human noteは、関西を中心に活動するシンガーソングライター
寺尾仁志さんがディレクションする約500名の聖歌隊です。
人生人間讃歌をテーマに、歌う喜びを、素晴らしい歌を通して伝える活動を続けています。
・500円(税込)

■がん支えあい手づくり布ぞうり
素足に気持ちいい布ぞうりは、室内履きにぴったり。足指にやさしく、とっても健康的な布ぞうりです。ボランティアの方々が気持ちを込めて作って下さいました。
・500円(税込)

■がん支えあい手づくりニット帽子(機械編み)
乳がんサバイバーの方より、手作りの「リバーシブル編み・ニット帽子」を届けていただきました。機械編み(毛糸編み機)の製品ですが、肌触りがやさしく、帽子や襟巻きとして着用できるすぐれものだと思います。
・1,000円(税込)


 

(6)「がん支えあいの日」記念イベントへの参加

●6月21日は『がん支えあいの日』です!
NPO法人キャンサーリボンズでは、6月21日を“社会全体でがんのことを考え、お互いに支えあう日”として、 『がん支えあいの日』としています。毎年、『がん支えあいの日』を記念してがん患者さんやご家族を中心としたイベントをおこなっていく予定です。各地のリボンズハウスでも、『がん支えあいの日』を記念して応援イベントをおこなっていきます。

■2017年(平成29年)3月18日:第6回支えあいの輪
「がんとお金と仕事と私」を開催しました。

■2015年(平成27年)7月12日:第5回支えあいの輪
「笑って、おしゃべりしませんか?」を開催しました。

■2014年(平成26年)3月9日:第4回支えあいの輪
「笑いは最高の抗がん剤」を開催しました。

■2011年(平成23年)7月10日:第3回支えあいの輪
「〜音楽のちから〜ウタのタネin大阪医療センター」を開催しました。

■2010年(平成22年)7月4日:第2回支えあいの輪
「Beauty & Laugh〜美と笑いの効用〜キャンサーリボンズin大阪医療センター」を開催しました。

■2010年(平成22年)1月11日:リボンズハウス開設記念イベント
「〜支えあいの輪〜スター混声合唱団in大阪医療センター」を開催しました。

 

※今後もこのような心あるイベントを継続して参りたいと考えています。
お気軽にぜひ一度お出でください! お待ちしています。