キャンパスブログ

BEFORE NEXT

第69回卒業証書授与式

_ _ _ 3年生担当教員

平成30年3月6日(火)、第69回卒業証書授与式が行われました。多くの方々に見守られながら、厳粛に式を挙行できたことを大変嬉しく思います。誠にありがとうございました。

看護師になりたいという夢を抱き入学してから3年の月日が流れ、第69回生115名は、卒業の日を迎えることができました。式では、97単位、3,000時間の教育課程を修了した学生たちに「専門士」の称号が与えられました。また、優秀な成績を修めた学生に、大阪府私立学校生徒知事賞、大阪府看護協会会長賞の授与が行われました。

ご来賓の祝辞では、「国家資格を持つ看護専門職としてプロ意識を持ち、確かな知識と技術を身に着け、コミュニケーション能力を高めていく必要がある。」また、「知識を与えるよりも感銘を与えよ。感銘せしむるよりも実践せしめよ」という坪内逍遥の言葉から、「身につけた知識・技術を実践に移してこそ価値がある。患者様個々のニーズに合わせて援助していくことが大切である」とお言葉を頂きました。卒業は看護師に向けての第一歩であり、今後も常に変動する社会情勢や医療の動向を敏感に察知する姿勢を持ち、専門職として生涯学習し続ける、主体的・積極的な行動をとる必要があると、改めて意識することができたと思います。

この3年間、多くの知識を教えて頂いた講師の皆様、看護実践の場でご指導頂いた実習指導者の方々、そして臨地実習において快く受け入れて下さった患者様やご家族様、多くの方との出会いと様々な経験により、第69回生は看護実践者として成長することができました。4月からは、それぞれが新たな場で看護師としての生活がスタートします。これからさらに多くの方々と出会い、豊かな経験を通して成長していくことと思います。今後さらに自身の看護実践に対する知識・技術を磨き、今後も第69回生がさらなる飛躍をすることを心より願っています。皆様の今後も変わらぬご指導ご支援をどうぞよろしくお願い致します。

BEFORE NEXT