キャンパスブログ

NEXT

平成29年度入学生を迎えて

_ _ _看護学校1年生担任
前原なおみ

大阪医療センター附属看護学校では、平成29年4月11日(火)に入学式が挙行され、第71回生80名の入学生を迎えることができました。

入学式には、実習病院の院長、看護部長をはじめ、同窓会会長にもご参加いただきました。祝辞は、近畿グループ担当理事の中井先生から看護学生が今後大きく成長するためには、主体的に目標に向かって学習することが必要である。看護師は生命に関わる仕事であり、医療職の中では患者の一番近くに寄り添ってケアする役割を担っており、高度な専門知識と技術はもちろん、専門職業人としての高い倫理観と人間力、状況を判断する力や予測する力が求められているということをお話いただきました。

お二人の温かいお言葉を聞き、入学生は、本校の学生としての誇りと自覚を持ち、機構および社会に貢献しうる有能な看護師になるために努力することを宣誓しました。式当日はあいにくの雨模様でしたが、桜の咲く正面玄関をくぐり、入学生はそれぞれが目指す看護師への道を歩み始めました。

式翌日からは、オリエンテーションや自己紹介があり、クラスメート、上級生、教員と新しい人間関係を築き、講義では社会学や物理学といった看護の基礎知識を積極的に学んでいます。最初は、緊張していた表情も徐々に緩み、80名一人ひとりの個性を出しつつ協力し合えるようになってきています。第71回生がこれからの学校生活を通して、生命に対する深い畏敬の念と人間愛を基盤にし、誠実で公平な倫理的判断力を持った人間性豊かな看護師として成長していけるように教員一同支援していきたいと思います。皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

NEXT