キャンパスブログ

BEFORE NEXT

69回生(3年生)看護学会に参加して

_ _ _ 第69回生 代表3名

10月14日(土)、近畿地区国立病院第59回看護学会に参加させて頂きました。今年のテーマは、「看護のイノベーション〜原点回帰〜」で、シンポジウムや講演会、ポスターセッションを通して、様々な学びを得ることができました。

特別講演は「包括ケア時代の看護イノベーションー効率性と人間性の対立を超えてー」というテーマでした。医療に対して向けられる目が厳しくなる昨今、効率性が重視される傾向にあります。そのような時代だからこそ看護のケアの力を信じ、人対人の看護を行う必要があります。その効率性と人間性の両立を支える上で必要なものがイノベーションであることを様々な具体例から理解することができました。これから臨床で働く上で、私達もイノベーションを創り出していけるよう、広い視野を持って患者さんと向き合う必要があると学ぶ事ができました。

研究発表では私たち学生も、口述1題、ポスター2題を発表させて頂きました。大変緊張しましたが、有意義な1日を過ごすことが出来ました。

<ポスター発表者の学び>

  • ポスター発表をさせて頂いたことで、実践した看護を再度振り返って深めることができ、貴重な経験をすることができました。当日は、多くの方からご意見・ご質問を頂き、新たな視点を持つことが出来ました。今回得た学びを、今後の看護実践につなげていきたいと思います。
  • 多くの先生にご助言いただいて出来上がったポスターを持って、当日に臨みました。学生だけでなく、臨床で働く看護師の方々との質疑応答や意見交換をすることで、自分の行った看護を改めて考える機会となりました。ポスターセッションを通して、自分では気がつかなったことに目を向けることができ、とても良い経験となりました。

<口述発表者の学び>

  • 看護学会では、成人回復期実習での学びを発表させて頂きました。発表までに沢山の先生方、友人達に協力して頂いた事を思い出しながら、精一杯発表しました。他の学生と学びを共有しながら、自分にはない視点を得ることができ、今後の看護に活かしていきたいと考えられる場となりました

BEFORE NEXT