独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター附属看護学校
サイトマップ 国立病院機構 大阪医療センター
学校紹介
学校長・副学校長あいさつ
教育方針
本校で学ぶ特色
活躍する卒業生たち
学校情報
カリキュラム
充実した実習施設
資格・進路等
キャンパスライフ
年間行事
学生の声
同窓会
施設・アクセス情報
よくあるご質問
入学試験情報
オープンキャンパス
TEL:06-6943-1051 FAX:06-6946-3472
 
 HOME > 学校紹介

教育方針

 看護はあらゆる成長発達段階や健康状態にある個人及び集団に対し、対象がより良い健康状態に向かい、生活過程を整え、その人らしく生活できるように援助することである。
 そのためには、生命に対する深い畏敬の念と、人間愛を基盤にし、誠実で公平な倫理的判断力を持った人間性豊かな人でなければならない。
 対象を身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広くとらえ、自己の看護観をもち、人々の健康上の問題を解決するために、科学的思考に基づいた看護ができる人を育てることを目指している。
 そして、常に変動する社会情勢や医療の動向を敏感に察知する姿勢を持ち、専門職として生涯学習し続ける、主体的・積極的な行動がとれる人を育成する。

 

 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター附属看護学校は、看護師として必要な知識及び技術を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な人材を育成する事を目的とする。

 

生命に対する畏敬の念と、人間愛を基盤に、誠実で公平な倫理的判断力に基づいた行動ができる能力を養う。
看護の対象である人間を、身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広く理解する能力を養う。
科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
あらゆる対象を理解し、健康の保持増進・疾病の予防・治療の促進をはかり、対象がより良い健康状態に向かえるように生活過程を整えるための援助技術を身につける。
保健・医療・福祉の連携の中で、調整的役割を果たす基礎的能力を養う。
専門職として、自覚と責任を持ち、生涯にわたって、自己を向上させていく能力を養う。
広域災害医療や国際協力など看護を広い視野で考えることができる能力を養う。
入学者受入方針(アドミッションポリシー)
 本校では教育理念に基づき、看護師として必要な知識・技術及び態度を身につけ、国立病院機構及び社会に貢献できる人材を育成していきます。そのために次のような資質のある人を求めています。
人への愛情と生命を大切にする気持ちを持つ人
豊かな感性を持ち、人とコミュニケーションのとれる人
誠実で責任感のある行動がとれる人
探求心を持ち、自ら学習し続ける意欲のある人
自己の生活を整え、健康管理のできる人
課 程 学 科 入学定員 総定員
看護専門課程 看護学科(3年課程) 120名 360名

平成28年度より、1学年定員を80名に変更予定です。