よくあるご質問

受験生から問い合わせの多い内容です。

奨学金制度の有無と金額は?

日本学生支援機構(以前の育英会)があります。また、国立病院機構での奨学金制度もあります。

大阪医療センター以外の実習施設の状況はどうか?また、通学可能な距離にあるか?

精神看護学実習は、同じ機構のやまと精神医療センター(奈良県大和郡山市)、奈良医療センター(奈良県奈良市)、刀根山病院(大阪府豊中市)で、在宅看護論実習は大阪市・府内の実習となり、通学可能な場所に実習施設はあります。

授業の開始時間はいつか?

授業開始は9時です。一日の授業は90分授業の4限となっており、終了は16時20分です。ただし、自己学習をする学生のため、学校は7時45分から18時30分まで使用可能としています。

学習のための文献等は揃っているのか?

図書室に看護関連の書籍、看護雑誌等の文献は充実しています。新しい情報について提供・学習できるよう、定期的に更新しています。

アルバイトはできるのか?

アルバイトは原則として認めていません。学習に専念できる準備・環境が必要と考えています。

社会人でも本当にやっていけるのか?

社会人経験を持つ学生は全体の約40%にも及んでいます。そのため、学生の年齢層には幅があり、価値観の相違はありますが、その中でお互いの考えを尊重し認め合うことは、人間関係形成能力を育成する上でも重要なことだと考えています。

テスト期間はあるのか?

科目終了毎に終講試験を受けていただき、単位認定を行っています。特に決まった期間に集中的に試験を実施することはありません。

男子学生はいるのか?

全体の1割弱です。割合はまだ少ないですが、女子学生とも仲良く学校生活を送っています。

クラブ活動はあるのか?

自治会活動の一環として、茶道部、バレーボール部、バスケットボール部、フットサル部が活動しています。バレーボール部は毎年、NHO近畿グループ附属看護学校5校で開催する大会「あじさい杯」に参加し、優勝経験もあります。

制服はあるのか?

普段の服装は自由ですが、学内での演習及び病院での実習は白衣で行います。