活躍する卒業生たち

卒業生からのメッセージ

八軒美幸
副看護部長八軒 美幸

看護の特徴 大阪医療センターでは、がんをはじめとする、循環器やHIV、救命救急、災害医療などの多様な看護に日々チームで取り組んでいます。認定看護師をはじめ、多くの看護のスペシャリストとして活躍する看護師が在籍し、それぞれが専門性を発揮しながら、看護を実践しています。実習環境においては、実践場面を通して看護実践能力が修得できるよう、経験豊富な実習指導者が一人ひとりに合わせ丁寧に指導しています。
病院の特徴 母体病院である国立病院機構大阪医療センターでは、国立病院機構として国が提供する「政策医療」を行う医療機関として、三大疾患であるがん・心臓病・脳卒中をはじめ、幅広い領域の疾患を取り扱っており、高度で総合的な医療を提供するため、日夜取り組んでいます。多くの卒業生が活躍しており、医療現場のみならず、学生の教育にも携わっています。

道川綾加
緩和ケア認定看護師道川 綾加

がん治療ができなくなった患者さんにはケアが主体で、ケアには看護の力が重要である。 と、学生の授業で聞いて、緩和ケアに魅力を感じました。臨床経験を通して、もっと患者さんがその人らしく過ごせるような看護スキルを身につけたいと考え、認定看護師の学校で6ヶ月間学び、現在緩和ケア認定看護師として働いています。患者さんの苦痛が緩和でき、笑顔を見せてくれた時にはとてもやりがいを感じます。

坪倉美由紀
感染管理認定看護師坪倉 美由紀

学生時代、手術室実習で指導を頂いた実習指導者さんの看護に憧れ、手術室勤務を希望しました。 手術室、ICUで看護をする中、感染対策の疑問がわき、それを解決するため認定看護師の道に進みました。今は感染制御部で、患者さん、医療者、実習生等病院を出入りする全ての人を感染から守るため、他職種の方とチーム医療を行っています。今後も専門的なスキルを磨き、看護に活かしたいと思います。

上みゆき
慢性心不全看護認定看護師
東7階病棟 副看護師長
上 みゆき

卒業後、看護師経験の多くを循環器病棟で過ごす中で、循環器疾患患者さんに、より専門性の高い看護実践をしたいと感じ、慢性心不全看護認定看護師の資格を取得しました。 患者さん個別の心不全の病態をとらえ、心不全増悪による再入院を回避するために、生活を制限するだけでなく、患者さんのQOLを大切にした支援を心がけ、日々看護実践にあたっています。