病棟・外来の紹介
看護部紹介 先輩の声(就職希望) 教育と研究 専門・認定看護師の紹介 病棟・外来の紹介 育児ママサポート
    看護部トップ大阪医療センター付属看護学校大阪医療センター
病棟・外来紹介

大阪医療センターの各病棟の看護をご紹介します。

 

産科・小児科・婦人科西5階

西5階病棟は産科病棟であり妊娠中からお産後の方まで入院しています。他にも眼科などの女性の患者さんも入院されています。 妊娠中は切迫流早産などで長期入院を余儀なくされる場合もあります。妊娠継続できるよう看護することはもちろんですが、長期入院によるストレスを少しでも軽減できるよう関わることを心がけています。 お産後の方に対しては、入院中に少しでも育児に慣れて頂けるよう、またいつでも授乳ができるように母児同室を推奨しており、授乳のケアにも力を入れております。退院後は乳房外来や育児サークルでママとお子様を見守っていきます。 また、病棟スタッフは産科外来も担当しており、妊娠中から継続した看護を提供しています。 赤ちゃんが元気に誕生し、産婦さんとそのご家族の心に残る分娩になるよう、病棟スタッフ一同心を込めてサポートしています。

産科・小児科・婦人科
ページトップ

小児科・整形外科西6階

西6病棟は、小児科・整形外科病棟です小児科の主の疾患は、感染症疾患・川崎病など、整形外科の主の疾患は、股関症・膝関節症・脊髄疾患・ペルテス病・骨形成不全症などです。生後2週間から90代後半の患者さんが入院されており年齢層も幅広い病棟です。小児の看護としては、検査や治療を怖がらないように遊びを取り入れながら患児それぞれに応じた説明を行っています。また治療を受けながら成長発達段階に応じて日常生活ができるように、患児同士の交流や花火大会・クリスマス会など季節行事を開催しています。医師・保育士・訪問学級の教師・ボランティアスタッフと連携をとりながら、患者・家族に寄り添った看護を提供しています。

ページトップ

精神科西7階

西7階病棟は2015年10月から精神科病棟として運営されています。当病棟に入院される患者さんは、救命センターに救急搬送後、精神科病棟への入院に同意が得られた患者さんが対象となっています(任意入院)。他職種間で協力しながら、退院やその後の社会復帰に向けて精神面・身体面の支援を行っています。 看護師2人1組で患者さんの所に伺うため、その時のニードにあった対応を素早く行います。また個々の患者さんに応じたレクレーションや病棟リハビリなどを取り入れています。2017年4月からは精神科外来も担当しており、退院後の患者さんに継続した関わりが出来るようになりました。

精神科1
ページトップ

糖尿病内科・皮膚科・形成外科・感染症内科西8階

西8病棟は、HIV/AIDS・糖尿病・皮膚癌などの疾患をもつ患者様が入院される混合病棟です。HIV/AIDSは、西日本のブロック拠点病院として医師や看護師、HIVコーディネーター、ソーシャルワーカー、臨床心理士、薬剤師などの多職種が、専門性を活かしながらチーム医療を提供しています。HIV/AIDS看護は、日和見感染症の急性期対応や抗HIV薬の導入、感染予防・日常生活全般に対する指導を行っています。また、糖尿病看護は、教育入院のプログラムに基づき食事や運動などの日常生活指導やインスリン導入の手技獲得などを支援しています。退院後の患者様の生活を見据え、一人ひとりが抱える課題やニーズに寄り添った看護が提供できるよう、努めています。

糖尿病内科1
ページトップ

外科・消化器科西9階

西9病棟は、外科・内科の消化器疾患混合病棟で、がんの患者さんが多く入院されています。手術をされる患者さんが多く、手術前には、治療や検査・食事内容を患者さんに分かりやすく説明しています。手術後は、できるかぎり痛みが緩和できるようにケアをしています。また、手術後の合併症が予防できるように、患者さんに合わせた援助方法を計画し、早期に日常生活に戻れるように、支援や生活指導を行っています。ほかにも、化学療法・放射線療法や栄養管理、緩和ケアなどをされる患者さんが多く入院されています。患者さんを中心に医師、看護師、緩和チーム、栄養サポートチーム、皮膚・排泄ケアチームなどの医療チームで治療内容や援助を検討し、ケアを実践しています。

消化器科
ページトップ

泌尿器科・耳鼻咽喉科・口腔外科西10階

西10階病棟は泌尿器科・耳鼻咽喉科・歯科口腔外科の混合病棟で、悪性腫瘍の患者さんが多くいらっしゃいます。治療の約60%が手術療法です。各科それぞれの看護に特徴がありますが、特に尿路変更術を受ける患者さんは、排泄経路の変更によるストマケアの習得と外観の変化の受容が必要ですので積極的に支援を行っています。耳鼻咽喉科は慢性中耳炎や突発性難聴、顔面神経麻痺など感覚器に障害をもつ方が多いため、精神的なサポートを行っています。また歯科口腔外科は、発声障害や嚥下障害により食事摂取が困難となることでの苦痛を抱える方も多く、リハビリ科や栄養サポートチーム、緩和ケアチームなど他職種と連携しチーム医療につとめています。患者さん1人1人の思いに寄り添い、安心して治療に望めるように、日々看護を実践しています。

泌尿器科
ページトップ

眼科・総合救急・腎臓内科・総合診療科西11階

西11階病棟は、眼科・腎臓内科・救命科・総合診療科など様々な診療科の患者さんが入院される混合病棟です。 特に眼科・腎臓内科では、緊急入院となり、その後手術や透析をしなければならないケースがあり、大きな不安を抱えて入院される患者さんや家族さんが多くおられます。そのような方々の不安を少しでも軽減できるよう日々みんなで話し合いを行い、「この患者さんに必要な看護は何なのか?」について意見を出し合う機会をたくさん作るよう努めています。また、退院後の生活指導についても、薬剤師や栄養士などと協力しながら力を入れて進めています。 「患者さんに寄り添い、信頼される看護」をスローガンに、これからも病棟一丸となって頑張ります。

眼科
 
ページトップ

婦人科・乳腺外科・消化器科東5階

主に乳腺外科・婦人科の女性の患者さんが入院されています。乳がんや子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど悪性腫瘍の患者さんが7割を占める病棟です。手術療法や化学療法、放射線療法や緩和ケアが必要な患者さんに対して固定チームナーシングを通して患者さんを中心に思いやりのある看護を目指して実践しています。がん性疼痛認定看護師と乳がん看護認定看護師が病棟に配属されており、病棟の医師や看護師だけでなく、がんサポートチームや栄養サポートチームなど多職種でカンファレンスを実施しよりよい医療を提供できるよう日々関わっています。一人ひとりの患者さんの心の変化を察知し、痛みなどの身体症状だけでなく、不安や葛藤など様々な苦痛を緩和できるようにケアを実践しています。

婦人科
ページトップ

整形外科東6階

東6階病棟は整形外科の病棟です。膝関節・股関節・脊椎疾患・骨腫瘍などの病気により、手術療法を受ける患者さんが9割をしめ、その他には化学療法・放射線療法を目的とした患者さんが入院されています。当病棟は理学療法士や作業療法士と連携を図りながら、患者さんが持っている力を最大限に引き出せるように術後のリハビリテーションに力を入れています。治療を終えた患者さんが「どのような生活を望んでいるか」などを知り、在宅での生活を見据えた日常生活について共に考え、住み慣れた地域に安心して戻れるように支援を行っています。また、患者さんやその家族への精神的な部分にもしっかり目を向けて「患者さんの気持ちにより添った看護が提供できること」をモットーに日々患者さんと関わらせて頂いています。

整形外科
ページトップ

循環器科・心臓血管外科・CCU東7階

東7階病棟、CCU(冠動脈疾患集中治療室)は、心臓血管外科・循環器内科の病棟です。 東7階病棟では、心臓血管外科で、弁膜症・弁置換術・冠動脈バイパス術・人工血管置換術などの手術を受けられる患者さまの周手術期看護及び、循環器内科で、狭心症・急性心筋梗塞・心不全・不整脈などで、薬物療法(内服・輸液)・安静療法・心臓カテーテル検査・経皮的冠動脈形成術、ペースメーカー植え込み術・アブレーション治療等を受けられる患者さまの看護を行っています。 CCUでは急性心筋梗塞・重症心不全・重症不整脈・急性大動脈解離・肺動脈血栓塞栓症など重症度の高い患者への密度の濃い看護を提供しています。 急性期から慢性期の経過を繰り返す患者さまに対して、他職種や外来と連携し、生活指導・薬物指導・食事指導・心臓リハビリテーションを実施しています。患者さまと信頼関係を作り、生活状況をしっかりと把握し、個々に応じた指導を行なっています。

循環器科
ページトップ

血液内科・呼吸器科・消化器科東8階

東8階病棟は血液内科、消化器内科、呼吸器内科、総合診療内科の混合病棟です。悪性腫瘍の患者様が半数を占めています。化学療法や放射線療法・内視鏡的治療・緩和ケア目的で入院される方が多く、治療期から終末期と幅広い看護が求められます。何度も繰り返し入院することを余儀なくされる患者様が多いですが、安全に治療に望めるようスタッフ全員で関わっています。その中でも患者様への関わりやケアの統一化を図り個別性のある看護を実践していくためにウォーキングカンファレンスや多職種カンファレンスを行っています。「自分が患者だったら?自分の家族が患者だったら?」と日々考え患者様・ご家族様の思いに寄り添える看護を実践しています。

血液内科
ページトップ

外科東9階

東9階病棟は、消化器外科・呼吸器外科の病棟で、悪性腫瘍の患者が8割を占めます。手術を目的で入院される患者さんがほとんどであり、そのほかには化学療法・放射線療法・栄養管理・緩和ケアの目的で入院される患者さんもおられます。 ウォーキングカンファレンスで、患者さんと早期回復や退院にむけた目標共有を行い、患者さんの個別性を捉えてチームで共有して統一した看護を提供できるように取り組んでいます。また、在宅で医療処置を必要としながらも、患者さんや家族がその人らしい生活を送れるように在宅支援に関するカンファレンスなどを多職種と行っています。 「自分の家族や大切な人に行うような看護」をモットーに、患者さん、家族を大切にして寄り添う看護を目指し、1日も早い社会復帰のお手伝いができるよう日々取り組んでいます。

外科 外科2
ページトップ

消化器科東10階

東10階病棟は、消化器疾患・肝疾患の病棟です。消化器疾患・肝疾患の急性期から慢性期・終末期まで多くの方が、内視鏡検査や治療、肝臓生検そして化学療法や緩和ケア、在宅環境を整える目的で入院されます。病院内の多職種と合同カンファレンスを行いながら、患者さん・ご家族が最適な日常が過ごせるよう、『患者さんの言葉に耳を傾け』真摯に取り組んでいます。内視鏡検査や内視鏡治療の目的で入院をされる患者さんが多いのですが、内視鏡室も東10階病棟看護師が看護を行っています。内視鏡看護がわかる看護師が、治療や検査の前後の病棟での看護を担当させてもらい、退院時の具体的な生活指導等自信をもってお手伝いさせていただきます。

消化器科
ページトップ

脳神経外科・脳内科・SCU(脳卒中ハイケアユニット)東11階

東11病棟・SCUは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの疾患の患者さんが多く入院されています。 SCUでは、24時間体制で緊急入院を受け入れ、急性期の医療や看護の提供を行っています。 東11病棟は、検査・治療目的の入院や、手術前後の看護を行っています。脳卒中では何らかの機能障害を持った患者さんが多いため、急性期から回復期に向けたリハビリテーションを早期より行い、社会復帰へむけた援助を行っています。また、急性期の患者さんや手術を受けられる患者さんは不安も強いため、御家族の協力を得ながら、不安の軽減に努めています。SCU・東11病棟は、チームワークが良く、医師や多職種と連携し、みんなで患者さんが最良の医療を受けることができるように関わっています。

脳神経外科
ページトップ
手術室

大阪医療センターの手術室は13の診療科があり、平成28年度の手術件数は5937件でした。24時間体制で三次救急も受け入れており夜間の緊急手術にも対応しています。診療科医師・麻酔科医師・臨床工学技師・コメディカル・病棟看護師などの多職種と連携を図り、チーム一丸となって高度で最先端な手術体制を整えています。また、手術に使用する多種多様な医療機器に関して医療機器業者と密に連携をとり合い、勉強会や定期的なメンテナンスをおこなうことで、安全かつ性能に優れた機器の提供に努めています。手術室では帽子にマスク姿で、患者さんと会話できる時間は限られています。術前訪問や術衣配りを通して患者さんを知り、必要時には患者さんの手術終了を待つご家族の元へ出向くこともあります。患者さんとご家族が少しでも安心して手術を受けられるよう、「患者の声を聴こう!!」のスローガンを掲げスタッフ一同日々努力しています。

手術室
ページトップ

ICU

ICUは手術後の患者さんや、呼吸や循環、代謝等の重篤な機能不全をきたしているすべての診療科の患者さんに対し、集中的な治療とケアを24時間実施しています。患者さんの立場になって考え、声となれるよう、バイタルサインや表情など少しの変化に気づき寄り添うために、どのような看護ケアや関わりが適切であるか看護師全員で繰り返し話し合っています。常に患者さんに対して自分の家族や大切な人に行うように看護を提供し、患者さんが安心・安全・安楽に治療が受けられることを目指しています。また、危機的状況にあるご家族への心理面でのケアや、意志決定支援の充実も目指しています。患者さんが回復していく過程を実感できることが何よりも嬉しく、意志を支え、生命力を引き出せるように努めています。

ICU
ページトップ

救命救急センター

救命救急センターは、病床数26床(ICU8床、HCU18床)を有し、一次〜三次救急を受け入れています。入院される患者さんの疾患は、重症外傷・広範囲熱傷・脳疾患・心疾患・急性薬物中毒など多岐に渡ります。看護師は危機的状況にある急性期の患者さんへ倫理的側面を踏まえたケアやフィジカルアセスメンに基づいた看護を実践しています。看護師だけではなく、多職種とカンファレンスを行い、社会復帰に向けチームで取り組んでいます。また、突然の発症で不安を抱えている家族さんに対して精神的援助を行い、患者さんや家族さんに安心した入院環境を提供できるよう、個の力を集団の力に変えて日々看護実践に励んでいます。

救命救急
ページトップ

外来

外来は治療の始まりの場であり、病名告知や治療選択などの様々な場面で、患者さんは大きな不安をかかえ、危機的状況にあると思います。そのため、特定の分野のスペシャリストである認定看護師やコーディネーター看護師が中心となり、患者さんが病気とともに生きるために、病気への理解を深め、対処能力が持てるように支援しております。

入院が決まられた患者さん・ご家族の方には、安心して入院・治療できるように、入院センターで、個別説明しております。また、退院後は、「住み慣れた地域・家で、その人らしく最後まで暮らす」ことができるように、在宅で必要な健康管理やケア方法などの指導にあたっております。

外来
外来2
ページトップ
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 1996-2009,National Hospital Organization Osaka National Hospital.All rights reserved.
入職式 新人研修 実務T研修 実務U研修