形成外科へようこそ

2012〜2013年の主な業績

講演・教育コース

  1. 1) 吉龍澄子
    教育コース   眼瞼再建におけるpitfall
    第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 
    2012年6月29日(金)〜30日(土) (札幌市)
  2. 2) 吉龍澄子
    皮膚腫瘍外科指導専門医 第5回教育セミナー
    乳房外Paget病
    第21回日本形成外科学会基礎学術集会 
    2012年10月4〜5日(福島県猪苗代)

論文

  1. 1) 吉龍澄子、金村米博  
    ヒト真皮線維芽細胞の分化能評価
    日形会誌, 31: 453-461, 2011 (2012年日本形成外科学会学術奨励賞受賞)
  2. 2) 吉龍澄子、吉田 謙  
    瘢痕・ケロイドに対する治療 〜我々の放射線治療の使いわけ〜  
  3. 3) 吉龍澄子
    教育コース「Unfavorable results cases 〜明日の治療に向けてPart 1 治療」
    Unfavorable resultsー眼瞼再建におけるpitfallー
    Skin Cancer Vol 27 No 3  2012 p278
  4. 4) Nagasao T, Aramaki-Hattori N, Shimizu Y, Yoshitatsu S, Takano N, Kishi K.
    Transformation of keloids is determined by stress occurrence patterns on peri-keloid regions in response to body movement.
    Med Hypotheses. 2013 Jul;81(1):136-41
  5. 5) 吉龍澄子、藤原貴史
    高齢者における遊離皮弁による頭頚部再建症例の検討
    日本マイクロ会誌 26(3):103〜108、2013

学会発表

  1. 1)吉龍澄子岡村玲子
    口腔内再建における前腕皮弁の工夫(第2報)〜橈骨動脈穿通枝により栄養される脂肪弁
    第55回日本形成外科学会総会・学術集会 
    2012年4月11日(水)〜13日(金)(東京都千代田区)
  2. 2)吉龍澄子、有家 巧、林 伊吹
    口腔内癌再建における前腕皮弁の工夫
    第36回日本頭頚部癌学会 
    2012年6月7日〜8日(島根県松江市)
  3. 3)森本萌恵吉龍澄子、岡村玲子、大崎陽子
    大腿皮下に発生したsolitary fibrous tumorの1例
    第101回日本形成外科学会関西支部学術集会(大阪)
    2012年7月15日(土)(大阪市)
  4. 4)吉龍澄子
    ケロイドにおける放射線療法 
    ケロイドにおける電子線療法の有用性と適応(シンポジウム)
    第4回日本創傷外科学会  
    2012年7月26日(木)〜27日(金)(久留米)
  5. 5)Yoshitatsu S, Kanemura Y, Kanematsu D, Shoufuda T, Yamamoto A.
    Differentiation potential of the human dermal fibroblasts(hDFBs)
    4th Congress of the World Union of Wounf Healing Societies  
    SEP 2nd ~6th, 2012, (Yokohama, JAPAN)
  6. 6)永竿智久、服部典子、岡部圭介、金子剛、彦坂信、吉龍澄子、貴志和生
    ケロイドならびに瘢痕組織周辺に発生する応力を解析する、新しいモデリングシステムの開発
    第21回日本形成外科学会基礎学術集会  
    2012年10月4日(木)~5日(金)(福島)
  7. 7)吉龍澄子森本萌恵、藤原貴史
    高齢者の遊離皮弁による頭頸部再建症例の検討
    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会  
    2012年12月6日(木)〜7日(金)(北九州市小倉)
  8. 8)吉龍澄子
    下顎再建プレート露出例の治療について(パネル)
    第17回南大阪FLap研究会  
    2013年2月13日(水)大阪市
  9. 9)森本萌恵吉龍澄子
    神経線維腫症Tに合併した悪性末梢神経鞘腫瘍の1例
    第103回関西形成外科学会学術集会  
    2013年3月9日(土)(大阪市)
  10. 10)吉龍澄子、森本萌恵
    頭頸部再建における周術期合併症ー我々の瘻孔予防法ー (シンポジウム)
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会  
    2013年4月3日〜5日(新宿)
  11. 11)吉龍澄子 、森本萌恵 、高木 正
    顔面皮膚小腫瘍切除後の整容的再建-下眼瞼〜鼻背における我々の工夫-(シンポジウム)
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会  
    2013年4月3日〜5日(新宿)
  12. 12) Yoshitatsu S, Arika T, Hayashi I, Kawakami M
    Radial forearm flap with radial artery perforator-based adipose tissue in head and neck reconstruction
    2013World Congress & ASRM Pre-Symposium(World Society for Reconstructive Microsurgery)
    July 11-14, 2013(Chicago, Illinois, USA)
  13. 13) 吉龍澄子、森本萌恵、吉田 謙、古妻理之、金澤成行、細川 亙、林 和彦、吉岡靖生
    ケロイド・肥厚性瘢痕の外科的治療〜手術は是か非か〜
    第8回瘢痕・ケロイド治療研究会 2013年8月31日(土)
  14. 14) 森本萌恵、吉龍澄子、小澤健太郎
    前額部から上眼瞼に移動し、眼瞼下垂をきたした外傷性異物の一例
    第105回関西形成外科学会学術集会
    2013年12月7日(土)(大阪市)