研修会報告
平成14年度 HIV海外研修報告記  大江 洋介
平成14年度HIV海外研修報告
(H15.2.15〜H15.3.01)
国立大阪病院 総合内科 医師
大江洋介
研修地
アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンフランシスコ市内
研修日程
2月15日 空路、
カストロ地区見学とオリエンテーション
2月17日 サンフランシスコのAIDSケアシステムについての講義、
薬剤耐性についての講義
2月18日 病院見学Kaiser Foundation Hospital、
ゲイ・コミュニティ活動の見学Stop AIDS project(カストロ地区)、
コミュニティ勉強会の見学Davis Medical Center(カストロ地区)
2月19日 HIV感染予防の講義
2月20日 高齢者コミュニティ活動の見学Continuum(ウエストサイド・ミッション地区)
2月21日 HIV検査の見学San Francisco General Hospital検査室、
抗HIV薬の服薬指導見学Kaiser Hospital臨床薬剤師
2月24日 ピア活動の見学Peer STD Clinic(コールストリート)、
HIVの在宅ホスピス活動の見学Hospice by the Bay(マーケット通り)
2月25日 HIV患者の妊娠・出産インタビュー(デビサデロ地区)、
HIVソーシャルワーキングの見学(デビサデロ地区)、
HIVカウンセリングの見学Glide Memorial Church(テンダーロイン地区)
2月26日 AIDS脳症のケア見学Davis Medical Center(カストロ地区)、
薬物動態学についての講義、
HIVオンラインシステムの見学Reggie system(市公衆衛生局)
2月27日 サンフランシスコのHIV/AIDS疫学についての講義
2月28日
3月1日
空路
平成14年2月15日から1日までの2週間、アメリカ・サイフランシスコ市でHIV/AIDS研修を受けさせていただく貴重な機会を頂いた。
 この間、診療業務を休ませて頂き、スタッフまた患者さんに多大なご負担をおかけしたことを肝に銘じ、研修の報告をさせていただく。
 まず、この研修をコーディネートしてくださった小林まさみ・デイビッド=ウィーズナー夫妻に篤くお礼申し上げます。小林まさみ氏はプログラム・ディレクター兼コーディネータ兼通訳兼チューターとして、サンフランシスコにおけるHIV/AIDS治療が私たち日本人に正しく理解できるように、通訳中であっても適宜必要な解説を加えていただき、また、質疑応答・ディスカッションなど開催していただいた。デイブ氏には、見学の予約や講師の日程調整など、陰に日当に、研修をサポートしていただいた。


(デイブ・まさみ夫妻)

日本の医療制度とアメリカのそれとは大変違うので、わずか2週間それもカリフォルニア州サンフランシスコ市の一部の施設を見学して、すべて正しく理解しようと言うのは大変困難なことである。本来なら、医療制度・医療経済・また国民意識の違いなどなど、予備知識をもって臨むべきところであるが、語学の勉強もそこそこに、2週間分の外来予約をなんとか都合をつけて、前日にやっと荷造りをして飛行機にとび乗ることになってしまった。申しわけ程度に行きの機内で読んだのが「苦悩する市場原理のアメリカ医療」の半分というありまさであった。
 それでも、まるで準備不足をお見通しのように、日米の違いをふまえて解説をしていただいたため、2週間ではあったが、ある程度核心に触れることができた研修になったと大変感謝している。各見学後のディスカッションや課題のミニ・レポートで聞き間違いや誤解などもすぐ訂正していただけたことも、よかったと思う。

前置きはこれぐらいにして、研修報告にはいりましょう。

○サンフランシスコという場所、歴史、そしてその現在のすがた
AIDSは最初、サンフランシスコのゲイ・コミュニティで流行したためGay Related Immune Deficiency (GRID)と呼ばれた。

(カストロのシンボル、レインボーの旗)
当時は政府の援助もなかったので、自分たちの事は自分たちで守ろうと幾つかのコミュニティ活動が始まった。その一つがカストロのStop AIDS projectである。(Stop AIDS projectは1994-95年に活動を開始した)

(さまざまなパンフレット)


(無料のコンドーム・貰い放題)
最初にAIDS患者が押し寄せたのが、同じくカストロ地区にあるDavis Medical Centerである。ここは当時、AIDS治療の第一線病院として機能した。
今でもHIV/AIDS患者に対してコミュニティ勉強会を開催するなど、精力的に活動している。

(夕刻のDavis Medical Center)
最初はゲイ仲間での感染が主であったHIV/AIDSが、バイ・セクシャルやドラッグ・ユーザにも広がりはじめた。

HIV+マザーの出産が最初に行なわれたのはUCSFの病院であった。今日、サンフランシスコではHIV+マザーの出産は他に医学的理由がない限り経膣分娩である(これに対して日本ではほとんど全例が帝王切開)。豊富な情報(HIV−のパートナーとの安全な妊娠や児への感染予防など)が医療機関やWORLD(Women Organized to Respond to Life Threatening Disease、ホームページはhttp://www.womenhiv.org/)などの団体から得られる。

ドラッグ・ユーザが公園や路上に棄てた使用済みの針によって一般市民が感染する危険性があるため、針を新品に交換するニードル・エクスチェンジ(そこに持っていけば新しい針を貰えるので、使用済みの針を棄てなくなる)が行なわれたのもサンフランシスコが初めてである。ドラッグは禁止されているため、ニードル・エクスチェンジは当初波紋を呼んだが、確実に効果は上がっている(悪は悪であり止めるべきだがなかなか出来ない、それなら少しでも良い方向に向かわせようというのがHarm Reductionという考え方である)。

HIV/AIDSは低所得者層に広がりつつあり、テンダーロイン地区はその一つでる。グライドでは、食事のサービスなども行なわれているが、無料HIV検査やカウンセリング、医療サービス、職業訓練なども提供し、全人的にサポートしている。

若年者に対してもっとも早くピアによる感染予防に乗り出したのは、ヘイト・アシュベリーの近くにあるハックルベリー・クリニックである。学校におけるHIV/AIDS教育や、無料の感染症検査、若年者への性的暴力などに対応している。

(ゲームをしながらHIV/AIDS予防の知識を習得)


(クイズ成績優秀者が貰える、コンドーム・キーホルダー)
HIV/AIDSは抗ウイルス薬が開発されたことにより、「死ぬ病」から「長生きする病」へ変ってきた。AIDS高齢者、AIDS脳症、AIDS痴呆症のケアが問題となってきており、ディケアやホスピスなどのサービスが主にコミュニティレベルで整備されつつある。

(ソーシャルワーカーのカンファレンスに参加して)
サンフランシスコ市の公衆衛生局にReggieシステムと呼ばれるHIV/AIDS患者による患者のための支援データベースが運営されており、サンフランシスコ市の90%以上のHIV/AIDS患者が登録し、利用している。

(ハンサムなSteve Solnit氏)
課題発表
サンフランシスコにおけるHIV/AIDS患者プライバシーの保護、検査値などの情報管理ついて(Confidentiality)、見学してきてわかったこと。
主に、以下の見学場面で、Confidentialityについて知ることができた。
・診療現場(Kaiser Pharmanente, HMO)
・ピア(Peer STD Clinic)
・HIV+マザー(Nicole Pitts)
・ディケア(Continuum)
・MSWカンファレンス(Oak Street)
・AIDS脳症ケア(Davis Medical Center)
・アウトリーチ(Stop AIDS project)
・情報システム

まず、診療現場について、配慮されていると感じたことは、
① 受付でHIVの人ですかと声を出さないでいいように、記入用紙を渡して書いてもらうようにしている
② 検査結果を郵送する場合など、先に患者の了承をとる(間違ったところに届かないように注意する)ことを徹底している
③ 身近の施設が嫌で遠方の病院を受診する人があることに配慮している
④ 他の人と出会わないように、入り口と出口を分ける
ということであった。

つぎにHIV+マザー、Peer STD clinicでインタビューしていて出てきたことで、
①医療者に望むこと
 第一は、守秘義務を守ってほしいということ
②電話をする時(検査結果などを知らせる)
 診療所の名前を出さず個人名でかける
 伝言は残さない
 本人が出るまで、何度も電話をかける
③機関紙(News Letter)の配布
 来た人に渡す
 郵送の場合は注意する
④家庭内でも秘密にしている人があることに配慮
 夫と妻、親と子などの場合も、秘密にしている場合がある

ディケア、MSWカンファレンス、AIDS脳症ケアカンファレンスの場で、
①カンファレンス内での呼称(呼び方)について、あるいは関係者同士で、
 性別・年齢・病名のみで呼ぶ
 ファーストネーム(AIDS脳症ケア)で呼ぶ
 イニシャルを使う
 個人番号(MSWカンファレンス)で呼ぶ
②チーム内の連絡方法
 電子メールが主(インターネットはセキュリティが甘いので、イントラネット。Nsに聞いてもSWに聞いてもそのように答えてくれた)

アウトリーチ(街頭活動)において、
AIDS、HIV+は統計データとして公衆衛生局に報告する義務がある。公衆衛生局はその数字を基にして感染防止のための計画を立てているため正確な数が必要。
カリフォルニア州では2002年7月からHIV+については、個人名を出さないで報告するが、このため、個人を特定できないように暗号化した番号に変換して報告している。

サンフランシスコのReggieシステムについて
1995年からReggieのプロジェクトが開始した。特徴的なのは、患者が中心となって、自分たちに必要な機能を盛り込んだシステムであるということである。この1年で利用できるエージェンシー(施設・サービスなど)が大きく増えたこともあり、1年間で9,000人ペースの増加、3−4年間で18,000人登録している。範囲はサンフランシスコ市。
一度登録すると、他のエージェンシーのサービスを受ける時に2時間にも及ぶインテイク(問診みたいなもの)を受けなくてもよいということで、利用者にとってメリットがあるシステムになっている。さらに、患者が自分の情報にパスワードをかけることができ(自分の信頼する人=自分の情報を見ても良い人にだけそのパスワードを教える。パスワードを知らない人は見ることができない)、情報アクセスのコントロールができる。連邦政府に統計情報を出す作業は、別のシステムでやっている。
(課題発表おわり)

(無事修了できました)
 
 
このページのトップへ