研修会報告
平成21年度HIV感染症医師実地研修会
大阪医療センターでは、増加を続けるHIV感染症患者に対してHIV専門医が少ないという状況を改善する為に、平成18年度よりHIV感染症専門医師養成コース(HIV感染症医師実地研修会)を実施しています。本年度も1ヶ月間におよぶ実地研修を実施しました。
実施時期: 平成21年10月5日(月)〜平成21年10月30日(金)
開催場所: 独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター
開催目的: 西日本のエイズ診療拠点病院に勤務する医師向けに、HIV感染症に関する最新の専門知識・治療技術を習得してもらい、HIV診療体制構築の充実を実践できる人材を育成する
対象: 西日本(北陸・東海・近畿・中四国・九州)ブロックのエイズ治療拠点病院医師(初期臨床研修医は除く)
参加者: 2名
内容: 講義・病棟実習・外来見学・NPO見学
講 師 一 覧
1) HIVのウイルス学的特徴・HIV感染症の疫学 白阪 琢磨
2) HIV感染症の診断と告知 渡邊  大
3) STD診療 谷口 智宏
4) 日和見感染症診療(ニューモチスチス肺炎) 笠井 大介
5) 針刺し事故によるHIV暴露後対策 富成 伸次郎
6) HIV看護の実際 下司 有加
7) 在宅長期療養支援 下司 有加
8) 日和見感染症診療 脳症(HIV脳症、PML) 坂東 裕基
9) 薬害HIV 西田 恭治
10) HIV感染症と肝炎 三田 英治
11) HIV診療(初診・再診時の診療・検査) 渡邊  大
12) HIV関連悪性リンパ腫の特徴と加療 小川 吉彦
13) 日和見感染症診療(カポジ肉腫) 矢嶋 敬史郎
14) HIV感染・AIDS女性の妊娠・出産 伴  千秋
15) HIV感染症患者のCMV感染症 上平 朝子
16) 日和見感染症診療(抗酸菌症) 谷口 智宏
17) 抗HIV療法の考え方・薬剤耐性HIV変異 白阪 琢磨
18) 日和見感染症診療(クリプトコッカス症) 富成 伸次郎
19) HIVとカウンセリング 安尾 利彦
20) 免疫再構築症候群(IRIS) 上平 朝子
21) HIV感染症と皮膚疾患 田所 丈嗣
22) HIV感染症の看護(病棟) 塩田 美樹
23) 抗HIV薬の現状と服薬指導 吉野 宗宏
24) 医療ソーシャルワーカーの役割と地域の課題 岡本 学
25) HIV感染症における呼吸器疾患診断 栗山 啓子
26) わが国におけるHIV母子感染の現況 多和 昭雄・尾崎 由和
27) HIV陽性者肛門疾患 宮崎 道彦
28) HIV感染血友病患者の関節症の治療 吉田 礼徳
29) HIV感染症と眼科疾患 建林 美佐子
30) HIV感染症と口腔症状 有家 巧
31) 臨床栄養学 松尾 彩
32) HIV感染症に関連する頭蓋内病変の画像診断 油谷 健司 
33) HIV感染症の呼吸器病変 小河原 光正
34) HIV薬剤耐性検査(研究検査科) 木下 幸保
35) 特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 MERS 若生 治友
36) 特定非営利活動法人 CHARM 青木 理恵子
37) HIV感染症と精神科疾患 梅本 愛子
このページのトップへ

参加者の感想文

独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター
呼吸器内科 水守康之

このたび大阪医療センターにて1ヶ月にわたりHIV/AIDS診療を研修させていただきました。お忙しいなか貴重なお時間をさいてご指導下さいました多くの先生方、院内外のスタッフの皆様に深謝いたします。またこのようなすばらしい研修へ参加する期間を与えて下さった姫路医療センターの皆様に深謝いたします。

私は自治医大を卒業後9年間、過疎地域を中心に一般内科・呼吸器科診療を行ってまいりましたがHIV・AIDSの診療経験がほとんどありませんでした。しかし平成21年5月よりエイズ治療拠点病院の一つである姫路医療センターで仕事をさせていただくこととなり、兵庫県南西部にもHIV陽性患者は増加しておりHIV・AIDS診療は都市圏だけでなく地域においても不可欠であることを知りました。しかし診療のために必要な知識や経験を得ることは容易ではありません。そんな折、この医師実地研修会のお話をいただき参加を希望いたしました。

前半2週間は講義を中心にHIV診療に必要な知識を教わりましたがその内容は非常に濃いものでした。感染症内科の先生方をはじめ、消化器科、眼科、皮膚科、整形外科、産婦人科、小児科、歯科、呼吸器科、放射線科、精神科など多科にわたる先生方、また薬剤部、検査部、臨床心理、MSWなど非常に多くの職種のスタッフの方々からのレクチャーをいただきました。大学時代の講義とは異なり少人数のため質問もしやすく、また全てが臨床につながる大変興味深いものでした。これまでHIVについての予備知識はほとんどない状態でしたが、診断から治療、合併疾患や免疫再構築症候群、HIV診療におけるさまざまな問題点についてなど、HIV診療に必要な多くの基礎知識を得ることができました。

また外部のNPO団体への訪問もカリキュラムに入っており、病院とは異なる立場でHIV患者を支える人々の活動を知ることができたのは貴重な体験でした。

後半2週間は外来、病棟を中心に研修させていただきました。講義で学んだことが実際に行われている現場をみることで、非常に理解が深まりました。外来では初診患者の問診や再診外来を見学させていただきました。知識のみならずコミュニケーションが非常に大切であることを実感いたしました。病棟では数名の患者の診療に関わらせていただき、緊急入院からAIDS(PcP,CMV等)の治療、抗HIV治療(HAART)導入に至るまでの治療の過程を経験することができました。スタッフの皆様はお忙しい中でも私の質問に対して丁寧に答えて下さいました。HIV診療は私にとって未知の領域で不安も大きかったのですが、今回の研修は暗闇に明かりがともされたような、診療に参加することへの不安を消してくださるものでした。今後は研修で得た知識をもとに、大阪医療センターの先生方と連携をとりつつ、積極的に地域のHIV診療に携わりたいと考えています。ご指導くださった皆様、本当にありがとうございました。

このページのトップへ

市立堺病院
呼吸器内科 大田加与

研修期間中は病院中の様々な方にお世話になりました。ありがとうございました。

4週間の研修は前半2週間は講義が主体で全般的な知識や情報が身についてきたところで後半は病棟・外来での実習が主体でした。

講義の内容は多彩で各科の先生方に全身くまなく講義していただき、薬害・IDUなどの社会的な背景や、看護・患者支援制度・カウンセリングなどの患者をサポートする体制についても講義していただきHIV診療について幅広く学ばせていただきました。

病棟では実際の患者さんの診察をとおして日和見感染症、HARRT導入、免疫再構築症候群など診させていただき、感染症内科の先生方に色々教えていただきながらの実習で大変勉強になりました。 NPO法人のMERSやCHARMに見学に行ったことも大きな収穫で、MERSでは薬害問題についてのお話、CHARMでは日本で暮らしながらAIDS発症し現在HAART中の方のお話が非常に印象的でした。薬害問題で浮き彫りになった医療の問題点や、外国籍の方のHIVの現状など病院の外でHIVの社会的な背景や問題に触れられ、これも大変勉強になりました。

大阪医療センターのHIV診療では様々な職種による「チーム医療」が機能していると感じましたが、これは他の診療分野ではまだ不十分だと思いますし、患者さんのプライバシーへの配慮や経済面・精神面のサポート体制についても同様だと感じました。

HIV診療は医学的な問題だけでなく、たくさんの社会的な問題や個人的な問題をかかえながら、だと思いますが非常に興味深く、4週間の研修を終えた今ではHIV診療がぐっと身近になりました。自施設に戻ってHIV診療に取り組んで行きたいと思います。

このページのトップへ
このページのトップへ