独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
HIV/AIDS先端医療開発センター

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14
TEL:06-6942-1331(代) FAX:06-6946-3652

 

研修会報告

平成25年度HIV感染症看護師実地研修会

 大阪医療センターでは、増加を続けるHIV感染症患者に対してHIV専門医が少ないという状況を改善する為に、平成18年度よりHIV感染症専門医師養成コース(HIV感染症医師実地研修会)を実施しています。本年度も1ヶ月間におよぶ実地研修を実施しました。

実施時期
平成25年10月1日(火)~平成25年10月25日(金)
(前半:10月1日~10月11日は講義、後半:10月15日~10月25日は病棟実習)
開催場所
独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター
開催目的
HIV感染症に関する最新の専門知識・治療技術を習得させ、HIV診療体制構築の充実を実践できる人材育成を目的とする。
対象
西日本ブロックのエイズ診療拠点病院医師(初期研修医は除く)で所属施設長の推薦を受けた者。研修終了後にHIV診療に継続して関わる者が望ましい。
参加者
3名(うち1名は、10月1日~10月11日講義のみ)
内容
講義・病棟実習・外来見学・NPO見学

講師一覧

HIV診療の医療体制 上平 朝子
HIV感染症と皮膚疾患 田所 丈嗣
外来療養支援の実際 下司 有加
HIV感染症と肝炎 三田 英治
日和見感染症診療(HIV脳症、PML) 矢嶋 敬史郎
日和見感染症診療(カンジタ症、クリプトコッカス症他) 矢嶋 敬史郎
薬害HIV・血友病診療 西田 恭治
HIV感染症の疫学・抗HIV療法の考え方 白阪 琢磨
在宅療養支援の実際 下司 有加
HIV感染症と精神疾患 梅本 愛子
わが国におけるHIV母子感染の現状 多和 昭雄
HIV関連中枢神経病変-主にMRI所見と鑑別- 酒井 美緒
HIVと歯科疾患 有家 巧
医療ソーシャルワーカーの役割と地域の課題 黒田 美和
HIVとカウンセリング 森田 眞子
陽性妊婦の看護支援 中野 志麻
日和見感染症診療(ニューモシスチス肺炎) 笠井 大介
HIV曝露後対策 笠井 大介
HIV感染症の病棟看護 井内 典子
HIV感染症と物質依存 安尾 利彦
抗HIV薬の現状と服薬指導 吉野 宗宏
HIV感染症の診断 渡邊 大
HIV陽性者に対する外科手術 宮本 敦史
日和見感染症診療(CMV感染症) 廣田 和之
抗HIV療法の変更と薬剤耐性 渡邊 大
HIV感染症における呼吸器疾患の画像診断 栗山 啓子
HIV感染症と眼科疾患 山本 拓広
HIVと薬剤耐性検査 木下 幸保
日和見感染症診療(カポジ肉腫) 小川 吉彦
日和見感染症診療(日和見悪性腫瘍) 小川 吉彦
HIV診療における腎臓評価と疾患対策 伊藤 孝仁
免疫再構築症候群(IRIS) 上平 朝子
HIV急性感染 渡邊 大
STD(性行為感染症)の診療 廣田 和之
日和見感染症診療(抗酸菌症) 伊熊 素子
臨床栄養学 中山 環
特定非営利活動法人 CHARM 青木 理恵子
特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権(MERS) 若生 治友
HIV陽性者肛門疾患 宮崎 道彦
特定非営利活動法人 HIVと人権・情報センター(JHC) 桜井 健司

このページのトップへ

修了証書授与式
画像:修了証書授与式01

このページのトップへ