研修会報告
平成26年度HIV感染症看護師実地研修会
大阪医療センターでは、平成25年度よりHIV感染症 看護師実地研修会(看護師1ヶ月研修)を開始いたしました。本年度も1ヶ月間におよぶ実地研修を実施しました。
実施時期: 平成26年9月29日(月)〜平成26年10月24日(金)
開催場所: 独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター
開催目的: HIV感染症に関する最新の専門知識の習得と専門的な療養支援の実践ができる看護師の育成を目的とする。
対象: 現在勤務先医療機関等において、主としてHIV陽性者の外来看護に携わる実務担当者であり、研修終了後も継続的に看護等の実務担当者、指導者として携われる以下の者とする。
1. 診療報酬「ウイルス疾患管理料2」の加算ができる施設(あるいは算定の方針である施設)の施設長が
   推薦するHIV/AIDSケア担当看護師(候補者を含む)
2. 各ブロック拠点病院が主催する基礎的な知識を習得できる研修を終了している者。
3. 研修終了後にHIV陽性者の療養支援に継続して関わる者。
参加者: 1名
内容: 講義・外来実習・病棟実習・NPO見学・ロールプレイ・症例プレゼンテーション
講 師 一 覧
1) 疫学と抗HIV治療ガイドライン 白阪 琢磨
2) HIV感染症の診断 渡邊 大
3) HIV感染者に対するソーシャルワーク 岡本 学
4) HIVとカウンセリング 安尾 利彦
5) 薬剤師の役割と服薬指導 矢倉 裕輝
6) 日和見感染症診療(1) 矢嶋 敬史郎
7) 日和見感染症診療(2) 矢嶋 敬史郎
8) 日和見感染症診療(3) 小川 吉彦
9) 針刺し暴露後対策 上平 朝子
10) 外来・病棟看護と療養支援 東 政美
11) 薬害HIV・血友病診療 西田 恭治
12) 薬害エイズと医療体制 ネットワーク医療と人権(MERS) 花井 十伍
13) HIV感染症と物質依存 安尾 利彦
14) わが国におけるHIV母子感染の現状 多和 昭雄
15) 在宅療養支援の実際 東 政美
16) 陽性妊婦の看護支援 中M 智子
17) STD(性行為感染症)の診療 廣田 和之
18) HIV感染症と緩和ケア 道川 綾加
19) HIV感染症と皮膚疾患 小澤 健太郎
20) HIV急性感染 渡邊 大
21) HIV感染症と肝炎 三田 英治
22) HIVと歯科疾患 有家 巧
23) HIV感染症の病棟看護 藤川 幸
24) HIV陽性者肛門疾患 宮崎 道彦
25) 非感染性疾患、生活習慣病 笠井 大介
26) 特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権(MERS) 若生 治友
27) 特定非営利活動法人 HIVと人権・情報センター(JHC) 桜井 健司
28) 特定非営利活動法人 CHARM 青木 理恵子
このページのトップへ

修了証書授与式

このページのトップへ