独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
HIV/AIDS先端医療開発センター

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14
TEL:06-6942-1331(代) FAX:06-6946-3652

 

研修会報告

平成29年度HIV感染症看護師実地研修会

大阪医療センターでは、平成25年度よりHIV感染症 看護師実地研修会(看護師1ヶ月研修)を開始いたしました。本年度も1ヶ月間におよぶ実地研修を実施しました。

実施時期
平成29年10月2日(月)~平成29年10月27日(金)
開催場所
独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター
開催目的
HIV感染症に関する最新の専門知識の習得と専門的な療養支援の実践ができる看護師の育成を目的とする。
対象
現在勤務先医療機関等において、主としてHIV陽性者の外来看護に携わる実務担当者であり、研修終了後も継続的に看護等の実務担当者、指導者として携われる以下の者とする。
  1. 診療報酬「ウイルス疾患管理料2」の加算ができる施設(あるいは算定の方針である施設)の施設長が推薦するHIV/AIDSケア担当看護師(候補者を含む)
  2. 各ブロック拠点病院が主催する基礎的な知識を習得できる研修を終了している者。
  3. 研修終了後にHIV陽性者の療養支援に継続して関わる者。
参加者
1名
内容
講義・外来実習・病棟実習・NPO見学・ロールプレイ・症例プレゼンテーション

講師一覧

疫学と抗HIV治療ガイドライン 白阪琢磨
HIV感染症の診断 渡邊 大
抗HIV薬の特徴と薬剤師の役割 矢倉裕輝
ディスカッション「初回抗HIV療法の実際」 渡邊 大
矢倉裕輝
血友病診療・凝固因子製剤の使い方 西田恭治
HIVとソーシャルワーク 岡本 学
日和見感染症(PCP) 上地隆史
日和見感染症(CMV) 廣田和之
日和見感染症(抗酸菌症) 伊熊素子
症例検討(他職種との連携) 下司有加 他
針刺し暴露後対策 上平朝子
HIV陽性者の療養支援 東 政美
HIVとカウンセリング 安尾利彦
薬害エイズと医療体制(特定非営利活動法人ネットワーク医療と人権(MERS)) 花井十伍
HIVと皮膚疾患 小澤健太郎
HIV感染者における消化管疾患 榊原祐子
HIVと眼疾患 辻野知栄子
HIV感染症と肝炎 三田英治
HIV感染症と物質依存 岡本 学
HIV感染症の病棟(看護) 藤高麻美
HIV陽性者の在宅療養支援 東 政美
日和見感染症診療(カンジダ症、Kaposi肉腫) 山本雄大
わが国におけるHIV母子感染の現況 寺田志津子
HIV急性感染 渡邊 大
免疫再構築症候群(IRIS) 上平朝子
女性とHIV 伊熊素子
HIV感染症と腎障害 岩谷博次
陽性妊婦の看護支援 中濵智子
HIV陽性者肛門疾患(道仁病院) 宮崎道彦
神経心理検査と事例検討 安尾利彦
HAND(京都大学大学院医学研究科) 加藤賢嗣
特定非営利活動法人 MASH大阪 見学・講義 鬼塚哲郎
特定非営利活動法人 CHARM 見学・講義 福嶋香織
特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権(MERS)見学・講義 若生治友
特定非営利活動法人 HIVと人権・情報センター(JHC)見学・講義 桜井健司

このページのトップへ

参加者の感想文
神戸市立医療センター中央市民病院
感染症科・総合内科・血液内科 外来 北岡由美

 私は外来にてHIV患者さんの看護を行う中で、具体的なケアができていないと感じ今回の研修に参加させていただきました。日和見感染症の各科におけるHIV関連疾患の講義は医師と一緒に受講でき、診断・治療についてイメージがつきやすかったです。

 初診時のコーディネーターナースさんの面談では、具体的な問診・初期教育の方法について見学することができました。

 外来実習では、実際に患者さんと面談後、ケアサポートを作成し、患者さんの背景を把握する上で欠けていた視点に気づき、そこを1つ1つ丁寧に確認していくことの重要性について学びました。

 知識だけでは看護実践が行なえないことを痛感し、実習をさせていただいて本当によかったと思っています。

 その他、様々な貴重な体験をさせていただき、お忙しい、中研修にご協力いただいた全てのスタッフの皆様に感謝申し上げます。

 本当にありがとうございました。

このページのトップへ

修了証書授与式
画像:修了証書授与式01
画像:修了証書授与式02

このページのトップへ