独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
HIV/AIDS先端医療開発センター

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14
TEL:06-6942-1331(代) FAX:06-6946-3652

 

研修会案内・報告

平成29年度 HIV関連研修実績

※受付は終了しました。

*日本エイズ学会の指定研修会
研修名 開催予定日 対象者
HIV感染症医師実地研修* 平成29年10月2日(月)~10月27日(金)

西日本ブロックのエイズ診療拠点病院医師(初期研修医は除く)で所属施設長の推薦を受けた者。

研修終了後にHIV診療に継続して関わる者が望ましい。

HIV感染症研修会* 平成29年10月2日(月)~10月3日(火)

西日本の国立病院機構施設、もしくは西日本のエイズ診療拠点病院に勤務する医師および看護師・薬剤師・カウンセラー・MSW等、HIV感染患者と接している、もしくは接すると思われる職員

HIV/AIDS看護師研修
(初心者コース*
平成29年9月4日(月)~5日(火)
平成29年11月6日(月)~7日(火)

近畿圏内の200床以上の病院に勤務するHIV/AIDS患者の看護に携わっている、もしくは興味があり今後携わっていこうとしている看護師・助産師

HIV/AIDS看護師研修
(応用コース*
平成30年1月15日(月)~16日(火)

初心者コースの受講者

HIV感染症看護師実地研修会* 平成29年10月2日(月)~10月27日(金)

現在勤務先医療機関等において、主としてHIV陽性者の外来看護に携わる実務担当者であり、研修修了後も継続的に看護等の実務担当者、指導者として携われる以下の者とする。

  1. 診療報酬「ウイルス疾患管理料2」の加算ができる施設(あるいは算定の方針である施設)の施設長が推薦するHIV/AIDSケア担当看護師(候補者を含む)
  2. 各ブロック拠点病院が主催する基礎的な知識を習得できる研修を修了している者。
  3. 研修修了後にHIV陽性者の療養支援に継続して関わる者。
近畿ブロックエイズ診療拠点病院
ソーシャルワーク研修会
平成30年3月18日(日) エイズ診療拠点病院勤務の医療ソーシャルワーカー、カウンセラーおよび、自治体のエイズ派遣カウンセラー
近畿ブロックHIV医療における
カウンセリング研修会
平成29年9月29日(金) 近畿ブロック内エイズ診療拠点病院に勤務する
臨床心理士およびカウンセラー
および、自治体のエイズ派遣カウンセラー
** HIV診療の短期研修のご案内 **

 当院では、HIV診療の1ヶ月研修を実施していますが、定員を超える、あるいは実施時期の問題など、その他の短期院内研修のご希望が寄せられています。多くのご要望にお応えしたいと考えておりますが、人数等の物理的制約があるのも実情です。HIV診療に従事されている方のアップデート、今後HIV診療に従事される予定の方などで、所属長の了解を得られた方を対象に短期研修をお受したいと考えます。研修時期や内容等、ご要望にお応えできるかどうかは、当科の状況によりますので、詳細につきましては、まずは下記まで個別にご相談ください。

HIV/AIDS先端医療開発センターセンター長白阪琢磨

sirasaka-osaka@onh.go.jp

感染症内科 科長 上平朝子

iguchi-osaka@onh.go.jp

※メールを送信するときは、メールアドレスから-osakaを削除して送信してください。

平成29年度の研修会

※終了しました。

◆平成29年度近畿ブロックエイズ診療拠点病院ソーシャルワーク研修会
日時
2018年3月18日(日)10:00〜16:30(9:30より受付)
会場
独立行政法人国立病院機構大阪医療センター 災害医療棟2階 視聴覚室
(地下鉄中央線または谷町線「谷町四丁目」駅⑪出口すぐ)
テーマ
HIV陽性者の心理・社会的援助
内容
講義1
HIV・AIDSの基礎知識 ~他施設の看護・介護職への研修としてMSWが話せること
大阪医療センター HIV地域医療支援室 岡本 学 氏
講義2
人権の擁護とHIV陽性者支援
特定非営利活動法人 ぷれいす東京 代表 生島 嗣 氏
演習
HIV陽性者への支援の質を高めるために
座長:特定非営利活動法人 ぷれいす東京 代表 生島 嗣 氏)
対象
近畿ブロックエイズ治療拠点病院ソーシャルワーカー
HIV/AIDS診療に関わる相談員・保健師 等
参加費
無料
参加申込方法
別紙参加申込票にご記入の上、郵送かFAXでご提出ください。3月12日必着。

研修会報告

過去に当センターで行われた研修会および当センターメンバー参加の研修会・学会報告です。

過去の研修会はこちら>>

このページのトップへ