独立行政法人国立病院機構大阪医療センター 連携大学院
大阪大学大学院医学系研究科連携大学院 エイズ先端医療学

2013年4月独立行政法人国立病院機構大阪医療センターに、大阪大学大学院医学系研究科連携大学院の設置が承認されました。

連携大学院とは、研究機関と大学とで連携を図り、研究機関の施設・設備や人的資源を活用して研究指導等を行う、大学院教育の方式です。

エイズ先端医療研究部 HIV/AIDS先端医療開発センターの連携イメージ図

大阪大学大学院医学系研究科連携大学院エイズ先端医療研究学講座では、HIV感染症のウイルス学的、免疫学的病態を分子レベルで解析し、HIV感染症に対する集学的治療・全人的ケアの方法と体制につき研究を行い、治癒を目指した新たな治療法の開発を進め、HIV感染症研究の人材を育成することを目的としています。

HIV感染症に対する集学的治療・全人的ケアの方法と体制

独立行政法人国立病院機構大阪医療センター連携大学院サイトからのお知らせ

スマートフォンに対応しました。
サイトオープンしました。