栄養管理部イメージ写真
栄養管理トップ 栄養管理トップ 大阪医療センター

1型糖尿病専門外来では患者さんの診察日にあわせて数か月に1度、医師の診察の前に栄養相談をいたします。
栄養相談では、食事や体調の変化・生活の変化などと、血糖値の変動との関連を患者さんと一緒に振り返り、問題点を抽出したり、医師に相談したいことなどを聞き取ります。
医師と看護師、管理栄養士が連携していますので、焦点を絞ったスムーズな医師の診察が可能です。

また、カーボカウントを取り入れた糖尿病療養で、患者さん自身が選んだ食事内容や食事量に合わせて必要なインスリン量を決定し、血糖値を良好に保てるようになれば、食事の選択肢がぐんと広がり楽しみも増えます
そのためのトレーニングをじっくり、わかりやすくお伝えいたします。

〜こんなことにお悩みではありませんか?〜
「本当は好きだけど、甘いお菓子は低血糖がおきた時にしか食べないようにしています。」
「焼き肉の時にインスリンを打ったら途中で低血糖になりました。」
「スポーツの前は低血糖にならないようにご飯を多めに食べています。血糖値が上がるのは仕方ないですよね。」
「他の1型糖尿病患者さんはどうしているの?」
など、疑問・不安に思うこと、仕方ないと思っていたことなど、解決やより良い生活になるようご提案していきます。お気軽にご相談ください。
また、1型糖尿病外来に受診される患者さん同士が診察の待ち時間を利用しておしゃべりしながら交流や情報交換されるのも大きなメリットになるかもしれませんね。

掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2007 National Hospital Organization Osaka National Hospital, The nourishment administration All Right Reserved