栄養管理部イメージ写真
栄養管理トップ 栄養管理トップ 大阪医療センター

あなたが食べた食事の炭水化物量(g)と、その食事で食後の高血糖を抑えるのに必要なインスリン量の比のことを「炭水化物/インスリン比(carbohydrate insulin ratio:CIR)と言います。つまり、CIRはインスリン1単位で処理できる炭水化物の量(g)を表します。

【炭水化物/インスリン比(CIR)の求め方】
1.まずは目安のCIRを求める。
◆300・400ルール◆
朝のCIRを求める時は300、昼・夕なら400を1日の総インスリン量(total daily dose of insulin:TDD)で割って算出します。インスリン導入前にインスリン炭水化物比を決める時に「目安」として使います。
例) 昼食時のCIRを求める。
  超速効型インスリン:朝6単位−昼8単位−夕8単位
  持効型インスリン :眠前7単位
  インスリン炭水化物比(CIR)=400÷総インスリン量(TDD)
     =400÷(6+8+8+7)=13.79… ≒14
インスリン1単位で14gの炭水化物を処理できると仮定します。

2. 実際の食事内容から評価します。
血糖値が良好で安定している時に、朝昼夕食に、炭水化物量があらかじめ決めた(わかっている)食事を食べ、食後1〜2時間値の血糖値のピークが180r/dL以内で、食後2時間の血糖値が食前の血糖値に近ければ、食事の炭水化物量に要するインスリン量が合っていることになります。

3. CIRの微調整を行います。
300・400ルールから求めたCIRが実際に食べた食後の血糖値にずれがある場合は、CIRを1〜2ずつ増減し、評価していきます。

食前血糖値が高かったこと、眠前の血糖値が高かったことなど、1型糖尿病患者さんはご経験があるかと思います。カーボカウントの応用ではインスリン効果値(insulin sensitivity factor:ISF)を決め、高血糖を補正するために必要なインスリンを追加します。

インスリン効果値(ISF)とは1単位の超速効型インスリンで低下する血糖値を表します。

まずは、目安のインスリン効果値を求める。
◆1700ルール◆  
1700÷(1日の総インスリン量(TDD))=インスリン効果値
例)1700÷(6+8+8+7)≒58.69…  ISF=60 を目安とする。

実際のISFを評価する。

次回からは、ISF=50として、高血糖を補正し、適正かどうか評価していきます。

掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2007 National Hospital Organization Osaka National Hospital, The nourishment administration All Right Reserved