眼科ロゴ 当科の実績
眼科トップ スタッフ紹介 外来担当表 各専門分野 手術実績 外来案内 当科の実績
大阪医療センター
    >> 2017の業績へ>> 2016の業績へ>> 2015の業績へ>> 2014の業績へ
>> 2013の業績へ>> 2012の業績へ>> 2011の業績へ>> 2010の業績へ
>> 2009の業績へ
@ 著述発表業績

A-0(英文著述)

  1. Yamada M, Mizuno Y, Miyake Y. Cataract Survey Group of the National Hospital Organization of Japan. A multicenter study on the health-related quality of life of cataract patients: baseline data. Jpn J Ophthalmol. 2009;53(5):470-476 (2009年9月)
  2. Kandori M, Saishin Y, Kusaka S, Shimojyo H, Otori Y, Tano Y. Pupilloplasty for congenital pupillary-iris-lens membrane with 25-gauge vitreous cutter. Acta Ophthalmol. 2009年10月.
  3. Tominaga A, Miki A, Yamazaki Y, Matsushita K, Otori Y. The assessment of the filtering bleb function with anterior segment optical coherence tomography. J Glaucoma 2010年2月

A-1(単行書(単独執筆・編集者・監修者))

  • 大鳥安正:知っておくべき続発緑内障の隅角所見「緑内障診療グレーゾーンを超えて」根木 昭、52-55、医学書院、東京、2009年11月
  • 濱本亜裕美:最新の高眼圧症治療薬、眼科ケア、根木昭、28-32、 2009年6月
ページトップ
A 口演発表業績

B-2(国際学会、一般講演)

  • Otori Y. Current status of trabeculotomy in Japan. Glaucoma Summer Camp 2009、Otsu Prince Hotel、Shiga、2009年7月
  • Hayashida Y. Heterogeneity of Limbal Basal Epithelial Progenitor Cells. The 15th Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club、 The Westin Miyako、Kyoto、2009年12月

B-3(国内全国学会、シンポジウム、特別講演)

  • 大鳥安正:モーニングクルズス:乳頭・隅角1000本ノックふたたび(後期研修医ノート1)、緑内障診断力を高めるための眼底読影のコツ、第63回日本臨床眼科学会、福岡、2009年9月
  • 大鳥安正:「近視とNTG」シンポジウム1「スローダウン緑内障:病型別アプローチ」、第20回日本緑内障学会、沖縄、2009年11月

B-4(国内全国学会、一般演題/ポスター)

  • 森本裕子、坂口裕和、五味文、三木篤也、沢美喜、辻川元一、松下賢治、西信良嗣、大島佑介、生野恭司、瓶井資弘、日下俊次:Bevacizumab硝子体内投与の合併症、第63回日本臨床眼科学会、福岡、2009年10月
  • 冨田有輝建林美佐子森本裕子濱本亜裕美林田康隆福井佳苗渡邉誠樹板谷浩志大鳥安正五味文菰池佳史:乳癌に対する化学療法中に両眼性黄斑浮腫をきたした1症例、第63回日本臨床眼科学会、福岡、2009年10月
  • 冨田有輝森本裕子濱本亜裕美林田康隆福井佳苗渡辺誠樹板谷浩志建林美佐子大鳥安正:閉塞隅角眼に対する前房深度、水晶体厚、眼軸長測定の意義、第20回日本緑内障学会、沖縄、2009年11月
  • 福井佳苗大鳥安正濱本亜裕美林田康隆森本裕子冨田有輝渡邉誠樹板谷浩志建林美佐子:Posner-Schlossman症候群に線維柱帯切開術が奏功した一例、第33回日本眼科手術学会総会、東京、2010年1月
  • 森本裕子、堀裕一、高静花、井上智之、前田直之:マイトマイシンC点眼が有効であった角結膜腫瘍6例、第34回角膜カンファランス、仙台、2010年2月

B-5(国内地方会、特別講演)

  • 大鳥安正:スキルアップ緑内障診断−より正確な緑内障診断を目指して−、ルミガン発売記念講演会、神戸、2010年3月

B-6(地方会、一般講演/ポスター)

  • 林田康隆森本裕子冨田有輝濱本亜裕美福井佳苗渡邉誠樹板谷浩志建林美佐子大鳥安正:術後眼球運動障害の原因となった膨化マイラゲル(MIRAgelR)の除去に冷凍凝固が有効であった1例、第372回大阪府眼科集談会、大阪、2009年10月
  • 福井佳苗大鳥安正濱本亜裕美林田康隆森本裕子冨田有輝渡邉誠樹板谷浩志建林美佐子:Posner-Schlossman症候群に線維柱帯切開術が奏功した一例、第373回大阪眼科集談会、大阪、2009年12月

B-8(教育講演など)

  • 大鳥安正:知っておきたい眼の病気、RTS勉強会、大阪、2009年5月
  • 建林美佐子:水晶体再建術アラカルト、第2回中央区勉強会、大阪、2009年7月
  • 渡邉誠樹:23G硝子体手術、第2回中央区勉強会、大阪、2009年7月
  • 大鳥安正:緑内障と言われたら、市民講座、目の勉強会、大阪、2009年8月
  • 大鳥安正:緑内障診断:眼底読影力を高めるコツ、テレフォンカンファ、大阪、2009年9月
  • 中村誠、狩野廉、森和彦、大鳥安正:インストラクションコース、初心者のための緑内障診断基礎トレーニング(関西緑内障道場)第63回日本臨床眼科学会、福岡、2009年9月
  • 大鳥安正:スキルアップ緑内障診断、筑豊眼科医会講演会、福岡、2009年10月
  • 大鳥安正:イブニングセミナー「Angle Closure−アジアの巨大アイセンターに学ぶ」、第20回日本緑内障学会、沖縄、2009年11月
  • 大鳥安正:スキルアップ緑内障診断、第4回関西臨床カンファ講演会、神戸、2009年11月
  • 大鳥安正:緑内障で失明しないために、堺市医師会講演会、大阪、2009年12月
  • 狩野廉、大鳥安正、森和彦、中村誠:インストラクションコース、トラベクレクトミー:術中手技のポイントとバリエーション、第33回日本眼科手術学会総会、東京、2009年1月
  • 大鳥安正:緑内障で失明しないために、第19回糖尿病治療セミナー、大阪2010年3月
ページトップ
B 班研究・研究助成実績

特になし

ページトップ
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital.Ophthalmology All Right Reserved.
check check check