眼科ロゴ 当科の実績
眼科トップ スタッフ紹介 外来担当表 各専門分野 手術実績 外来案内 当科の実績
大阪医療センター
    >> 2017の業績へ>> 2016の業績へ>> 2015の業績へ>> 2014の業績へ
>> 2013の業績へ>> 2012の業績へ>> 2011の業績へ>> 2010の業績へ
>> 2009の業績へ
@ 著述発表業績

A-0 (英文著述)

  1. Kiuchi Y, Tsujino C, Nakamura T, Otori Y, Mochizuki H: Phacoemulsification and trabeculotomy combined with goniosynechialysis for uncontrollable chronic angle-closure glaucoma. Ophthalmic Surg Lasers Imaging 2010; 41(3):348-354 (2010年5月)
  2. Miki A, Miki K, Ueno S, Wersinger DM, Berlinicke C, Shaw GC, Usui S, Wang Y, Zack DJ, Campochiaro PA. Prolonged blockade of VEGF receptors does not damage retinal photoreceptors or ganglion cells. J Cell Physiol. 2010;224(1):262-272.(2010年7月)
  3. Mizuno Y, Yamada M, Miyake Y; Dry Eye Survey Group of the National Hospital Organization of Japan. Association between clinical diagnostic tests and health-related quality of life surveys in patients with dry eye syndrome.Jpn J Ophthalmol. 2010;54(4):259-65 (2010年7月)
  4. Tominaga A, Miki A, Yamazaki Y, Matsushita K, Otori Y: The assessment of the filtering bleb function with anterior segment optical coherence tomography. J Glaucoma, 2010; 19(8):551-555 (2010年10月)
  5. Oveson BC, Iwase T, Hackett SF, Lee SY, Usui S, Sedlak TW, Snyder SH, Campochiaro PA, Sung JU. Constituents of bile, bilirubin and TUDCA, protect against oxidative stress-induced retinal degeneration. J Neurochem 2011;116(1):144-153.(2011年1月)
  6. Otori Y, Tomita Y, Hamamoto A, Fukui K, Usui S, Tatebayashi M. Relationship between relative lens position and appositional closure in eyes with narrow angles. Jpn J Ophthalmol 2011;55(2):103-106.(2011年3月)

A-1(単行書)

  1. 中川智哉:症例別よく使用される点眼薬 ヘルペス性角膜炎によく使用される点眼薬、治療 検査 処置 場面ごとに理解できる!新人スタッフのためのこれだけ点眼薬100、眼科ケア2010冬季増刊:p121-132、2010年12月
  2. 中川智哉:前眼部疾患 周術期所見(DSAEKなど)、眼科画像診断 最近の進歩、眼科:p1412-1415、2010年9月
  3. 中川智哉:スリットスキャン型角膜形状解析Update、眼科の新しい検査法、あたらしい眼科:27臨時増刊号:p17−20、2010年12月
  4. 大鳥安正:隅角鏡検査、専門医のための眼科診療クオリファイ、緑内障診療ガイド、相原 一編集、p30-36、中山書店、2011年2月

A-3(原著、邦文著述)

  1. 森本裕子、堀 裕一、井上智之、前田直之:マイトマイシンC点眼が有効であった角結膜腫瘍の6例、眼科臨床紀要3(6): p556-561、2010年6月
  2. 冨田有輝建林美佐子森本裕子濱本亜裕美林田康隆福井佳苗渡邉誠樹板谷浩志大鳥安正、五味 文、菰池佳史:乳癌に対する化学療法に両眼性黄斑浮腫をきたした1例、臨床眼科64(7):p1149-1152、2010年7月.
  3. 狩野 廉、森 和彦、中村 誠、大鳥安正:トラベクレクトミー術中手技のポイントとバリエーション、眼科手術23(3): p413-424、2010年7月.
ページトップ
A 口演発表業績

B-1(国際学会、口演)

  1. Usui S, Ikuno Y, Miki A, Matsushita K, Yasuno Y. Evaluation of the Choroidal Thickness using High Penetration Optical Coherence Tomography with Long Wavelength in Highly Myopic Normal Tension Glaucoma. ARVO2010, Fort lauderdale, USA, 2010年5月
  2. Miki K, Miki A, Usui S., Campochiaro P.A. Systemic Administration of Dextromethorphan Slows Cone Cell Death in an Animal Model of Retinitis Pigmentosa (RP) ARVO2010, Fort lauderdale, USA, 2010年5月
  3. Miki A, Miki K, Ueno S, Berlinicke C, Wersinger DMB, Usui S, Oveson BC, Shaw G, Zack DJ, Campochiaro PA. Prolonged Blockade of VEGF Receptors Does Not Damage Retinal Photoreceptors or Ganglion Cells. ARVO2010, Fortlauderdale, USA, 2010年5月
  4. Iwase T, Jo Y-J, Usui S, Lee S, Oveson BC, Lu L, Shen J, Campochiaro PA. The Effect of Grid Laser Photocoagulation on Cone Photoreceptors. ARVO2010, Fort lauderdale, USA, 2010年5月
  5. Lee S, Usui S, Zafar A-B, Jo Y-J, Oveson BC, Lu L, Campochiaro PA. Long Term Effect of Oral N-Acetylcysteine on Slowing Photoreceptor Cell Death in a Mouse Model of Retinitis Pigmentosa (RP). ARVO2010, Fort lauderdale, USA, 2010年5月
  6. Kuroda S, Ikuno Y, Sawa Y, Tsujikawa M, Gomi F, Yasuno Y. Choroidal thickness measurement in central serous chorioretinopathy using high-penetration optical coherence tomography. ARVO2010, Fort lauderdale, USA, 2010年5月
  7. Kuroda S, Ikuno Y, Sawa Y, Tsujikawa M, Gomi F, Yasuno Y, Nishida K. Choroidal findings of central serous chorioretinopathy using high-penetration optical coherence tomography using 1 micron band. AAO 2010, Chicago, USA, 2010年10月
  8. Otori Y. How to perform gonioscopy correctly. Asia Pacific Joint Glaucoma Congress 2010, TAIPEI, 2010年11月

B-4(国内学会、口演/ポスター)

  1. 大鳥安正冨田有輝濱本亜裕美林田康隆渡邉誠樹板谷浩志建林美佐子:閉塞隅角眼における相対的水晶体位置と機能的隅角閉塞の関係、第114回日本眼科学会総会、名古屋、2010年4月
  2. 黒田聡、生野恭司、沢美喜、辻川元一、五味文、安野嘉晃:高侵達光干渉断層計を用いた中心性漿液性網脈絡膜症の脈絡膜厚計測、第114回日本眼科学会総会、名古屋、2010年4月
  3. 松下賢治、黒田聡、高松文彦、井上智之、三木篤也、臼井審一:前房水サイトメガロウイルス陽性続発緑内障に対するガンシクロビル点眼の眼圧下降効果、第114回日本眼科学会総会、東京、2010年4月
  4. 臼井審一、生野恭司、三木篤也、松下賢治、安野嘉晃:近視緑内障眼における脈絡膜厚と視野障害および網膜神経線維層厚との関係、第114回日本眼科学会総会、東京、2010年4月
  5. 森本裕子大鳥安正冨田有輝濱本亜裕美林田康隆福井佳苗臼井審一渡邉誠樹建林美佐子:全層濾過手術30年後にきたした房水漏出に対して遊離強膜弁を用いた濾過胞再建術、第21回日本緑内障学会、福岡、2010年9月
  6. 臼井審一、生野恭司、三木篤也、松下賢治、大鳥安正、安野嘉晃、西田幸二:正常眼圧緑内障における中心窩および視神経乳頭周囲脈絡膜厚、第21回日本緑内障学会、福岡、2010年9月
  7. 三木篤也、照林彩、臼井審一、松下賢治、生野恭司、西田幸二:強度近視を伴う原発開放隅角緑内障に対するトラベクレクトミー、水晶体再建術同時手術、第21回日本緑内障学会、福岡、2010年9月
  8. 臼井審一建林美佐子森本裕子冨田有輝濱本亜裕美林田康隆福井佳苗渡邉誠樹大鳥安正:80歳以上の高齢者に対する線維柱帯切除術の短期成績、第64回日本臨床眼科学会、神戸、2010年11月
  9. 黒田聡、五味文、沢美喜、辻川元一、西田幸二:フィブリン滲出を伴う中心性漿液性脈絡網膜症に対する光線力学的療法、第64回日本臨床眼科学会、神戸、2010年11月
  10. 黒田聡、生野恭司、安野嘉晃、西田幸二:中心性漿液性脈絡網膜症におけるETDRS型脈絡膜厚マップ、第49回日本網膜硝子体学会総会、大阪、2010年11月

B-5(研究会、特別講演)

  1. 大鳥安正:スキルアップ緑内障診断−より正確な診断を目指して−、若葉の会、大阪、2010年5月
  2. 大鳥安正:続発緑内障の手術治療、緑内障手術の会、大阪、2010年7月
  3. 大鳥安正:良好なアドヒアランスを維持するための緑内障薬物選択、兵庫県東地区緑内障講演会、兵庫、2010年8月
  4. 大鳥安正:良好なアドヒアランスを維持するための緑内障薬物選択、第2回眼を守る会、京都、2010年10月
  5. 大鳥安正:緑内障薬物治療:配合剤点眼薬の登場で何が変わるか?、秋田眼科研究会、秋田、2010年10月

B-6(国内地方学会、口演/ポスター)

  1. 森本裕子板谷浩志冨田有輝濱本亜裕美林田康隆福井佳苗渡邉誠樹建林美佐子大鳥安正:当院における眼内レンズ縫着術 第375回大阪眼科集談会、大阪、2010年4月
  2. 大鳥安正:閉塞隅角眼における相対的水晶体位置と機能的閉塞の関係、第3回中央区勉強会、大阪、2010年6月
  3. 臼井審一:近視緑内障眼における脈絡膜厚と視野障害および網膜神経線維厚との関係、第3回中央区勉強会、大阪、2010年6月
  4. 臼井審一森本裕子黒田聡濱本亜裕美中川智哉福井佳苗渡邉誠樹建林美佐子大鳥安正:80歳以上の高齢者に対する線維柱帯切除術の短期成績、第378回大阪府眼科集談会、大阪、2010年10月
  5. 臼井審一:正常眼圧緑内障における脈絡膜厚、日本強度近視眼底研究会、神戸、2010年11月

B-8(教育講演)

  1. 大鳥安正:近視を合併した緑内障診断のコツ、第27回眼循環学会、神戸、2010年7月
  2. 大鳥安正:β遮断薬を知り、配合点眼剤を使いこなす、第21回日本緑内障学会、福岡、2010年9月
  3. 大鳥安正:緑内障診療の落とし穴!こんな症例には気をつけろ、第21回日本緑内障学会、福岡、2010年9月
  4. 大鳥安正:眼科看護の重要ポイント、日総研セミナー、大阪、2010年10月
  5. 大鳥安正:スキルアップ緑内障診断、緑内障専門医を目指す勉強会、東京、2010年10月
  6. 中村 誠、狩野 廉、安藤 彰、森 和彦、大鳥安正:関西緑内障道場:帰ってきた「悩みの相談室」、第64回日本臨床眼科学会総会、神戸、2010年11月
  7. 大鳥安正:視神経乳頭と隅角の眼力トレーニング、第64回日本臨床眼科学会総会、神戸、2010年11月

B-9TV出演)

  • 大鳥安正:正常眼圧緑内障に注意、朝日放送「おはよう朝日です。けさのクローズアップ」、大阪、2010年7月
ページトップ
B 班研究・研究助成実績

特になし

ページトップ
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital.Ophthalmology All Right Reserved.
check check check