眼科ロゴ 当科の実績
眼科トップ スタッフ紹介 外来担当表 各専門分野 手術実績 外来案内 当科の実績
大阪医療センター
    >> 2017の業績へ>> 2016の業績へ>> 2015の業績へ>> 2014の業績へ
>> 2013の業績へ>> 2012の業績へ>> 2011の業績へ>> 2010の業績へ
>> 2009の業績へ
@ 著述発表業績

A-0 (英文著述)

  1. Hiratsuka Y, Yamada M, Murakami A, Okada AA, YamashitaH, Ohhashi Y, Yamagishi N, Tamura H, Fukuhara S, Takura T: Eye Care Comparative Effectiveness Research Team (ECCERT). Cost-effectiveness of cataract surgery in Japan. Jpn J Ophthalmol 2011;55(4):333-342. (2011年4月)
  2. Miki A, Oshima Y, Otori Y, Matsushita K, Nishida K. One-year results of intravitreal bevacizumab as an adjunct to trabeculectomy for neovascular glaucoma in eyes with previous vitrectomy. Eye (Lond). 2011;25(5):658-9. (2011年5月)
  3. Lee SY, Usui S, Zafar AB, Oveson BC, Jo YJ, Lu L, Masoudi S, CampochiaroPA. N-Acetylcysteine promotes long-term survival of cones in a model of retinitis pigmentosa. J Cell Physiol 2011;226(7):1843-1849.(2011年7月)
  4. Nakagawa T, Maeda N, Higashiura R, Hori Y, Inoue T, and Nishida K. Corneal topographic analysis in patients with keratoconus using 3-dimensional anterior segment optical coherence tomography. J Cataract Refract Surg 2011; 37(10):1871-1878. (2011年10月)
  5. Usui S, Oveson BC, Iwase T, Lu L, Lee SY, Jo YJ, Wu Z, Choi EY, Samulski RJ, Campochiaro PA. Overexpression of SOD in retina: Need for increase in H(2)O(2)-detoxifying enzyme in same cellular compartment. Free Radic Biol Med. 2011;51(7):1347-1354.(2011年11月)
  6. Usui S, Ikuno Y, Miki A, Matsushita K, Yasuno Y, Nishida K. Evaluation of the Choroidal Thickness Using High-Penetration Optical Coherence Tomography With Long Wavelength in Highly Myopic Normal-Tension Glaucoma. Am J Ophthalmol 2012;153(1)10-16.(2012年1月)

A-1(単行書)

  1. 中川智哉:ウエーブフロントアナライザ、眼科の検査・手術機器完全マニュアル:p68-69、メディカ出版、2011年6月
  2. 大鳥安正:レーザー線維柱帯形成術、眼科手術学、6緑内障:p302-304、文光堂、2012年1月

A-3(原著、邦文著述)

  1. 森山睦、中川智哉、堀裕一、井上智之、前田直之:前眼部光干渉断層計による円錐角膜と正常眼の前眼部形状の比較、日眼会誌115(4):p368-373、2011年4月
ページトップ
A 口演発表業績

B-2(国際学会、口演/ポスター)

  1. Usui S, Ikuno Y, Miki A, Matsushita K, Yasuno Y, Nishida K. Choroidal Thickness in Highly Myopic and Non Highly Myopic Normal Tension Glaucoma. ISIE 2011, Fortlauderdale, USA, 2011年4月
  2. Usui S, Maruko I, Ikuno Y, Miura M, Sekiryu T, Nishida K, Iida T. Diurnal Change Of The Subfoveal Choroidal Thicknes. And Its Relationship With Clinical Factors In Normal Healthy Eyes. ARVO2011, Fortlauderdale, USA, 2011年5月
  3. Miki K, Miki A, Usui S, Campochiaro PA. Combination Antioxidant Therapy for Retinitis Pigmentosa (RP). ARVO2011, Fortlauderdale, USA. 2011年5月
  4. Miura S, Miki A, Matsushita K, Nishida K. Relationships between visual field sensitivity and GCC thickness, RNFL thickness measured by SD-OCT. World Glaucoma Congress 2011, Paris, France. 2011年6月

B-3(国内学会、シンポジウム・特別講演)

  1. 大鳥安正:小児緑内障の診断と治療、第23回日本小児眼科学会講習会、京都、2011年7月
  2. 中川智哉:シンポジウム12 屈折矯正手術後の視機能を再評価する 「 術後視機能の評価法」、第65回日本臨床眼科学会、東京、2011年10月
  3. Kuroda S, Ikuno Y, Gomi F, Nishida K:Choroidal changes in central serous chorioretinopathy detected by high-penetration optical coherence tomography、第50回日本網膜硝子体学会総会、東京、2011年12月

B-4(国内学会、口演/ポスター)

  1. 濱本亜裕美黒田聡森本裕子中川智哉臼井審一渡邉誠樹數尾久美子建林美佐子大鳥安正、上平朝子:大阪医療センターにおけるHIV患者のHAART導入前後の眼合併症、第115回日本眼科学会総会、東京、2011年5月
  2. 臼井審一、生野恭司、黒田聡、城友香理、菅野幸紀、小島彰、丸子一朗、中井慶、三浦雅博、石龍鉄樹、飯田知弘、西田幸二:正常眼の中心窩脈絡膜厚24時間日内変動と関連する因子、115回日本眼科学会総会、東京、2011年5月
  3. 呉文蓮、松下賢治、臼井審一、三木篤也、西田幸二:前房隅角形状解析装置ペンタカムによる閉塞隅角症疑い(PACS)症例の長期観察、第115回日本眼科学会総会、東京、2011年5月
  4. 中川智哉、前田直之、相馬剛至、高静花、辻川元一、大鳥安正、西田幸二:円錐角膜における前眼部OCT角膜形状解析とハードコンタクトレンズベースカーブ、第54回日本コンタクトレンズ学会総会、京都、2011年7月
  5. 臼井審一、生野恭司、黒田聡森本裕子、安野嘉晃、大鳥安正:線維柱帯切除術前後の脈絡膜厚および眼軸長の変化、第22回日本緑内障学会、秋田、2011年9月
  6. 中川智哉大鳥安正臼井審一黒田聡森本裕子濱本亜裕美渡邉誠樹數尾久美子建林美佐子:前眼部OCTを用いた線維柱帯切除術後眼の角膜前後面形状、第22回日本緑内障学会、秋田、2011年9月
  7. 黒田聡森本裕子濱本亜裕美中川智哉臼井審一渡邉誠樹数尾久美子建林美佐子大鳥安正:血液透析後の一過性眼圧上昇により視野障害が進行した一例、第22回日本緑内障学会、秋田、2011年9月
  8. 三浦聡子、相馬剛至、高静花、辻川元一、前田直之、西田幸二:RTVue-100を用いた角膜移植後の角膜上皮厚の検討、第65回日本臨床眼科学会、東京、2011年10月

B-5(研究会、シンポジウム・特別講演)

  1. 大鳥安正:緑内障早期診断に必要な視神経乳頭と視野のみかた、第5回福岡緑内障カンファランス、福岡、2011年6月
  2. 大鳥安正:緑内障薬物療法−配合剤点眼薬で何が変わるか?−、京都眼科医会北部ブロック会、福知山、2011年6月
  3. 大鳥安正:緑内障診断:Not only disc, but also macula、姫路市MFの会2011、姫路、2011年7月
  4. 大鳥安正:早期緑内障:日常臨床での光干渉断層計の応用、近畿眼科オープンフォーラム、大阪、2011年8月
  5. 中川智哉:波面センサーを用いた白内障術前スクリーニング、第17回大阪眼科手術シンポジウム、大阪、2011年10月
  6. 臼井審一:緑内障治療におけるOCTの有用性、第2回わかりやすいOCT勉強会、大阪、2012年1月
  7. 大鳥安正:緑内障診断におけるOCTの有用性、第2回わかりやすいOCT勉強会、大阪、2012年1月
  8. 大鳥安正:求める情報共有(紹介時、逆紹介時)、Pfizer Glaucoma Symposium 2012、東京、2012年2月
  9. 大鳥安正:緑内障薬物治療−よりよい薬物選択をめざして−、第34回京滋緑内障カンファレンス、京都、2012年2月
  10. 大鳥安正:前眼部画像解析装置の臨床応用、Retina Glaucoma Club 2012、大阪、2012年3月

B-6(国内地方学会、口演/ポスター)

  1. 臼井審一、生野恭司、黒田聡森本裕子、安野嘉晃、大鳥安正:線維柱帯切除術前後の脈絡膜厚および眼軸長の変化、第231回OCC、大阪、2011年10月
  2. 三浦聡子臼井審一黒田聡濱本亜裕美中川智哉渡邉誠樹數尾久美子建林美佐子大鳥安正:晩期濾過胞漏出に対して濾過胞再建を行った2例、第386回大阪眼科集談会、大阪、2012年2月
  3. 三浦聡子數尾久美子黒田聡、押田奈都、濱本亜裕美中川智哉臼井審一渡辺誠樹、埜中正博、建林美佐子、山崎麻美、大鳥安正:当院における被虐待児の眼所見、第232回OCC、大阪、2012年3月

B-8(教育講演)

  1. 大鳥安正:当院でのOCT使用の実際:どんな患者でOCTを撮り、所見をどう読むか?第4回中央区勉強会、大阪、2011年5月
  2. 大鳥安正、狩野廉、中村誠、森和彦:インストラクションコース63、関西緑内障道場、緑内障症例、「なやみの相談室4」、第65回日本眼科臨床学会、東京、2011年10月
  3. 大鳥安正:緑内障、富山大学医学部3回生学生講義、富山、2012年1月
  4. 中村誠、狩野廉、大鳥安正、森和彦:関西緑内障道場:緑内障術後管理の実践講座、第36回日本眼科手術学会、名古屋、2012年1月
ページトップ
B 班研究・研究助成実績

特になし

ページトップ
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital.Ophthalmology All Right Reserved.
check check check