眼科ロゴ 当科の実績
眼科トップ スタッフ紹介 外来担当表 各専門分野 手術実績 外来案内 当科の実績
大阪医療センター
    >> 2017の業績へ>> 2016の業績へ>> 2015の業績へ>> 2014の業績へ
>> 2013の業績へ>> 2012の業績へ>> 2011の業績へ>> 2010の業績へ
>> 2009の業績へ
@ 著述発表業績

A-0 (英文著述)

  1. Fuchihata M, Maeda N, Toda R, Koh S, Fujikado T, Nishida K. Characteristics of corneal topographic and pachymetric patterns in patients with pellucid marginal corneal degeneration. Jpn J Ophthalmol. 2014 Mar;58(2):131-8. (2014年5月)

A-1(単行書、単独執筆)

  1. 大鳥安正:緑内障 線維柱帯切除術、オペナーシング2015年臨時増刊、下村嘉一、160-170、メディカ出版、大阪、2015年2月
  2. 大鳥安正:緑内障 線維柱帯切開術、オペナーシング2015年臨時増刊、下村嘉一、171-180、メディカ出版、大阪、2015年2月
  3. 大鳥安正:トラベクロトミーでSchlemm管を見つけるコツを教えて下さい、(臨時増刊、眼科診療のエッセンス Q&A) あたらしい眼科31: 62-63、メディカル葵出版、東京、2014年12月.
  4. 大鳥安正:隅角鏡検査の基本と応用、その変法、All About原発閉塞隅角緑内障、沢口昭一・谷原秀信、119-127、医学書院、東京、2014年4月.
  5. 大鳥安正:Scheimpflugカメラ、All About原発閉塞隅角緑内障、沢口昭一・谷原秀信、128-129、医学書院、東京、2014年4月.
  6. 大鳥安正:視神経乳頭所見の取り方、緑内障診療クローズアップ、木内良明、64-67、MEDICAL VIEW、東京、2014年4月.
  7. 大鳥安正:鑑別を要する乳頭所見、緑内障診療クローズアップ、木内良明、68-69、MEDICAL VIEW、東京、2014年4月.

A-2(単行書、共同執筆)

  1. 山本拓広、瓶井資弘:タンポナーデ、網膜剥離と極小切開硝子体手術、眼科臨床エキスパート、302-311、寺崎浩子・吉村長久、医学書院、東京、2015年3月
  2. 山本拓広、瓶井資弘:組織プラスミノーゲンアクチベータ(tPA)の使い方、網膜硝子体手術の特殊なデバイスの使い方、眼科手術 vol.27、204-210、大谷倫裕 他、2014年4月
  3. 渕端 睦、前田直之:バイオメカニクス/CorvisR、専門医のための眼科診療クオリファイ24 前眼部の画像診断、大鹿哲郎・大橋裕一、127-130、中山書店、東京、2014年10月
  4. 山本拓広、瓶井資弘:裂孔原性網膜剥離の治療について教えてください、臨時増刊、眼科診療のエッセンス Q&A、 あたらしい眼科31:108-109、メディカル葵出版、東京、2014年12月

A-3(原書、邦文著述)

  1. 大鳥安正:高齢者の緑内障レーザー治療MB OCULL 17:P.43-48、2014年8月

A-4(総説、邦文著述)

  1. 大鳥安正:緑内障手術に関する新たな話題(学術特集 緑内障を知る)、日本医事新報4729:P.30-35、2014年12月
ページトップ
A 講演発表業績

B-2(国際学会、一般講演、ポスター)

  1. Fuchihata M, Maeda N, Ueki R, Fujikado T, Nishida K. Comparison of Corneal Biomechanical Properties in Normal and Keratoconic Eyes with Dynamic Scheimpflug Analyzer. World Ophthalmology Congress of the international council of ophthalmology 2014, Tokyo, Japan, 2014年4月

B-3(国内全国学会、口演発表、シンポジウム、特別講演)

  1. 大鳥安正:緑内障みんなはどう考える?どないする?手術のタイミング、第68回日本臨床眼科学会ランチョンセミナー、兵庫、2014年11月
  2. 大鳥安正:エクスプレス併用濾過手術、アップデート、第68回日本臨床眼科学会イブニングセミナー、兵庫、2014年11月

B-4(国内全国学会、一般講演、ポスター)

  1. 多田明日美、岩橋千春、中井慶、南場研一、岡田アナベルあやめ、高瀬博、後藤浩、蕪城俊克、水木信久、安積淳、園田康平、武田篤信、大黒伸行:結核性ぶどう膜炎の臨床像および治療予後の検討、第48回日本眼炎症学会、東京、2014年7月
  2. 北村成司林明日美三浦聡子渕端山本拓広山田さつき松田數尾久美子大鳥安正:エクスプレス併用濾過手術と線維柱帯切除術の術後眼圧比較、第25回日本緑内障学会、大阪、2014年9月
  3. 三浦聡子北村成司林明日美渕端山本拓広山田さつき松田數尾久美子大鳥安正:強膜弁直上から房水漏出を来たし濾過胞再建術が困難であった1症例、第25回日本緑内障学会、大阪、2014年9月
  4. 北村成司林明日美三浦聡子渕端山本拓広山田さつき松田數尾久美子大鳥安正:過去1年間に発症した急性緑内障発作の原因および対処法の検討、第68回臨床眼科学会、神戸2014年11月
  5. 三浦聡子北村成司林明日美渕端山本拓広山田さつき松田數尾久美子大鳥安正:外科的治療を行った真性小眼球症に伴う続発閉塞隅角緑内障の2症例、第68回日本臨床眼科学会、兵庫、2014年11月
  6. 渕端 睦大鳥安正北村成司多田明日美三浦聡子山田さつき松田數尾久美子:偽水晶体眼の悪性緑内障に対する前部硝子体切除の有用性、第68回日本臨床眼科学会、兵庫、2014年11月
  7. 松田 理、建林美佐子、北村成司多田明日美三浦聡子渕端山本拓広山田さつき數尾久美子大鳥安正:朝顔症候群に伴う網膜剥離に硝子体手術を施行し良好な経過を得た1例、第68回日本臨床眼科学会、兵庫、2014年11月
  8. 山本拓広、大鳥安正:IOL前房内操作を伴わないIOL強膜内固定術、第38回眼科手術学会学術総会、京都、2015年1月

B-5(国内地方学会、口演発表、シンポジウム、特別講演)

  1. 大鳥安正:緑内障早期診断のポイントと治療導入について、北地区眼科病診連携の会、大阪、2014年5月
  2. 大鳥安正:緑内障長期管理のポイント、第3回熊本県眼科医療を考える会、熊本、2014年5月
  3. 三浦聡子:急性緑内障発作で発見された真性小眼球症の一例 〜あなたなら、どうする?〜、第45回PACGs、大阪、2014年5月
  4. 大鳥安正:緑内障長期管理のポイント、緑内障アップデートセミナー in明石、兵庫、2014年6月
  5. 松田 理:大阪医療センターでの血管新生緑内障の治療方針、第7回中央区勉強会、大阪、2014年6月
  6. 大鳥安正:緑内障アップデート:濾過手術の選択、第84回九州眼科学会、モーニングセミナー、久留米、2014年6月
  7. 大鳥安正:OCTを併用する眼底読影の実際、尼崎伊丹緑内障眼底読影勉強会III、兵庫、2014年7月
  8. 大鳥安正:濾過手術の選択:トラベクレクトミー vs EX-PRESSR 第2回アルコンエクスプレスセミナー、大阪、2014年7月
  9. 大鳥安正:緑内障症例検討:正しい診断力と鋭い断行力を養う、第3回OTCの会、大阪、2014年11月
  10. 大鳥安正:出張!関西緑内障道場:閉塞隅角眼をどうする? 第13回緑内障3K(桟携)セミナー、京都、2015年2月
  11. 三浦聡子:OCTを超える?眼底写真の威力、ONH meeting、大阪、2015年3月

B-6(国内地方学会、一般講演、ポスター)

  1. 山本拓広、北村成司、多田明日美、三浦聡子、渕端睦、山田さつき、松田理、數尾久美子、大鳥安正:IOL前房内操作を伴わないIOL強膜内固定術、第401回大阪眼科集談会、大阪、2014年8月
  2. 山本拓広:IOL脱臼に対するIOL強膜内固定術、眼科small meeting、大阪、2015年2月
  3. 山本拓広、北村成司、多田明日美、三浦聡子、渕端睦、山田さつき、松田理、數尾久美子、大鳥安正:IOL脱臼に対するIOL前房内操作を伴わないIOL強膜内固定術、OCC、大阪、2015年3月

B-8(文化講演、教育講演)

  1. 大鳥安正:緑内障といわれたけど・・・どういう病気?、第25回日本緑内障学会、市民講座、2014年9月
  2. 大鳥安正、狩野 廉、金森章泰、植木麻理、森 和彦:関西緑内障道場:チューブシャンと手術導入のポイント、第68回日本臨床眼科学会インストラクションコース、兵庫、2014年11月
  3. 大鳥安正:緑内障:富山大学医学部3回生学生講義、富山、2015年1月
  4. 狩野廉、大鳥安正、金森章泰、植木麻理、森和彦:徹底討論!:チューブシャント手術の功罪とその適応を考える、第38回日本眼科手術学会総会インストラクションコース、京都、2015年1月
  5. 三浦聡子:緑内障の診断〜光干渉断層計を用いた早期緑内障診断の実際〜、第34回法円坂地域医療フォーラム、大阪、2015年2月
  6. 大鳥安正:緑内障治療の現状と将来〜薬物治療からインプラントを用いたチューブシャント手術まで〜、第34回法円坂地域医療フォーラム、大阪、2015年2月
  7. 山田さつき:加齢黄斑変性の診断、第34回法円坂地域医療フォーラム、大阪、2015年2月
  8. 松田 理:加齢黄斑変性治療の現状と将来:抗VEGF治療からiPS細胞を用いた最先端治療まで、第34回法円坂地域医療フォーラム、大阪、2015年2月

B-9(テレビ・ラジオ出演)

  1. 大鳥安正:緑内障WEBカンファ〜診断と治療:悩みの相談室〜、アルコンWEBカンファレンス、大阪、2015年3月
ページトップ
B 班研究・研究助成実績

   特になし

ページトップ
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital.Ophthalmology All Right Reserved.
check check check