診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター
2011  講演・発表
 

(骨・軟部腫瘍)

Ueda T. Medical Education and Training System in Japan/ Limb-Salvage Surgery using Megaprosthesis in Japan.Kyungpook National University Hospital Lecture, Daegu, South Korea, 2011年10月

Ueda T.Multidisciplinary Approach for Bone and Soft-Tissue Sarcomas in Japan.Kyungpook National University Hospital Lecture, Daegu, South Korea, 2011年10月

Ueda T, Kakunaga S, Takenaka S, Naka N, Hashimoto N, Hamada K, Joyama S, Kudawara I, Myoui A, Araki N, Yoshikawa H .Clinical Outcome of Limb-Salvage Reconstruction Using Constrained Total Hip Megaprosthesis after Resection of Periacetabular Malignant Tumors.11th Congres AFJO 2011 Association France-Japon d'Orthopedie, Bordeaux, France, 2011年6月

Ueda T, Kakunaga S,Takenaka S, Hashimoto N, Naka N, Hamada K, Joyama S, Kudawara I, Myoui A, Araki N, Yoshikawa H .Clinical Outcome of Limb-Salvage Reconstruction Using Constrained Total Hip Megaprosthesis after Resection of Periacetabular Primary Malignant Bone and Soft-Tissue Tumors.16th International Syposium on Limb Salvage (ISOLS), Beijing, China, 2011年9月

Nakamura T, Matsumine A, Uchida A, Kawai A, Nishida Y, Kunishida T, Araki N, Sugiura H,Ueda T, Sudo A.Clinical Outcomes of the KLS Total Knee System after the Resection of Bone Tumors of the Distal Femur.16th International Syposium on Limb Salvage (ISOLS), Beijing, China, 2011年9月

Ueda T, Kakunaga S,Kudawara I, Takenaka S, Hashimoto N, Naka N, Myoui A, Hamada K, Joyama S, Araki N, Aoki Y, Yoshikawa H .Clinical Outcome of Limb-Salvage Surgery for Patients with Osteosarcoma of Proximal Tibia.16th International Syposium on Limb Salvage (ISOLS), Beijing, China, 2011年9月

Kakunaga S,Ueda T, Takenaka S, Hamada K, Joyama S, Hashimoto N, Naka N, Kudawara I, Myoui A, Araki N, Aoki Y, Yoshikawa H .Clinical outcome of high-grade osteosarcoma of the extremities with lung metastases at presentation.2011 Combined Meeting of the Connective Tissue Oncology Society and the Musculoskeletal Tumor Society, Chicago, USA, 2011年10月

Clarkson P, O’Brien C, Phillips A, Wunder J, Ferguson P, Griffin A, Picci P, Ferrari C, Ueda T, Naka N, Araki N, Eriksson M, Ahlstrom M, Hall K, Trovik C, Grimer R, Abudu S, Jeys L, Masri B.Local recurrence increases the risk of systemic recurrence of extremity soft-tissue sarcoma- a multi-center study to predict 5-year metastasis-free survival outcomes.2011 Combined Meeting of the Connective Tissue Oncology Society and the Musculoskeletal Tumor Society, Chicago, USA, 2011年10月

Uemura K, Kakunaga S, Kudawara I,Ueda T .Local recurrence increases the risk of systemic recurrence of extremity soft-tissue sarcoma- a multi-center study to predict 5-year metastasis-free survival outcomes.2011 Combined Meeting of the Connective Tissue Oncology Society and the Musculoskeletal Tumor Society, Chicago, USA, 2011年10月

上田孝文:ランチョンセミナー1.わが国における腫瘍用人工関節システム開発の歴史と今後の展望。 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、京都、2011年7月

岩名大樹、平野博嗣、小西英一、上田孝文:症例検討「関西骨軟部腫瘍研究会」左大腿遠位部脂肪腫内に脂肪肉腫の発生をみた1例。 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、京都、2011年7月

久田原郁夫:四肢発生骨巨細胞腫の再発例に対する監視的待機。 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、京都、2011年7月

家口尚、星学、高田潤、青野勝成、日高典昭、久田原郁夫、荒木信人、早川景子、田口晋、大戎直人、:脂肪肉腫の治療成績。 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、京都、2011年7月

荒木信人、中紀文、城山晋、濱田健一郎、角永茂樹久田原郁夫上田孝文、竹中聡、橋本伸之、名井陽、青木康彰、藤本 哲穂、森 茂樹、倉都滋之、吉川秀樹、内田淳正:処理骨を用いた患肢温存術の施行状況と課題 術中対外照射自家骨移植術。 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、京都、2011年7月

久田原郁夫、青木康彰、植松稔:軟部肉腫の肺転移に対してSoft Knifeを用いた定位照射を行った1例。 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、京都、2011年7月

角永茂樹上田孝文、竹中聡、濱田健一郎、城山晋、橋本伸之、中紀文、名井陽、久田原郁夫、荒木信人、青木康彰、吉川秀樹:初診時より肺転移を認めた骨肉腫の治療成績。 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、京都、2011年7月

橋本伸之、荒木信人、竹中聡、中紀文、城山晋、角永茂樹、濱田健一郎、久田原郁夫上田孝文、名井陽、吉川秀樹:術中対外照射自家骨移植法におけるintercalary graftの固定方法の検討。 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、京都、2011年7月

上村圭亮角永茂樹久田原郁夫上田孝文:脛骨遠位悪性骨腫瘍に対して術中対外照射処理骨を用いて再建をおこなった3症例。 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、京都、2011年7月

久田原郁夫上田孝文角永茂樹中森正二:多剤併用化学療法後に切除可能であった後腹膜巨大平滑筋肉腫の1例。 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会、横浜、2011年7月

橋本伸之、城山晋、濱田健一郎、角永茂樹、中紀文、名井陽、玉井宣行、久田原郁夫、荒木信人、上田孝文、吉川秀樹:当科におけるデスモイドの治療成績。 第83回日本整形外科学会学術集会、東京、2011年5月

河崎敏弘角永茂樹久田原郁夫上田孝文:chronic expanding hamatomaにより大腿骨骨幹部の病的骨折をきたした1例。 第44回大阪骨折研究会、大阪、2011年12月

上田孝文:転移性骨腫瘍における診断・治療の要点。 第10回大阪市立大学医学部附属病院がんプロフェッショナル養成セミナー、大阪、2011年8月

上田孝文:日常診療における骨・軟部腫瘍診断のピットフォール。 第7回待兼山整形外科病診カンファレンス、豊中、2011年8月

久田原郁夫:嚢胞性病変の鑑別診断。 第64回関西SKR勉強会、大阪、2011年9月

久田原郁夫:骨肉腫に対する化学療法。 第22回小児固形腫瘍研究会、大阪、2011年11月

北口和真久田原郁夫角永茂樹上田孝文小西英一児玉良典真能正幸:左前胸部軟部腫瘍。 第130回関西骨軟部腫瘍研究会、大阪、2011年11月

北口和真久田原郁夫角永茂樹上田孝文:巨大腓骨腫瘍の1例。 第131回関西骨軟部腫瘍研究会、大阪、2012年2月

久田原郁夫:大腿多発軟部腫瘍の1例。 第131回関西骨軟部腫瘍研究会、大阪、2012年2月

 


PAGE TOP

(股関節外科)

Nakahara I, Takao M, Bandou S, Hibino S, Sakai T, Nishii T, Sugano N. Interfacial Shear Strength of Bioactive Coated Carbon Fiber Reinforced PolyetheretherketoneAfter In Vivo Implantation.2012 Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society,San Francisco, USA,2012年2月

三木秀宣:北辰セミナー 高度な股関節機能を許容できるインプラントデザイン。第38回日本股関節研究会、鹿児島、2011年10月

三木秀宣:ランチョンセミナー THAにおけるCup Target Angle。第39回日本関節病学会、横浜、2011年11月

三木秀宣、津田晃佑、田村理、菅野伸彦:THA後の歩行および動作解析。第38回日本股関節研究会、鹿児島、2011年10月

許太如三木秀宣中原一郎:機種の違いによるナビゲーションシステムの大腿骨stem設置精度。第38回日本股関節研究会、鹿児島、2011年10月

中原一郎、高尾正樹、坂井孝司、西井孝、菅野伸彦:臼蓋形成不全股関節の骨形態と骨性可動域。第38回日本股関節研究会、鹿児島、2011年10月

中原一郎許太如三木秀宣:大骨頭径メタルオンメタル人工股関節全置換術の早期臨床成績。第38回日本股関節研究会、鹿児島、2011年10月

三木秀宣、津田晃佑、菅野伸彦:四次元動作解析システムの人工股関節置換術後脱臼予防治療への応用。第38回日本臨床バイオメカニクス学会、神戸、2011年11月

許太如三木秀宣:THA術前患者の臥位立位骨盤傾斜とその変化についての検討。第5回日本CAOS研究会、大阪、2011年9月

中原一郎、高尾正樹、板東 舜一、菅野伸彦:新しい炭素繊維強化PEEK材の表面HAコーティング法と骨固着評価。第498回日本人工臓器学会、東京、2011年11月

中原一郎、高尾正樹、板東 舜一、菅野伸彦:新しい炭素繊維強化PEEK材の表面HAコーティング法と骨固着評価。第26回日本整形外科基礎学術集会、前橋、2011年10月

三木秀宣許太如中原一郎、菅野伸彦:臥位から立位で大きく骨盤後傾する症例の術中股関節可動域測定。 第42回日本人工関節学会、那覇、2012年2月

許太如三木秀宣中原一郎:THA術後1年時の臥位立位骨盤傾斜。  第42回日本人工関節学会、那覇、2012年2月

中原一郎、中村宣雄、三木秀宣、高尾正樹、坂井孝司、菅野伸彦:若年者(50歳以下)に対してLongevity高度架橋ポリエチレンを使用した人工股関節全置換術の10年成績。第42回日本人工関節学会、那覇、2012年2月

許太如三木秀宣上田孝文:早期にcupのmigrationを生じたMetal on Metal THAの2例。第29回関西股関節研究会、大阪、2011年4月

三木秀宣:大径骨頭インプラントの有用性。Joint Replacement Update、福岡、2012年1月

三木秀宣:大径骨頭インプラントの有用性。Bearing seminar、大阪、2011年6月

三木秀宣:医師からみた病院選び。よみうり・健康づくり市民の集い、大阪、2011年11月


PAGE TOP

(膝関節外科)

Miyamoto T, Tamaki M, Ueda T.Minimally invasive total knee arthroplasty using trivector retaining approach.11th Congres AFJO 2011 Association France-Japon d'Orthopedie, Bordeaux, France, 2011年6月

Tamaki M, Tomita T, Tsuji S, Yamazaki T, Futai K, Kunugiza Y, Kawashima K, Shimizu N, Yoshikawa H, Sugamoto K.Comparison of in vivo kinematics during deep knee bending between fixed bearing and mobile bearing posterior stabilized total knee arthroplasty.  11th Congres AFJO 2011 Association France-Japon d'Orthopedie, Bordeaux, France, 2011年6月

Miyamoto T.Minimally invasive total knee arthroplasty using trivector retaining approach.13th AsiaPacific
Arthroplasty Society Annual Meeting, Beijing, China, 2011年12月

玉城雅史、冨田哲也、山崎隆治、椚座康夫、二井数馬、川島邦彦、清水憲政、栗田正浩、吉川秀樹、菅本一臣:術後運動解析から見た手術への提言。第3回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、札幌、2011年7月

宮本隆司玉城雅史上田孝文:重度内反膝に対するTKAの手術戦略。 第42回日本人工関節学会、那覇、2012年2月

宮本隆司玉城雅史上田孝文:大腿骨内顆骨壊死に対するUKAの臨床成績。 第42回日本人工関節学会、那覇、2012年2月

宮本隆司玉城雅史上田孝文:Approachの違いによるMIS TKA後の疼痛および筋力の評価
−trivector retaining approachとmidvastus approachを比較して−。  第42回日本人工関節学会、那覇、2012年2月

玉城雅史宮本隆司上田孝文、吉田礼徳:大腿骨コンポーネント後顆部のインプラント厚が伸展・屈曲Gapに与える影響。 第42回日本人工関節学会、那覇、2012年2月

玉城雅史宮本隆司上田孝文、吉田礼徳:Rotating platform型人工膝関節後にBearingがSpinoutした2例。 第42回日本人工関節学会、那覇、2012年2月

玉城雅史、上田譲、中井隆彰、中村俊之、毛利年一、中井毅:人工膝関節置換術後に膝蓋骨骨折を生じ治療に難渋した一例。第116回中部日本整形外科・災害外科学会、高知、2011年4月

宮本隆司:Indication Antero-medial-OA & Other indication.  Oxford Partial Knee Master Course Western Japan、福岡、2011年4月

宮本隆司:Primaryで使用するConstrained Knee Implant.  Constrained Knee Seminar、東京、2011年11月

宮本隆司:General Surgigal Technique -TKA Approach-.  Biomet Hip & Knee Joint Symposium -KNEE Course-、東京、2011年12月

PAGE TOP

(脊椎外科)

Aono H, Tobimatsu H, Kuroda M, Furuya M, Ariga K, Ueda T.Short-segment pedicle instrumentation by indirect reduction without vertebroplasty for thoracolumbar burst fractures. 37th American spinal injury association, Washington DC, USA, 2011年6月

Tobimatsu H, Aono H, Kuroda M, Furuya M, Ueda T.Pedicle screw fixation by indirect reduction without vertebroplasty for thoracolumbar burst fractures.38th International Society for the Study of the Lumbar Spine, Gothenburg, Sweden, 2011年6月

飛松秀和青野博之黒田昌之古家雅之上田孝文:広範囲後方除圧固定術術後深部感染に対し持続灌流術が奏功した一例。第20回日本脊椎インストゥルメンテーション学会、久留米、2011年10月

青野博之:胸腰椎破裂骨折に対するShort segment temporary fixation. 第39回大阪脊椎フォーラム、大阪、2011年、7月


PAGE TOP

(小児整形)

中瀬尚長、北野元裕上田孝文、樋口周久、吉川秀樹、濱田雅之、廣島和夫:複雑足部変形に対する足根骨3次元延長による治療経験。第25回日本創外固定・骨延長学会、東京、2012年1月

今嶋由香理北野元裕榮森景子上田孝文:大腿骨遠位骨端線早期閉鎖により脚短縮と外反膝を呈した1例。第48回近畿小児整形外科懇話会、大阪、2011年8月

今嶋由香理北野元裕上田孝文:被虐待児症候群と鑑別が困難であった骨系統疾疾患の2例。第49回近畿小児整形外科懇話会、大阪、2012年2月

北野元裕:乳幼児の骨折と虐待について。 第10回子ども虐待支援検討会、大阪、2011年6月

PAGE TOP
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.