診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター
2012  講演・発表
 

(骨・軟部腫瘍)

Myoui A, Murase T, Fujimoto T, Honda H, Hashimoto N, Tamai N, Takenaka S, Ueda T, Kakunaga S, Ezoe S, Shimokawa T, Ohgushi H, Yoshikawa H.A prospective clinical study to evaluate the safety and efficacy of autologous marrow-derived mesenchymal cells integrated with porous ceramics scaffold for bone deferect after bone tumor removal.11th International Society for Stem Cell Research, Yokohama, Japan, 2012年6月

Kakunaga S,Ueda T, Takenaka S, Oshima K, Hamada K, Joyama S, Hashimoto N, Naka N,Myoui A, Kudawara I, Araki N, Aoki Y, Yoshikawa H .Clinical outcome of surface osteosarcoma: A single institutional study.17th Connective Tissue Oncology Society,Prague, Czech,2012年11月

Takenaka S, Hashimoto N, Naka N, Obata H, Joyama S, Hamada K, Kakunaga S,Aoki Y, Ueda T, Araki N, Yoshikawa H .Different prognostic outcome between skeletal and extraskeletal Ewing sarcoma: A single institutional study.17th Connective Tissue Oncology Society, Prague, Czech,2012年11月

上田孝文:腫瘍用人工関節を用いた患肢温存術。 第85回日本整形外科学会学術集会、京都、2012年5月

上田孝文:関西地区における骨・軟部腫瘍領域の病診・病病連携の現状と今後の展望。 第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、東京、2012年7月

角永茂樹上田孝文、竹中聡、大島和也、濱田健一郎、城山晋、橋本伸之、中紀文、名井陽、久田原郁夫、荒木信人、青木康彰、吉川秀樹:表在性骨肉腫の治療成績。第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、東京、2012年7月

竹中聡、橋本伸之、名井陽、荒木信人、城山晋、濱田健一郎、大島和也、角永茂樹、青木康彰、上田孝文久田原郁夫、小畠秀人、中紀文、吉川秀樹:Ewing肉腫ファミリー腫瘍の治療成績。第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、東京、2012年7月

上田孝文:悪性軟部腫瘍の治療最前線「新薬Votrient錠の有効性・安全性」。 GSKプレスカンファレンス、東京、2013年1月

上田孝文:骨・軟部腫瘍に対する手術療法の変遷-30年の経験を振り返って-。 第1回三重骨軟部腫瘍研究会、津、2013年3月

宮本直角永茂樹久田原郁夫上田孝文:踵部軟部腫瘍の1例。 第133回関西骨軟部腫瘍研究会、大阪、2012年11月

上田孝文:軟部腫瘍の診断の要点とピットフォール。 第8回なにわ皮膚腫瘍・皮膚疾患勉強会、大阪、2012年4月

上田孝文:骨・軟部腫瘍の診断におけるポイントとピットフォール。 第8回兵庫医科大学整形外科セミナー、大阪、2012年4月

上田孝文:正しい骨・軟部腫瘍診断のためのコツ。 第8回東北地区骨軟部腫瘍研究会、盛岡、2012年

角永茂樹:骨巨細胞腫の骨吸収阻害剤による新しい治療の展望。第24回中之島リウマチセミナー
、大阪、2012年12月

 


PAGE TOP

(股関節外科)

Nakahara I,Miki H, Takao M, Sakai T, Nishii T, Sugano N.Combination of pelvic and femoral coordinate system for the optimal hip joint neutral position.9th Asian Society for Computer Assisted Orthopaedic Surgery,Seoul, South Korea,2012年6月

Nakahara I,Takao M, Bertollo N, Walsh WR, Kisanuki K, Bandoh S,Sugano N.In vivo fixation of carbon fiber-reinforced PEEK hip stems in an ovine model.25th International Society for Technology in Arthroplasty,Sydney, Australia, 2012年10月

三木 秀宣:脱臼しない人工股関節全置換術のためのインプラントの選択と設置目標。 第85回日本整形外科学会学術集会、京都、2012年5月

三木 秀宣、田村 理、菅野 伸彦:光学式運動解析  人工股関節脱臼防止への利用。 第39回日本股関節学会、新潟、2012年12月

三木秀宣:術後骨盤後傾に伴うエッジローディングやインピンジメントの回避を考慮にいれたカップ術前計画。 第43回日本人工関節学会、京都、2013年2月

中原一郎三木秀宣:CT-based navigation systemの位置センサ精度の違いがインプラント設置に及ぼす影響。第21回日本コンピュータ外科学会、徳島、2012年11月

中原一郎、高尾正樹、坂井孝司、西井孝、吉川秀樹、板東 舜一、木佐貫児島、菅野伸彦:炭素繊維強化PEEK製セメントレスカップの生体内固定評価。第27回日本整形外科学会基礎学術集会、名古屋、2012年10月

中原一郎許太如三木秀宣:CT-based navigation systemの位置センサ精度の違いがインプラント設置に及ぼす影響。 第39回日本股関節学会、新潟、2012年12月

許太如三木秀宣中原一郎:ナビゲーション使用THAの術後評価におけるVolume registration法の精度検証。 第39回日本股関節学会、新潟、2012年12月

三木秀宣許太如中原一郎:術後骨盤後傾に伴うエッジローディングやインピンジメント回避を考慮にいれたTHA至適カップ設置シミュレーション。第7回日本CAOS研究会、松山、2013年3月

三木秀宣許太如中原一郎:人工股関節全置換術後インプラント設置角度評価における基準骨座標系設定方法の精度への影響。第7回日本CAOS研究会、松山、2013年3月

三木秀宣、高尾正樹、坂井孝司、西井孝、菅野伸彦:CentPillarステムのコンセプトと臨床成績。第119回中部日本整形外科・災害外科学会、福井、2012年10月

中原一郎三木秀宣:HIV患者に発生したION症例。第32回関西股関節研究会、大阪、2012年4月

黒田泰生、高尾正樹:小児急性リンパ性白血病の 維持療法中に発症したION症例。第32回関西股関節研究会、大阪、2012年4月

中原一郎三木秀宣:大骨頭径Metal on metal THA後に巨大水腫を認めた一例。第33回関西股関節研究会、大阪、2012年10月

中原一郎、板東舜一、木佐貫児島、高尾正樹、吉川秀樹、菅野伸彦:炭素繊維強化PEEKによる全非金属セメントレス人工股関節ステムの開発。第32回整形外科学バイオマテリアル研究会、東京、2012年12月

三木秀宣:術前術後の骨盤傾斜の変化とインプラントの選択。StrykerTHAセミナー、大阪、2012年6月

三木秀宣:術前術後の骨盤傾斜の変化とインプラントの選択。StrykerTHAセミナー、東京、2012年7月

三木秀宣:CT-Based Hip Navigation 術前計画、術前操作のテクニックとピットホール。 Stryker CT-based Hip Navigation Seminar、大阪、2012年7月

三木秀宣:股関節症と脚長差(足の長さの違い)。 よみうり・健康づくり市民の集い、大阪、2012年11月

PAGE TOP

(膝関節外科)

Miyamoto T. Oxford UKA Surgical Technique, Clinical Results, Indication.Pacific Rim Orthopaedic Symposium, Bangkok, Thailand, 2012年9月

Tamaki M, Miyamoto T, Ueda T.The Posterior Condyle Thickness of Femoral Component in High-Flexion Posterior Stabilized Total Knee Arthroplasty Affected the Extension and Flexion Gap.25th International Society for Technology in Arthroplasty,Sydney, Australia, 2012年10月

宮本隆司玉城雅史上田孝文:当科におけるUKA後の再置換術。 第40回日本関節病学会、鹿児島、2012年11月

宮本隆司玉城雅史上田孝文:MIS TKAにおける軟部組織にかかる張力の検討―Trivector retaining approachとMidvastus approachを比較して―。 第43回日本人工関節学会、京都、2013年2月

宮本隆司玉城雅史上田孝文:当科におけるUKAの治療成績。 第43回日本人工関節学会、京都、2013年2月

玉城雅史宮本隆司、冨田哲也、椚座康夫、菅本一臣:内反型変形性膝関節症の3次元解析。 第43回日本人工関節学会、京都、2013年2月

宮本隆司:関節再建コース UKA(実技).  JOSKASセミナー、沖縄、2012年7月

宮本隆司:Primaryで使用するConstrained Knee Implant.  Zimmer Constrained Knee Seminar、仙台、2012年4月

宮本隆司:Indications - Antero-Medial Osteoarthritis.  Oxford Partial Knee Instructional Course、札幌、2012年9月

宮本隆司:Indication of Oxford Fix for Medial OA.  Oxford Partial Knee Master Course、札幌、2012年9月

宮本隆司:Update: Metal Ionic Analysis Before and After Total Knee Arthroplasty Using Cobalt-Chrome and OXINIUM Femoral Componant.  Smith&Nephew Japan Hip & Knee Users Forum、宮崎、2012年9月

宮本隆司:Primaryで使用するConstrained Knee Implant.  Zimmer Constrained Knee Seminar、名古屋、2012年11月

宮本隆司:Knack and Pitfall of MIS TKA.   PS Mobile Bearing MIS TKA Pre-Recorded Seminar
、大阪、2012年11月

宮本隆司:中高年によくみられる膝関節疾患の特徴と治療法 診断法、保存治療から最新の手術治療まで。 大阪市東医師会「学術講演会」、大阪、2011年11月

 

 


PAGE TOP

(脊椎外科)

Aono H, Ohwada T, Tobimatsu H, Kuroda M, Okuda S, Iwasaki M.Neurological outcome for infectious vertebral osteomyelitis with severe paralysis.Eurospine 2012, Amsterdam, Netherlands, 2012年5月

Nagamoto Y, Iwasaki M, Fujimori T, Kashii M, Yoshikawa H, Sugamoto K.in vivo 3-dimensional kinematic change of the cervical spine after laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy. Eurospine 2012, Amsterdam, Netherlands, 2012年5月

Sugiura T, Nagamoto Y, Matsuo Y, Fujimori T, Kashii M, Sugamoto K, Iwasaki M.In-vivo three-dimensional kinematics of the occipitocervical junction in patients with rheumatoid arthritis during head rotation.Eurospine 2012, Amsterdam, Netherlands, 2012年5月

Kashii M, Yamazaki R, Yamashita T, Okuda S, Fujimori T, Nagamoto Y, Tamura Y, Oda T, Ohwada T, Yoshikawa H, Iwasaki M.Surgical treatment for osteoprotiuc vertebral collapse with neurological defects-comparison among three procedure anterior surgery versus posterior spinal shortening osteotomy versus posterior spinal fusion using vertebroplasty.Eurospine 2012, Amsterdam, Netherlands, 2012年5月

Kashii M, Yamazaki R, Yamashita T, Okuda S, Fujimori T, Nagamoto Y, Tamura Y, Oda T, Ohwada T, Yoshikawa H, Iwasaki M.Prognostic factors affecting postoperative activities of daily living in patients with osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits. Eurospine 2012, Amsterdam, Netherlands, 2012年5月

長本行隆北野元裕飛松秀和青野博之今嶋由香理、田村大資、上田孝文、岩崎幹季、川端秀彦:脊髄髄膜瘤に伴う高度脊柱後弯に対し後弯部切除術を行った6例。 第23回日本小児整形外科学会、福岡、2012年11月

小出周二青野博之角永茂樹久田原郁夫上田孝文:腰椎硬膜外に発生したprimary amyloidomaにより馬尾症状を呈した1例。第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、東京、2012年7月

長本行隆、岩崎幹季、藤森孝人、柏井将文、松尾庸平、杉浦剛、村瀬剛、菅本一臣:3次元光造形カスタムガイドを用いたS2 alar iliac screwの設置の試み。第41回日本脊椎脊髄病学会、久留米、2012年4月

長本行隆、岩崎幹季、藤森孝人、柏井将文、松尾庸平、杉浦剛、村瀬剛、菅本一臣:脊椎由来の慢性疼痛に対するプレガバリンの使用経験。第41回日本脊椎脊髄病学会、久留米、2012年4月

飛松秀和青野博之、黒田昌之、小出周二、有賀健太、上田孝文:Surgical results of osteoporotic vertebral collapse with posterior instrumentation and vertebroplasty using hydroxyapatite blocks。第19回日本脊椎・脊髄神経手技学会、八戸、2012年9月

飛松秀和青野博之、小出周二、北口和真、黒田昌之、上田孝文:麻痺や高度の疼痛を来した転移性脊椎腫瘍の手術成績。第47回日本脊髄障害医学会、静岡、2012年10月

青野博之:脊椎除圧術後血腫 −術式による血腫除去術の頻度−. 第41回大阪脊椎フォーラム、大阪、2012年、7月

長本行隆:脊椎関連疼痛に対するリリカ・トラムセットの使用経験。第1回若手脊椎外科痛みを考える会、大阪、2012年8月

 


PAGE TOP

(小児整形)

今嶋由香理北野元裕上田孝文:発育性股関節脱臼治療後のペルテス様変化の検討。第23回日本小児整形外科学会、福岡、2012年11月

今嶋由香理:第7回前期Murakami-Sano-Sakamaki Asia Visiting Fellowship報告。第23回日本小児整形外科学会、福岡、2012年11月

中瀬尚長、安井夏生、廣島和夫、北野元裕:化膿性股関節炎後骨頭消失型関節症に対するイリザロフヒップ法の臨床経過 術後9年及び13年経過例の報告。第23回日本小児整形外科学会、福岡、2012年11月

宮本直北野元裕:踵骨骨折後変形癒合に対し Ilizarov創外固定器を用いた治療経験。第26回日本創外固定・骨延長学会、長崎、2013年3月

坂井勇介北野元裕上田孝文:舟状骨骨折後偽関節により生じた高度外反扁平足の1例。 第46回大阪骨折研究会、大阪、2012年12月

北野元裕:両足距舟関節に生じたインピンジメント症候群の2例。第44回大阪整形外科症例検討会、大阪、2013年1月

北野元裕今嶋由香理上田孝文:骨延長手術における創外固定から内固定への変換の小経験。第50回近畿小児整形外科懇話会、大阪、2012年8月

PAGE TOP
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.