診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター

2013  講演・発表

B-2

Miyamoto T, Tamaki M, Ueda T. Knack & Pitfall of the MIS TKA.  International Congress for Joint Reconstruction, Fukuoka, 2013年4月
Aono H, Ohwada T, Tobimatsu H, Nagamoto Y, Okuda S, Suzuki S, Fuji T, Iwasaki M. Pyogenic spondylitis caused by Staphylococcus aureus. International Society for The Advancement of spine surgery, Vancouver, Canada, 2013年4月
Ueda T. Nationwide Collaboration of Sarcoma Research in Japan. Seoul Sarcoma Symposium 2013, Seoul, South Korea, 2013年5月
Aono H, Nagamoto Y, Tobimatsu H, Iwasaki M. Surgical Results of Painless Foot Drop Caused by Degenerative Lumbar Diseases. 40th Annual Meeting of the International Society for the Study of the Lumbar Spine, Scottsdale, USA, 2013年5月
Nakahara I, Takao M, Bertollo N, Walsh WR, Bandoh S, Sugano N. In Vivo Implant Fixation of Carbon Fiber-Reinforced PEEK Acetabular Cups in an Ovine Model. 12th Congres AFJO 2013 Association France-Japon d'Orthopedie, Kyoto, 2013年5月
Iwamoto K, Shi K, Tomita T, Yamazaki T, Futai K, Kunugiza Y, Yoshikawa H, Sugamoto K. In vivo kinematics of three-component mobile-bearing total ankle replacement for rheumatoid arthritis during non-weight bearing plantar flextion/dorsi flextion. The european league against rheumatism, Madrid, Spain, 2013年6月
Imajima Y, Kitano M, Ueda T. Intramedullary fixation using Kirschner wires in children with osteogenesis imperfect. 9th APOA Paediatric Section Congress, Kuching,Malaysia, 2013年8月
Nakamura T, Matsumine A, Uchida A, Kawai A, Nishida Y, Kunisada T, Araki N, Sugiura H, Ueda T, Sudo A. Clinical Outcome of the KLS Total Knee System after the resection of bone sarcomas of the distal part of the femur: Japanese Musculoskeletal Oncology Group (JMOG) Study. 17th International Society of Limb Salvage (ISOLS), Bologna, Italy, 2013年9月
Hayashi K, Iwata S, Ogose A, Kawai A, Ueda T, Yamada S, Inatani H, Takeuchi A, Nishida H, Shirai T, Yamamoto N, Ysuchiya H, Otsuka T. Multicenter study of functional outcomes after scaplectomy and reconstruction in Japanese Musculoskeletal Oncology Group. 17th International Society of Limb Salvage (ISOLS), Bologna, Italy, 2013年9月
Kakunaga S, Ueda T, Otani H, Takenaka S, Oshima K, Hamada K, Joyama S, Naka N, Kudawara I, Araki N, Aoki Y, Yoshikawa H. Outcome of extendable prosthesis in children with bone sarcoma: A single institutional Study. 17th International Society of Limb Salvage (ISOLS), Bologna, Italy, 2013年9月
Yonemori K, Ueda T, Sugiura H, Kawai A, Ando M. Phase I and Pharmacokinetic study of Trabectedin in Japanese patients with soft tissue sarcoma. European Cancer Congress (ECC) 2013 Meeting, Amsterdam, Netherlands, 2013年9月
Takenaka S, Demizu Y, Kuratsu S, Naka N, Aoki Y, Kakunaga S, Araki N, Fuwa N, Yoshikawa H. Radiotherapy using carbon ions or protons for maignant spine tumors. 18th Connective Tissue Oncology Society (CTOS) Annual Meeting, New York, USA, 2013年10月
Wakamatsu T, Naka N, Sasagawa S, Tanaka T, Takenaka S, Araki N, Ueda T, Yoshioka K, Nishizawa Y, Yoshikawa H. VEGF signal axis is a potential therapeutic molecular target for synovial sarcoma. 18th Connective Tissue Oncology Society (CTOS) Annual Meeting, New York, USA, 2013年10月
Kakunaga S, Ueda T, Takenaka S, Oshima K, Joyama S, Kudawara I, Araki N, Yoshikawa H. Administration of high-dose methotrexate without pretherapy hydration. 18th Connective Tissue Oncology Society (CTOS) Annual Meeting, New York, USA, 2013年10月
Aono H, Tobimatsu H, Nagamoto Y. Temporary pedicle screw fixation without augmentation for thoracolumbar burst fractures. Eurospine 2013, Liverpool, UK, 2013年10月
Nagamoto Y, Aono H, Tobimatsu H, Imajima Y, Kitano M. Is the kyphectomy for myelomeningocele beneficial? Eurospine 2013, Liverpool, UK, 2013年10月
Tamaki M, Miyamoto T, Ueda T. The posterior condyle thickness of femoral component in high-flexion posterior stabilized total knee arthroplasty affected the extension and flexion gap. 8th Combined meeting of orthopaedic research society, Venice, Italy, 2013年10月
Iwamoto K, Tomita T, Yamazaki T, Sasaki A, Kii Y, Futai K, Miyamoto T, Fujii M, Yoshikawa H, Sugamoto K. Comparison of in vivo kinematics of total knee arthroplasty between cruciate retaining and condylar stabilized insert. 8th Combined meeting of orthopaedic research society, Venice, Italy, 2013年10月
Iwamoto K, Tomita T, Yamazaki T, Sasaki A, Kii Y, Futai K, Miyamoto T, Fujii M, Yoshikawa H, Sugamoto K. In vivo kinematics of the mobile bearing PFC Sigma rotating platform cruciate retaining total knee arthroplasty. 8th Combined meeting of orthopaedic research society, Venice, Italy, 2013年10月
Ueda T, Nakai T, Kakunaga S, Kudawara I, Konishi E, Mano M. Case Conference “Case 15: A case of 22-year-old female with left distal femoral bone tumor”. The 2nd Japan-Korea musculoskeletal oncology forum, Tokyo, 2014年2月
Nakahara I, Takao M, Bandoh S, Sugano N. Fixation strength of taper connection at head-neck junction in retrieved carbon fiber-reinforced polyetheretherketone hip stems. 60th Annual meeting of the orthopaedic research society, New Orleans, USA, 2014年3月

B-3

宮本隆司:Oxford Surgical Technique. 第86回日本整形外科学会学術集会 ブースレクチャー、広島、2013年5月
三木秀宣:Modular Neck Systemの効果と適応。 第40回日本股関節学会 ランチョンセミナー、広島、2013年11月
三木秀宣:ナビゲーションTHAの基礎と実際。 第8回日本CAOS研究会、横浜、2014年3月

B-4

青野博之長本行隆飛松秀和、岩崎幹季:腰椎変性疾患による下肢痛を伴わない下垂足の手術成績。第42回日本脊椎脊髄病学会、那覇、2013年4月
長本行隆飛松秀和青野博之、岩崎幹季:3次元的設置評価法を用いたS2 alar iliac screwの至適設置の検討。第42回日本脊椎脊髄病学会、那覇、2013年4月
飛松秀和青野博之、黒田昌之、長本行隆:脊椎腹臥位手術における大腿外側皮神経刺激症状の発生頻度に関する前向き調査。第42回日本脊椎脊髄病学会、那覇、2013年4月
杉浦剛、長本行隆、松尾庸平、柏井将文、 海渡貴司、岩ア幹季、菅本一臣:リウマチ頚椎の動態および形態変化の検討。第42回日本脊椎脊髄病学会、那覇、2013年4月
松尾庸平、 海渡貴司、長本行隆、杉浦剛、 柏井将文、岩ア幹季、菅本一臣:椎弓・椎間関節の水平化は腰椎変性すべり症の危険因子か?−3次元形態計測による検討‐。第42回日本脊椎脊髄病学会、那覇、2013年4月
柏井将文、藤森孝人、長本行隆、松尾庸平、杉浦剛、本田博嗣、海渡貴司、岩ア幹季:後縦靱帯骨化症患者における血中sclerostin濃度と骨代謝。 第42回日本脊椎脊髄病学会、那覇、2013年4月
武中章太、 海渡貴司、細野昇、三輪俊格、小田剛紀 、奥田真也、 山下智也、 大島和也、有賀健太、浅野雅敏、淵矢剛司、黒田有佑、長本行隆、牧野考洋、山崎良二、米延策雄:胸髄症において術前症候より障害高位は推定可能か?第42回日本脊椎脊髄病学会、那覇、2013年4月
柏井将文、藤森孝人、長本行隆、松尾庸平、杉浦剛、本田博嗣、海渡貴司、岩ア幹季:ビスフォスフォネート剤術前投与は筋原性側弯症患児の椎体骨強度を改善する。 第42回日本脊椎脊髄病学会、那覇、2013年4月
森井健司、森岡秀夫、上田孝文、荒木信人、橋本伸之、川井章、竹内克仁、穴澤卯圭:腫瘍型人工膝関節における深部感染の患肢機能への影響。第86回日本整形外科学会学術集会、広島、2013年5月
青野博之飛松秀和長本行隆、黒田昌之、有賀健太、上田孝文:胸腰椎破裂骨折に対する一時的後方単独固定術の手術成績。第86回日本整形外科学会学術集会、広島、2013年5月
中原一郎、中村宣雄、三木秀宣、高尾正樹、坂井孝司、西井孝、菅野伸彦:若年者(50歳以下)に対してLongevity高度架橋ポリエチレンを使用した人工股関節全置換術の10年成績。第86回日本整形外科学会学術集会、広島、2013年5月
北野元裕今嶋由香理上田孝文:DDHに対する観血的整復術(前方進入法)の成績とその適応、限界について。 第52回日本小児股関節研究会、神戸、2013年6月
今嶋由香理北野元裕上田孝文:診断に難渋している股関節痛の1例。 第52回日本小児股関節研究会、神戸、2013年6月
岩本圭史、冨田哲也、山崎隆治、松本和、八木知徳、二井数馬、椚座康夫、吉川秀樹、菅本一臣:生体内3次元動態解析からみたmobile型LCS人工膝関節におけるインサート間の比較。第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、札幌、2013年6月
宮村聡、栗山幸治、中瀬尚長、濱田雅之:高齢者大腿骨遠位部骨折の治療経験。 第39回日本骨折治療学会、久留米、2013年6月
上田孝文角永茂樹久田原郁夫、中紀文、荒木信人、吉川秀樹:腫瘍用人工関節再置換術の際の要点。第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、東京、2013年7月
家口尚、星学、高田潤、大戎直人、中村博亮、日高典昭、青野勝成、久田原郁夫:膝周囲骨肉腫患者における関節包内・外切除症例の検討。 第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、東京、2013年7月
釜谷崇志青野博之角永茂樹飛松秀和長本行隆久田原郁夫上田孝文:腰椎神経根に発生したmelanotic schwannomaの1例。第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、東京、2013年7月
濱田健一郎、中紀文、王谷英達、田中大晶、竹中聡、大島和也、角永茂樹、城山晋、名井陽、倉都滋之、久田原郁夫、荒木信人、上田孝文、青木康彰、吉川秀樹:Post radiation sarcomaの治療成績。第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、東京、2013年7月
長本行隆飛松秀和青野博之、岩崎幹季:Cobb角30°以上の高度脊柱変形における慢性難治性疼痛に対するトラムセットの効果。 第47回日本側彎症学会、高知、2013年10月
中原一郎、高尾正樹、坂井孝司、西井孝、板東舜一、菅野伸彦:炭素繊維強化複合材ステムのネックテーパー評価。第28回日本整形外科学会基礎学術集会、幕張、2013年10月
松尾庸平、海渡貴司、長本行隆、杉浦剛、古家雅之、森本時光、藤森孝人、本田博嗣、柏井将文、岩崎幹季、菅本一臣、吉川秀樹:椎弓・椎間関節の水平化は腰椎すべりの危険因子か  3D形態計測による検討。第28回日本整形外科学会基礎学術集会、幕張、2013年10月
宮村聡青野博之長本行隆飛松秀和上田孝文:胸腰椎移行部における前方再手術の2経験。第22回日本脊椎インストゥルメンテーション学会、高知、2013年10月
釜谷崇志青野博之飛松秀和長本行隆:手術施行困難例に生じたC4椎体すべりによる上肢麻痺に対してハローベスト固定が奏功した1例。第48回日本脊髄障害医学会、福岡、2013年11月
飛松秀和青野博之長本行隆:咽後膿瘍から頚部硬膜外膿瘍を来し重篤な麻痺を呈した3例。第48回日本脊髄障害医学会、福岡、2013年11月
黒田泰生中原一郎三木秀宣:ナビゲーション THA症例における術前骨盤傾斜と臨床成績。 第40回日本股関節学会、広島、2013年11月
中原一郎黒田泰生、西原俊作、坂井孝司、李勝博、大園健二、三木秀宣:ANCA-FITを使用したセラミックオンセラミックTHAで摺動面に問題をきたした症例の検討。 第40回日本股関節学会、広島、2013年11月
岩本圭史、冨田哲也、山崎隆治、佐々木央子、木井 雄一郎、二井数馬、吉川秀樹、菅本一臣:Single Radius型人工膝関節の生体内動態解析。第40回日本臨床バイオメカニクス学会、神戸、2013年11月
北野元裕今嶋由香理上田孝文:骨形成不全症における髄内釘固定後の大腿骨骨折についての検討。第25回日本整形外科学会骨系統疾患研究会、横浜、2013年11月
今嶋由香理北野元裕上田孝文:Intramedullary fixation usong Kirschner wires in children with osteogenesis imperfect. 第24回日本小児整形外科学会、横浜、2013年11月
玉城雅史、宮本隆司、富田哲也、菅本一臣、上田孝文:外反型変形性膝関節症の3次元評価。 第44回日本人工関節学会、那覇、2014年2月
中原一郎黒田泰生三木秀宣:ナビゲーションを併用したメタルオンメタル人工股関節全置換術における摺動部周囲反応性病変スクリーニング。第44回日本人工関節学会、那覇、2014年2月
黒田泰生中原一郎三木秀宣:Profemur TLステムを用いたモジュラーネックの前後捻評価。第44回日本人工関節学会、那覇、2014年2月
岩本圭史、冨田哲也、山崎隆治、木井 雄一郎、二井数馬、吉川秀樹、菅本一臣:Mobile bearing 型PFC Sigma RP-CR 人工膝関節の生体内動態解析。第44回日本人工関節学会、那覇、2014年2月
木井 雄一郎、冨田哲也、山崎隆治、岩本圭史、二井数馬、吉川秀樹、菅本一臣:Single radius TKA の階段昇降動作の3 次元動態解析―後十字靭帯温存(CR)型TKAと後十字靭帯代償(PS)型TKA の比較―。第44回日本人工関節学会、那覇、2014年2月

B-5

上田孝文:骨・軟部腫瘍に対する治療の進歩と最前線-小児例を中心に-。第253回東大阪臨床整形外科医会研修会,大阪,2013年6月
宮本隆司:TKA手術の理論の確認とMIS手技の注意点・工夫点。 第36回東北膝関節研究会、仙台,2013年7月
飛松秀和:当院における胸腰椎外傷の治療経験。第43回大阪脊椎外科フォーラム、大阪,2013年7月
上田孝文:教育研修講演「骨・軟部腫瘍を正しく診断するための要点」、第46回中国・四国整形外科学会、高松、2013年10月
長本行隆:脊椎由来の痛みに対するアプローチ。第1回大阪疼痛研究会、大阪、2013年11月
上田孝文:骨・軟部悪性腫瘍に対する集学的治療の進歩−小児骨肉腫を中心に−。第65回東海小児がん研究会、名古屋、2014年2月
岩本圭史:人工足関節置換術の生体内三次元動態解析。 第17回大阪リウマチ関節外科ゼミナール、大阪、2014年2月
宮本隆司:MIS TKA/UKAで知っておかなければならないこと、注意しなければならないこと。 第17回秋田県下肢の外科研究会、秋田、2014年3月

B-6

中原一郎黒田泰生三木秀宣:当科におけるMetal?on-Metal THAの成績。第35回関西股関節研究会、大阪、2013年4月
黒田泰生中原一郎三木秀宣:大骨頭径MoM THAにおいてARMDが疑われた1例。第35回関西股関節研究会、大阪、2013年4月
宮村聡、辻成佳、岩井貴男、中瀬尚長、濱田雅之:骨破壊を伴う慢性結節性痛風の3例。 第28回大阪リウマチカンファレンス、大阪、2013年4月
岩本圭史:動作解析からみた若年者へのTKA。 第5回人工関節を語る若手研究会、札幌、2013年6月
北野元裕今嶋由香理上田孝文:両足距舟関節に生じたインピンジメント症候群の2例。 第52回近畿小児整形外科懇話会、大阪、2013年7月
宮村聡北野元裕上田孝文:高度骨粗鬆症を伴う脛腓骨遠位端骨折の一例。 第45回大阪整形外科症例検討会、大阪、2013年8月
中井隆彰、島和也、外堀司、城山晋、橋本伸之、荒木信人:巨大デスモイドに対する当院の治療戦略。第121回中部整災学会.名古屋,2013年10月
王谷英達、田健一郎、中 紀文、荒木信人、上田孝文、吉川秀樹:骨盤原発軟骨肉腫の治療成績。第121回中部整災学会.名古屋,2013年10月
中井隆彰角永茂樹久田原郁夫上田孝文:左大腿骨遠位骨腫瘍の1例。 第136回関西骨軟部腫瘍研究会、大阪、2013年11月 
中原一郎黒田泰生三木秀宣:Chronic Expanding Hematomaの一例。 第36回関西股関節研究会、大阪、2013年12月
今嶋由香理北野元裕上田孝文:大腿骨頭すべり症が診断契機となった下垂体機能低下症の1例。 第53回近畿小児整形外科懇話会、大阪、2014年1月
久田原郁夫多田雄真角永茂樹上田孝文: 前後に軟部病変を伴った大腿骨骨肉腫。第137回関西骨軟部腫瘍研究会、大阪、2014年2月
岩本圭史、冨田哲也、山崎隆治、木井雄一郎、二井数馬、吉川秀樹、菅本一臣:CR Mobile型人工膝関節の生体内動態解析。第126回北海道整形災害外科学会、札幌、2014年2月
木井雄一郎、冨田哲也、山崎隆治、岩本圭史、二井数馬、吉川秀樹、菅本一臣:PS mobile型人工膝関節の階段昇降動作における生体内3次元解析。第126回北海道整形災害外科学会、札幌、2014年2月
久田原郁夫:旺盛な骨化を伴った下腿軟部腫瘍。第74回 関西SKR勉強会、大阪、2014年3月
中井隆彰北野元裕上田孝文:脛腓骨開放骨折に対して創外固定で加療中の一例。 第46回大阪整形外科症例検討会、大阪、2014年3月

B-8

三木秀宣:初回人工股関節手術を勧められる場合、時期について。第11回よみうり・健康づくり市民の集い、大阪、2013年4月
宮本隆司:Primaryで使用するConstrained Knee Implant.  Zimmer Constrained Knee Seminar、札幌、2013年7月
宮本隆司:Why I prefer Measured Resection.  Smith&Nephew Japan Hip & Knee Users Forum、東京、2013年7月
宮本隆司:Indications - Antero-Medial Osteoarthritis.  Oxford Partial Knee Instructional Course、東京、2013年8月
宮本隆司:Expected Tibial Cutting with using MP.  Oxford Partial Knee Master Course、東京、2013年8月
三木秀宣:Modular Neckの有用性。 WMJ HIPセミナー、札幌、2013年10月
宮本隆司:TKA・UKAのコツと注意点。 平成25年度秋季大阪整形外科生涯研修コース、大阪、2013年10月
宮本隆司: 「Gap を考慮した Measured Resection Technique」 に適した Attune System。  Attune Seminar、東京、2013年10月
宮本隆司:Primaryで使用するConstrained Knee Implant.  Zimmer Constrained Knee Seminar、福岡、2013年11月
岩本圭史:Single Radius Design (Triathlon)の動態解析。 Triathlon Seminar in Osaka、札幌、2013年12月
宮本隆司:TKA Crossfire - Mobile vs Fixed ? Fixed. Stryker Japan Hip&Knee Symposium、東京、2014年1月
宮本隆司: 「Gap を考慮した Measured Resection Technique」 に適した Attune System。  Attune Seminar in Osaka、大阪、2014年2月
宮本隆司: 「Gap を考慮した Measured Resection Technique」 に適した Attune System。  Attune Seminar、那覇、2014年2月
青野博之:脊柱管狭窄について。 大阪府鍼灸師会主催学術講習会、大阪、2014年、3月
三木秀宣:術前術後の骨盤傾斜の変化とインプラントの選択。Stryker Japan Hip&Knee Symposium、大阪、2014年3月
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.