診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター

2014  講演・発表

B-2

Aono HTobimatsu H, Nagamoto Y, Iwasaki M : Surgical outcomes for 2-level posterior lumbar interbody fusion (PLIF). 14th Annual meeting of International Society for the Advancement of Spinal Surgery, Miami, USA, 2014年4月
Nagamoto Y, Iwasaki M, Tobimatsu H, Aono H: Is the kyphectomy for myelomeningocele beneficial? 14th Annual meeting of International Society for the Advancement of Spinal Surgery, Miami,USA, 2014年4月
Nagamoto Y, Iwasaki M, Tobimatsu H, Aono H: A new technique of S2 alar iliac screw insertion using a custom-made surgical guide. 14th Annual meeting of International Society for the Advancement of Spinal Surgery, Miami,USA, 2014年4月
Tobimatsu H, Aono H, Nagamoto Y, Kuroda M; The incidence and the risk factors of injury to the lateral femoral cutaneous nerve(LFCN) after posterior spine surgery. 14th Annual meeting of International Society for the Advancement of Spinal Surgery, Miami,USA, 2014年4月
Iwamoto K, Tomita T, Yamazaki T, Kii Y, Futai K, Tamaki M, Miyamoto T, Sugamoto K ; In Vivo Kinematics of the Mobile-bearing Cruciate Retaining Total Knee Arthroplasty. 14th Computer Assisted Orthopaedic Surgery, Milan, Italy, 2014年6月
Takahashi S, Araki N, Sugiura H, Ueda T, Takahashi M, Morioka H, Yonemoto T, Hiraga H, Kunishida T, Matsumine A, Kawai A : A randomized phase II study comparing trabectedin (T) and best supportive care (BSC) in patients(pts) with translocation-related sarcomas (TRS). 50th ASCO Annual Meeting, Chicago, USA, 2014年6月
Miyamoto T : Primary Knee Arthroplasty - Lateral Uni. Pacific Rim Orthopaedic Symposium, Sapporo, Japan, 2014年7月
Miyamoto T : Managing Challenges in TKA - The Unstable Moderately Swollen Knee. Pacific Rim Orthopaedic Symposium, Sapporo, Japan, 2014年7月
Iwamoto K, Tomita T, Yamazaki T, Kii Y, Futai K, Tamaki M, Miyamoto T, Sugamoto K : In Vivo Kinematics of the Mobile-bearing Rotating Platform Cruciate-Retaining Total Knee, Arthroplasty International Congress for Joint Reconstruction, Kona, USA, 2014年7月
Miki H: Target angle of the cup in total hip arthroplasty. 27th International Society for Technology in Arthroplasty, Kyoto, Japan, 2014年9月
Tamaki M, Tomita T, Miyamoto T, Iwamoto K, Ueda T, Sugamoto K: Three Dimensional Analyses in Varus and Valgus Osteoarthritis of the Knee. 27th International Society for Technology in Arthroplasty, Kyoto, Japan, 2014年9月
Iwamoto K, Tomita T, Yamazaki T, Kii Y, Futai K, Tamaki M, Miyamoto T, Sugamoto K : In Vivo Kinematics of the Mobile-bearing Rotating Platform Cruciate-Retaining Total Knee Arthroplasty. 27th International Society for Technology in Arthroplasty, Kyoto, Japan, 2014年9月
Yonemoto T, Kawai A, Takahashi S, Araki N, Sugiura H, Ueda T, Takahashi M, Morioka H, Hiraga H, Hiruma T, Kunisada T, Matsumine A : Intra- and inter-patient comparison of efficacy between two phase II studies of trabectedin (T) in patients (pts) with translocation-related sarcomas (TRS); a randomized comparative study (study-C) and a single arm study (study-S), 9th ESMO 2014 Congress Meeting, Madrid, Spain, 2014年9月
Ueda T, Takahashi S, Araki N, Sugiura H, Yonemoto T, Takahashi M, Morioka H, Hiraga H, Hiruma T, Kunisada T, Matsumine A, Tanase T, Kawai A : Stratified efficacy analysis and pharmacokinetic analysis of Trabectedin from a randamized phase II study comparing Trabectedin and best supportive care in patients with translocation-related sarcomas. 19th Connective Tissue Oncology Society Annual Meeting, Berlin, Germany, 2014年10月
Kakunaga S, Morioka H, Nishida Y, Tsuchiya H, Matsumine Y, Yoneda T, Ueda T : Result of a phase II trial of denosumab for patients with giant cell tumor of bone. 19th Connective Tissue Oncology Society Annual Meeting, Berlin, Germany, 2014年10月
Kakunaga S, Nakai T, Hamada K, Naka N , Kudawara I, Ueda T, Aoki Y, Yoshikawa H : Clinical outcome of low-grade central osteosarcoma: a single institutional experience. 19th Connective Tissue Oncology Society Annual Meeting, Berlin, Germany, 2014年10月
Hamada K, Naka N, Wakamatsu T, Outani H, Takenaka S, Ohshima K, Sotobori T, Kakunaga S, Joyama S, Obata H, Myoui A, Kuratsu S, Araki N, Ueda T, Yoshikawa H : Clinival results of post radiation sarcoma, 19th Connective Tissue Oncology Society Annual Meeting, Berlin, Germany, 2014年10月
Imajima Y, Kakunaga S, Kitano M, Kudawara I, Ueda T. I The efficacy of the penumbra sign for differentiating osteomyelitis from bone tumor in children. 10th Combined Congress of Spine & Pediatric Orthopedic Sections, Asia Pacific Orthopaedic Association (APOA), Pattaya, Thailand, 2014年10月
Nakai T, Kakunaga S, Hamada K, Naka N, Kudawara I, Aoki Y, Ueda T Yoshikawa H : Clinical outcome of low-grade central osteosarcoma: a single institutional experience. 10th Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society (APMSTS) Meeting, Melbourne, Australia, 2014年10月
Tada Y, Kakunaga S, Mizuno K, Ikeda H, Inoue N, Kudawara I, Ueda T; Clinical Feature and Prognosis of Primary Malignant Lymphoma of Bone: A Single-Institutional Experience from Japan. 10th Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society (APMSTS) Meeting, Melbourne, Australia, 2014年10月
Outani H, Hamada K, Naka N, Araki N, Ueda T, Yoshikaw H ; Clinical outcome of the pelvic chondrosarcomaincluding carbon ion radiation therapy. 10th Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society (APMSTS) Meeting, Melbourne, Australia, 2014年10月
Wakamatsu T, Naka N, Sasugawa S, Tanaka T, Araki N, Ueda T, Nishizawa Y, Yoshikawa H, Itoh K : VRGF siganl axis is a potential therapeutic molecular targetfor synovial sarcoma. 10th Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society (APMSTS) Meeting, Melbourne, Australia, 2014年10月
Imura Y, Outani H, Hamada K, Myoui A, Araki N, Ueda T, Itoh K, Yoshikawa H, Naka N : Potential Biomarker Predicting Sensitivities of Synovial Sarcoma Cells to a Selective c-MET Inhibitor, INC280. ORS 2015 Annual Meeting, Las Vegas, USA, 2015年3月

B-3

上田孝文;「病理から考える軟部腫瘍治療へのアプローチ」。第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 なにわ骨・軟部ベーシックセミナー、大阪、2014年7月
上田孝文;.腫瘍用人工関節の合併症とその対策。第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 ランチョンセミナー5、大阪、2014年7月

B-4

青野博之長本行隆飛松秀和、大和田哲雄、鈴木省三、奥田真也、冨士武史、岩崎幹季:高度麻痺を呈した化膿性脊椎炎の手術成績.  第43回日本脊椎脊髄病学会、京都、2014年4月
長本行隆飛松秀和青野博之:胸腰椎破裂骨折に対するligamentotaxisによる間接的整復固定術における整復椎体の3次元的形態評価.  第43回日本脊椎脊髄病学会、京都、2014年4月
石井崇、大井正悦、和田英路、長本行隆、本田博嗣、藤原啓恭、向井克容、 細野昇、米延策雄:回旋時における縦割式頸椎椎弓形成術後の椎弓の衝突.  第43回日本脊椎脊髄病学会、京都、2014年4月
柏井将文, 海渡貴司, 本田博嗣, 藤森孝人, 長本行隆, 牧野孝洋, 岩崎幹季:CTハンスフィールド値を用いた椎弓根スクリュー初期固定性の予測. 第43回日本脊椎脊髄病学会、京都、2014年4月
杉浦剛, 長本行隆, 松尾庸平, 牧野孝洋, 柏井将文, 海渡貴司, 岩崎幹季, 菅本一臣:リウマチ軸椎下頸椎の動態解析 頭部回旋時における生体内3次元動態解析を用いて. 第43回日本脊椎脊髄病学会、京都、2014年4月
荒木信人、内田淳正、中紀文、上田孝文、名井陽、倉都滋之、橋本伸之、城山晋、竹中聡、外堀司、大島和也、吉川秀樹:Long term results and current concept of intraoperative extracorporeal autogenous irradiated bone graft.  第87回日本整形外科学会学術集会、神戸、2014年5月
小倉浩一、松峯昭彦、石井猛、中紀文、上田孝文、内田淳正、川井章:悪性骨盤腫瘍に対する制御型人工関節の治療成績−骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)による多施設共同研究−。  第87回日本整形外科学会学術集会、神戸、2014年5月
前中貴博、尾崎律郎、水野直子、山本浩司:外傷性肩関節後方脱臼骨折の一例。第40回日本骨折治療学会、熊本、2014年6月
多田雄真小河原光正長谷川裕子久田原郁夫:単施設における原発不明がんの後方視的検討. 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会、福岡、2014年7月
中井隆彰角永茂樹久田原郁夫上田孝文、濱田健一郎、中紀文、吉川秀樹、青木康彰:当院におけるlow-grade central osteosarcomaの治療成績. 第47回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、大阪、2014年7月
濱田健一郎、中紀文、王谷英達、竹中聡、吉川秀樹、角永茂樹久田原郁夫上田孝文、大島和也、荒木信人、倉都滋之、藤本哲穂、外堀司、森茂樹、小畠秀人、青木康彰:12歳以下に生じた四肢原発骨肉腫の長期成績.  第47回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、大阪、2014年7月
王谷英達、西田佳弘、中紀文、竹中聡、名井陽、吉川秀樹、山田修太郎、大島和也、城山晋、外堀司 、荒木信人、角永茂樹久田原郁夫上田孝文:手原発軟部腫瘍の治療成績,第47回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、大阪、2014年7月
森岡秀夫、西田佳弘、角永茂樹、土屋弘行、松本嘉寛、米田俊之、上田孝文:日本人骨巨細胞腫患者を対象とした抗RANKL抗体デノスマブの第U相臨床試験 第1回データカットオフ時点での中間解析結果、第47回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、大阪、2014年7月
伊村慶紀、中紀文、安井広彦、王谷英達、濱田健一郎、名井陽、荒木信人、上田孝文、伊藤和幸、吉川秀樹:類上皮肉腫に対するmTOR阻害剤(RAD001)とMET阻害剤(INC280)の併用による抗腫瘍効果。第47回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、大阪、2014年7月
安井広彦、中紀文、伊村慶紀、王谷英達、金子恵子、濱田健一郎、荒木信人、上田孝文、伊藤和幸、名井陽、吉川秀樹:滑膜肉腫へのmTOR阻害剤の効果を予測するバイオマーカーの提案。第47回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、大阪、2014年7月
杉浦英志、高橋俊二、荒木信人、上田孝文、高橋満、森岡秀夫、米本司、平賀博明、比留間徹、国定俊之:染色体転座が報告されている組織型の悪性軟部腫瘍患者を対象にトラベクテジンとベストサポーティブケアを比較した第II相臨床試験。第47回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、大阪、2014年7月
竹中聡、矢舩順也、濱田真一、角永茂樹上田孝文、倉都滋之、:妊婦に発症した下腿粘液型脂肪肉腫の治療経験。第47回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、大阪、2014年7月
角永茂樹上田孝文中井隆彰、王谷英達、竹中聡、大島和也、濱田健一郎、外堀司、城山晋、中紀文、倉都滋之、久田原郁夫、荒木信人、青木康彰、吉川秀樹:四肢原発骨肉腫に対するOOS-D化学療法レジメンの治療成績。第52回日本癌治療学会、横浜、2014年8月
西田佳弘、森岡秀夫、角永茂樹、土屋弘行、松本嘉寛、米田俊之、上田孝文:日本人骨巨細胞腫患者を対象とした抗RANKL抗体デノスマブの第U相臨床試験。第52回日本癌治療学会、横浜、2014年8月
伊村慶紀、王谷英達、濱田健一郎、名井陽、荒木信人、上田孝文、伊藤和幸、吉川秀樹、中紀文:類上皮肉腫に対するmTORとc-METを標的とした抗腫瘍効果。第52回日本癌治療学会、横浜、2014年8月
長本行隆飛松秀和青野博之:強直脊椎に生じた脊椎骨折に対し手術を行った5例。 第49回日本脊髄障害学会、旭川、2014年9月
飛松秀和長本行隆青野博之:骨粗鬆症性椎体圧壊による麻痺に対する後方除圧無しの後方固定術の手術成績。 第49回日本脊髄障害学会、旭川、2014年9月
釜谷 崇志長本 行隆飛松 秀和青野 博之:L5分離すべり症に対するSRIを用いた腰椎矯正固定術における術後矢状面バランスの変化について。 第23回日本脊椎インストゥルメンテーション学会、浜松、2014年9月
飛松 秀和青野 博之釜谷 崇志長本 行隆:上位隣接椎間に開窓術を併施したPLIF(腰椎後方侵入椎体間固定術)の手術成績。  第23回日本脊椎インストゥルメンテーション学会、浜松、2014年9月
中原一郎黒田泰生三木秀宣:大骨頭メタルオンメタルTHA2機種の成績比較。 第41回日本股関節学会、東京、2014年10月
黒田泰生中原一郎三木秀宣:Tapered Wedge型ステムを使用したステム前捻精度評価。 第41回日本股関節学会、東京、2014年10月
岩本圭史、冨田哲也、山崎隆治、木井雄一郎、二井数馬、玉城雅史、吉川秀樹、菅本一臣:生体内3次元動態解析から見た人工膝関節置換術。第9回日本整形外科学会基礎学術集会、鹿児島、2014年10月
伊村慶紀、中紀文、安井広彦、王谷英達、濱田健一郎、名井陽、荒木信人、上田孝文、伊藤和幸、吉川秀樹:滑膜肉腫に対するMet阻害剤(INC280)の抗腫瘍効果とバイオマーカーの検索。第9回日本整形外科学会基礎学術集会、鹿児島、2014年10月
北野元裕今嶋由香理,榮森景子:麻痺性足部変形における凹足変形の治療。 第39回日本足の外科学会、宮崎、2014年10月
北野元裕今嶋由香理上田孝文:骨形成不全症のリモデリング不良部位を有する大腿骨の変形矯正骨切り術。第26回日本整形外科学会骨系統疾患研究会、浦安、2014年11月
今嶋由香理北野元裕角永茂樹久田原郁夫上田孝文:The efficacy of the penumbra sign for differentiating osteomyelitis from bone tumor in children. 第25回日本小児整形外科学会、浦安、2014年11月
中原一郎黒田泰生三木秀宣:CTベースドナビゲーションを使用した人工股関節再置換術のカップ設置精度検証。 第23回日本コンピューター外科学会、大阪、2014年11月
黒田泰生中原一郎三木秀宣:Tapered Wedge型ステムを使用したステム前捻精度評価。 第23回日本コンピューター外科学会、大阪、2014年11月
宮本隆司玉城雅史岩本圭史上田孝文:Gapを考慮したmeasured resection technique。 第45回日本人工関節学会、福岡、2015年2月
宮本隆司玉城雅史岩本圭史上田孝文:側副靭帯付着部を参照にしたepicondylar axis (ligament reference epicondylar axis)。 第45回日本人工関節学会、福岡、2015年2月
宮本隆司玉城雅史岩本圭史上田孝文:20°以上の重度内反膝に対するTKA。 第45回日本人工関節学会、福岡、2015年2月
玉城雅史宮本隆司岩本圭史上田孝文:人工膝関節置換術における周術期疼痛の経時的変化。 第45回日本人工関節学会、福岡、2015年2月
中原一郎黒田泰生三木秀宣:ナビゲーションを使用した後方アプローチTHA症例の成績調査。 第45回日本人工関節学会、福岡、2015年2月
黒田泰生中原一郎三木秀宣:Tapered Wedge型ステムを使用したステム前捻調整。 第45回日本人工関節学会、福岡、2015年2月

B-5

上田孝文;骨軟部腫瘍に対する外科的手術療法の変遷と進歩。第230回関東骨軟部腫瘍研究会、東京、2014年12月

B-6

釜谷崇志長本行隆飛松秀和青野博之:L5分離すべり症に対するSRIを用いた腰椎矯正固定術における術後矢状面バランスの変化について.  第122回中部日本整形外科災害外科学会、岡山、2014年4月
中原一郎黒田泰生三木秀宣:セラミックオンセラミックTHA再置換症例におけるインピンジメントの検討。関西股関節研究会、大阪、2014年4月
久田原郁夫:腸骨発生の胞巣状軟部肉腫。第75回関西SKR勉強会、大阪、2014年6月
北野元裕今嶋由香理上田孝文:骨形成不全症に生じた骨盤骨折の4例。第54回近畿小児整形外科懇話会、大阪、2014年7月
久田原郁夫:肋骨発生の骨巨細胞腫。第76回関西SKR勉強会、大阪、2014年9月
大澤薫代久田原郁夫角永茂樹上田孝文:再発胸壁軟部腫瘍の1例。第15回近畿骨軟部症例検討会,大阪、2014年10月
久田原郁夫:小児大腿軟部腫瘍の1例。第15回近畿骨軟部症例検討会,大阪、2014年10月
久田原郁夫:大腿骨膜性Ewing腫瘍に対する術中体外照射自家骨移植術後の治療経過。第15回近畿骨軟部症例検討会,大阪、2014年10月
久田原郁夫:甲状腺がん上腕骨遠位部に対するプレート固定後の人工関節置換術。第15回近畿骨軟部症例検討会,大阪、2014年10月
中原一郎黒田泰生三木秀宣:大骨頭メタルオンメタルTHA2機種の成績比較。関西股関節研究会、大阪、2014年10月
久田原郁夫:胸椎腫瘍の1例。第77回関西SKR勉強会、大阪、2014年11月
角永茂樹久田原郁夫上田孝文:右腸骨骨腫瘍の一例。第8回金沢骨軟部腫瘍セミナー,金沢、2014年12月
中原一郎黒田泰生三木秀宣:メタルオンメタルTHA後に Pelvic discontinuityを生じた1例。関西股関節研究会、大阪、2014年12月
黒田泰生中原一郎三木秀宣:THA術後に大転子骨折を起こした3例。関西股関節研究会、大阪、2014年12月
石橋輝哉玉城雅史宮本隆司角永茂樹上田孝文:高齢者膝関節周辺骨折・骨折後偽関節に対する腫瘍用人工膝関節置換術。第51回大阪骨折研究会、大阪、2014年12月
久田原郁夫角永茂樹上田孝文:後腹膜脂肪肉腫の1例。第140回関西骨軟部腫瘍研究会,大阪、2015年2月
中原一郎黒田泰生三木秀宣:ナビゲーションを使用した後方アプローチTHA症例の成績調査。関西股関節研究会、大阪、2015年2月
久田原郁夫:左鎖骨骨腫瘍。第78回関西SKR勉強会、大阪、2015年3月

B-8

宮本隆司:Gap を考慮した Measured Resection Technique - Attune Systemを用いて -。ATTUNE SEMINAR In Sendai、仙台、2014年4月
三木秀宣:モジュラ―ネックシステムの利点と懸念。HIP&KNEE PRODUCT INFORMATION (Micro Port Japan)、札幌、2014年6月
宮本隆司:A consideration about JOURNEYU insert fixation.  第2回JOURNEYU users meeting、広島、2014年7月
宮本隆司:Gap を考慮した Measured Resection Technique - Attune Systemを用いて -。JOSKASセミナー、広島、2014年7月
宮本隆司:Primaryで使用するConstrained Knee Implant.  Zimmer Constrained Knee Seminar、東京、2014年8月
宮本隆司:Indications - Antero-Medial Osteoarthritis.  Oxford Partial Knee Instructional Course、札幌、2014年8月
上田孝文;Session 2. RANMARK Topics−1.骨巨細胞腫。RANMARK Symposium 2014、東京、2014年9月
宮本隆司:Gap を考慮した Measured Resection Technique - Attune Systemを用いて -。  Wakayama Knee Seminar、和歌山、2014年9月
北野元裕:知っておくべき骨系統疾患。 平成26年度秋季大阪整形外科生涯研修コース、大阪、2014年11月
三木秀宣:人工股関節再置換術について。 よみうり・健康づくり市民の集い、大阪、2014年11月
宮本隆司: Crossfire-Gap を考慮した Measured Resection Technique。Smith & Nephew Japan Knee Users Forum、福岡、2014年11月
上田孝文;骨・軟部肉腫に対する多施設共同研究の歩みと今後の展望。第8回金沢骨軟部腫瘍セミナー、金沢、2014年12月
北野元裕:小児科医からのコンサルテーションが多い小児整形外科疾患について。池田市医師会小児科部会講演会、池田、2015年3月

B-9

上田孝文;第1回 悪性軟部腫瘍〜忘れられた、がん〜。m3.com MR君-エキスパートが語る特別講座「悪性軟部腫瘍」、(全国配信)、2014年5月
上田孝文;第2回 悪性軟部腫瘍の新しい分子標的治療薬〜ヴォトリエント〜。m3.com MR君-エキスパートが語る特別講座「悪性軟部腫瘍」、(全国配信)、2014年5月
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.