診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター

2016  講演・発表

B-1 国際学会(シンポジウム・特別講演等)

なし

B-2 国際学会(一般演題 口演発表業績区分)

Aono H, Ishii K, Tobimatsu H, Nagamoto Y, Takenaka S, Iwasaki M: Risk factors for kyphotic change after short-segment temporary fixation for thoracolumbar burst fractures. 16th International society for the advancement of spine surgery, Las Vegas, USA, 2016年4月6日
Mori T, Nakayama R, Endo M, Kobayashi E, Kawai A, Ueda T, Morioka H. Forty-eight cases of leiomyosarcoma of bone in Japan: A multicenter study from the Japanese Musculoskeleteal Oncology Group. 11th Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society (APMSTS) Meeting, Singapore, 2015年4月23日
Aono H, Ishii K, Tobimatsu H, Nagamoto Y, Takenaka S, Iwasaki M: Risk factors for kyphotic change after short-segment temporary fixation for thoracolumbar burst fractures. Spineweek 2016, Singapore, 2016年5月16日
Tobimatsu H, Aono H, Ookouchi T: Surgical results for posterior lumbar interbodt fusion (PLIF) with adjacent segment decompression. Spineweek 2016, Singapore, 2016年5月16日
Iwata S, Yonemoto T, Kawai A, Hiraga H, Sotobori T, Akiyama T, Kakunaga S, Shinoda Y, Ueda T. Risk factors of symptomatic venous thromboembolism in sarcoma patients: a Japanese prospective multicenter study. 29th Annual Meeting of the European Musculo-Skeletal Oncology Society (EMSOS), La Baule, France, 2016年5月 27日
Miyamoto T: Measured Resection Technique considering Gap using LEGION Primary TKA System - Concept and Technique - 1st Annals of Joint, Nanjing, 2016年5月28日
Miyamoto T: OXINIUM : Why It Makes Sense?! 1st Annals of Joint, Nanjing, 2016年5月28日
Miyamoto T: Principles for Measured Resection Technique considering Gap - Attune as an Example - 2016 ASCO Annual Meeting, Fuzhou, 2016年6月25日
Nakayama R, Mori T, Endo M, Hiraga H, Tomita M, Fukase N, Kobayashi E, Kawai A, Ueda T, Morioka H. Forty-eight cases of leiomyosarcoma of bone in Japan: A multicenter study from the Japanese Musculoskeleteal Oncology Group(JMOG). 2016 ASCO Annual Meeting, Chicago, USA, 2016年6月3日
Okuda S, Fujimori T, Oda T, Yamasaki R, Maeno T, Yamashita T, Matsumoto T, Iwasaki M.: Patient-based surgical outcomes of posterior lumbar interbody fusion: Patient satisfaction analysis.: International Society for the Study of the Lumbar Spine, San Francisco, USA, 2016年6月9日
Aono H, Takenaka S, Nagamoto Y: Predictive Baysian network model of postoperative recovery of drop foot due to lumbar degenerative diseases. EuroSpine 2016, Berlin, 2016年10月5日
Mori T, Nakayama R, Endo M, Kobayashi E, Kawai A, Ueda T, Morioka H. Forty-eight cases of leiomyosarcoma of bone: A multicenter study in Japan. 21th Connective Tissue Oncology Society Annual Meeting, Lisbon, Portugal, 2016年11月10日
Nakamura T, Matsumine A, Kobayashi E, Araki N, Goto T, Yonemoto T, Sugiura H, Nishida Y, Hiraga H, Honoki K, Yasuda T, Boku S, Sudo A, Ueda T. The real-life clinical outcome of pazopanib treatment in patients with soft tissue sarcoma: A Japanese Musculoskeletal Oncology Group study. 21th Connective Tissue Oncology Society Annual Meeting, Lisbon, Portugal, 2016年11月11日
Otani H, Tanaka T, Imura Y, Oshima K, Araki N, Nakai T, Hamada K, Ueda T, Yoshikawa H, Naka N. The effect of SS18-SSX on tumor-growth and initiation of synovial sarcoma. 21th Connective Tissue Oncology Society Annual Meeting, Lisbon, Portugal, 2016年11月11日
Heng M, Ueda T, Healey J, Rose P, Ferguson P, Gupta A, Raza AA, Holt G, Blau D, Niu X, Bernthal N, Mottard S, Davidson D, Turcotte R, Wunder J. The role of chemotherapy and radiation in soft tissue osteosarcoma. 21th Connective Tissue Oncology Society Annual Meeting, Lisbon, Portugal, 2016年11月12日
Kakunaga S, Wakamatsu T, Otani H, Hamada K, Naka N, Kudawara I, Ueda T, Aoki Y, Yoshikawa H. Adjuvant chemotherapy for patients with extraskeletal osteosarcoma. 21th Connective Tissue Oncology Society Annual Meeting, Lisbon, Portugal, 2016年11月12日
Miyamoto T: Bi-Cruciate Stabilized TKA Concept and Clinical Results. Xijing TJR Summit, Xijing, 2016年12月3日
Miyamoto T: Revision TKA Principle. Xijing TJR Summit, Xijing, 2016年12月3日

B-3 国内学会(全国年次学会)(シンポジウム・特別講演等)

上田孝文:骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)による研究体制と今後の取組み.第89回日本整形外科学会学術総会,横浜,2016年5月13日
三木秀宣:ROMシミュレーションからみたインプラントデザイン 第89回日本整形外科学会学術総会,横浜,2016年5月13日
三木秀宣:股関節可動域評価に基づくTHAアライメント目標設置 第11回日本CAOS研究会,新潟,2017年3月9日

B-4 国内学会(全国年次学会)(一般演題 口演発表業績区分)

青野博之、石井桂輔、飛松秀和、長本行隆、武中章太、高橋総一郎、堀井千彬、岩崎幹季:Temporary short-segment fixation for thoracolumbar burst fractures. -comparative study with or without vertebroplasty- 45回日本脊椎脊髄病学会,千葉, 2016年4月15日
山下智也、奥田真也、杉浦 剛、松本富哉、前野考史、岩崎幹季:Revision PLIFの治療成績−神経合併症に注目して 45回日本脊椎脊髄病学会,千葉, 2016年4月15日
奥田真也、山下智也、杉浦剛、前野考史、松本富哉、岩崎幹季: PLIF術後の隣接椎間障害 文献review 第45回日本脊椎脊髄病学会,千葉, 2016年4月15日
山崎良二、有賀健太、奥田真也、山下智也、小田剛紀、和田英路、岩崎幹季:腰部脊柱管狭窄症の逃避姿勢が脊椎骨盤X線パラメーターに与える影響 45回日本脊椎脊髄病学会,千葉, 2016年4月15日
杉浦 剛、奥田真也、松本富哉、前野考史、山下智也、岩崎幹季: 腰椎変性すべり症に対する開窓術の手術成績 ?神経症状再発の病態と危険因子の検討 45回日本脊椎脊髄病学会,千葉, 2016年4月15日
前野考史、岩ア幹季、奥田真也、松本富哉、山下智也、杉浦剛、柏井将文、牧野孝洋、海渡貴司: 成人脊柱変形に対する固定下端の検討―固定下端をL5とした症例の中長期経過観察より 45回日本脊椎脊髄病学会,千葉, 2016年4月16日
王谷英達,伊村慶紀,竹中 聡,大島和也,濱田健一郎,外堀 司,中 紀文,荒木信人,上田孝文,名井 陽,吉川秀樹:類骨骨腫に対する3Dナビゲーションガイド下ラジオ波焼灼術の治療成績.第89回日本整形外科学会学術総会,横浜,2016年5月14日
小倉 浩一,藤原智洋,康永秀生,松居宏樹,Jeon Dae-Geun, 平賀博明,石井 猛,米本 司,鴨田博人,尾崎敏文,小澤英史,西田佳弘,森岡秀夫,比留間徹,角永茂樹,上田孝文,荒木信人,中 紀文,津田祐輔,河野博隆:骨肉腫における予後予測ノモグラムの開発と外的妥当性の検証.第89回日本整形外科学会学術総会,横浜,2016年5月15日
岩田慎太郎,米本 司,川井 章,平賀博明,外堀 司,秋山 達,角永茂樹,篠田裕介,末原義之,綿貫宗則,上田孝文:骨・軟部悪性腫瘍患者における症候性静脈血栓塞栓症発症のリスクファクター―骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)前向き観察研究―.第89回日本整形外科学会学術総会,横浜,2016年5月15日
津田祐輔,小倉浩一,箱崎道之,菊田一貴,阿江啓介,土屋弘行,岩田慎太郎,上田孝文,川井 章,河野博隆:間葉性軟骨肉腫の治療成績と予後因子−骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)多施設共同研究−.第89回日本整形外科学会学術総会,横浜,2016年5月15日
山田修太郎,伊村慶紀,中井隆彰,王谷英達,金子恵子,竹中 聡,濱田健一郎,名井 陽,荒木信人,上田孝文,伊藤和幸,吉川秀樹,中 紀文:TAS-115は単剤でc-METまたはPDGFRαシグナルに依存した複数の滑膜肉腫細胞株に対し抗腫瘍効果を発揮する.第49回日整会骨・軟部腫瘍学術集会,東京,2016年7月14日
竹中 聡,中 紀文,濱田健一郎,王谷英達,伊村慶紀,大島和也,角永茂樹,田中太晶,小畠秀人,倉都滋之,名井 陽,上田孝文,吉川秀樹.転移性骨腫瘍に対する腫瘍用人工骨頭置換術後の予後調査.第49回日整会骨・軟部腫瘍学術集会,東京,2016年7月14日
中村知樹,松峯昭彦,川井 章,荒木信人,五嶋孝博,米本 司,杉浦英志,西田佳弘,須藤啓広,上田孝文:日本人における悪性軟部腫瘍に対するパゾパニブの治療効果−JMOG study−.第49回日整会骨・軟部腫瘍学術集会,東京,2016年7月14日
濱田健一郎,荒木信人,玉井宣行,伊村慶紀,王谷英達,竹中 聡,大島和也,外堀 司,角永茂樹,城山 晋,中 紀文,久田原郁夫,上田孝文,吉川秀樹:上腕骨骨腫瘍に対する術中対外放射線照射自家骨移植を用いた再建症例の術後成績.第49回日整会骨・軟部腫瘍学術集会,東京,2016年7月15日
伊村慶紀,王谷英達,竹中 聡,大島和也,濱田健一郎,角永茂樹,中 紀文,名井 陽,荒木信人,久田原郁夫,上田孝文,吉川秀樹:当院および関連施設における40歳以上骨肉腫症例の治療成績.第49回日整会骨・軟部腫瘍学術集会,東京,2016年7月15日
岩本圭史、宮本隆司、川島邦彦、川島邦彦、上田孝文、玉城雅史、吉田礼徳:人工膝関節置換術後脱臼に対しインサート交換を要した3例 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,福岡、2016年7月30日
青野博之、飛松秀和、長本行隆、古家雅之:胸腰椎破裂骨折に対する椎体形成を併用しないtemporary short-segment fixationの手術成績 第23回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会,札幌, 2016年9月22日
古家雅之、青野博之、長本行隆、飛松秀和、上田孝文:胸腰椎破裂骨折に対する椎体形成を併用しないtemporary short-segment fixationの中期成績 第23回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会,札幌, 2016年9月22日
奥田真也、山下智也、前野考史、松本富哉、杉浦剛、岩崎幹季: PLIF後の隣接椎間障害に対する工夫 -1000例の経験と論文reviewから 第25回日本脊椎インストゥルメンテーション学会, 長崎, 2016年10月28日
松本富哉、奥田真也、前野考史、山下智也、杉浦剛、岩崎幹季:12° wedge cageを使用した単椎間PLIFは局所アライメントとPI-LLが改善する 第25回日本脊椎インストゥルメンテーション学会, 長崎, 2016年10月28日
岡村悠貴、前野考史、杉浦剛、松本富哉、山下智也、奥田真也、岩崎幹季: 大血管の血流障害を生じたDISHを伴うCharcot Spineの1例 第25回日本脊椎インストゥルメンテーション学会, 長崎, 2016年10月29日
黒田泰生、清水孝典、三木秀宣:当院における大腿骨ステム周囲骨折症例の検討 第43回日本股関節学会, 大阪, 2016年11月4日
中原恵麻、小柳淳一朗、谷哲郎、原口圭司、西井孝:高齢者THAにおけるModular Dual Mobility system(MDM)の有用性の検討 第43回日本股関節学会, 大阪, 2016年11月4日
島田俊樹、北野元裕、上田孝文:距舟関節背側にインピンジメントを生じた3例 第41回日本足の外科学会,奈良,2016年11月18日
松岡由希子、北野元裕、上田孝文:先天性無痛無汗症児のCharcot肘関節症に伴った難治性皮膚潰瘍に対する治療経験 第27回日本小児整形外科学会,仙台,2016年12月2日
飯森由紀、北野元裕、上田孝文:乳児期の化膿性膝関節炎治療後に遅発性に生じた遠位大腿骨骨端線損傷の1例 第27回日本小児整形外科学会,仙台,2016年12月2日
宮本隆司、川島邦彦、岩本圭史、上田孝文:Cementless Oxford UKAの短期成績 第47回日本人工関節学会, 沖縄, 2017年2月25日
宮本隆司、川島邦彦、岩本圭史、上田孝文:カスタムメイド3次元骨モデルを術前シミュレーションに用いた広範囲骨欠損を伴った再々TKA 第47回日本人工関節学会, 沖縄, 2017年2月25日
川島邦彦、岩本圭史、宮本隆司、上田孝文:血友病性関節症に対し人工膝関節全置換術を施行した3例の検討 第47回日本人工関節学会, 沖縄, 2017年2月25日
岩本圭史、宮本隆司、川島邦彦、上田孝文:内側型変形性膝関節症に対するBi-Cruciate Stabilized TKAの短期成績 第47回日本人工関節学会, 沖縄, 2017年2月25日
黒田泰生、中原恵麻、三木秀宣:Profemur TLステムを用いたモジュラーネック使用初回人工関節全置換術の短期成績 第47回日本人工関節学会, 沖縄, 2017年2月25日
島田俊樹、川島邦彦、岩本圭史、宮本隆司、上田孝文:高齢者の人工股関節再置換術後に生じたステム周囲骨折および遅発性感染に対して人工大腿骨全置換術を行った1例  第47回日本人工関節学会, 沖縄, 2017年2月25日
黒田泰生、中原恵麻、三木秀宣:Profemur TLステムを用いたモジュラーネック使用初回人工関節全置換術の短期成績 第11回日本CAOS研究会, 新潟, 2017年3月9日
中原恵麻、黒田泰生、三木秀宣:日本人における大腿骨の機能軸とステム軸の関係 第11回日本CAOS研究会, 新潟, 2017年3月9日

B-6 国内学会(地方会・分科会研究会)(一般演題 口演発表業績区分)

松岡由希子,石井桂輔、平塚雅之、杉安謙仁朗、南野勝彦、鈴木省三:大腿骨ステム周囲骨折に対して NCB Periprosthetic Femur Plate System(NCB-PP)を使用した 骨接合術の治療経験 第126回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会,静岡,2016年4月8日
岩本圭史、宮本隆司、川島邦彦:共通症例検討「当院における疼痛・出血対策」 第7回なにわTKA研究会, 大阪, 2017年8月20日
前野考史、松本富哉、山下智也、杉浦剛、奥田真也、岩崎幹季:頸椎OPLLに対する術後復職調査 第5回おおさか脊椎カンファレンス,大阪, 2016年9月3日
岩本圭史、上田孝文、川島邦彦、角永茂樹、宮本隆司、久田原郁夫:診断に難渋した高齢者リウマチ性多発筋痛症の1例 第51回大阪整形外科症例検討会, 大阪, 2017年9月10日
岡村悠貴、前野考史、杉浦剛、松本富哉、山下智也、奥田真也、岩崎幹季: 大血管の血流障害を生じたDISHを伴うCharcot Spineの1例 第46回脊椎外科を学ぶ会, 大阪, 2016年9月10日
久田原郁夫:胸椎骨腫瘍、第84回関西SKR勉強会、大阪、2016年9月17日
中原恵麻、小柳淳一朗、谷哲郎、原口圭司、西井孝:高齢者THAにおけるModular Dual Mobility system(MDM)の有用性の検討 第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会,松本,2016年9月30日
松岡由希子,角永茂樹,久田原郁夫,上田孝文:腎癌骨転移による病的骨折に対し 分子標的治療薬とdenosumabを併用し 骨癒合を得た一例 第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会,松本,2016年9月30日
島田俊樹,角永茂樹,小玉 城,久田原郁夫,上田孝文:子宮筋腫に対する腹腔鏡視下子宮全摘術後に左下腹部に生じた悪性軟部腫瘍の一例 第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会,松本,2016年10月1日
久田原郁夫:骨巨細胞腫の肺病変に対しデノスマブを投与した症例 第17回近畿骨軟部腫瘍談話会、大阪、2016年10月22日
青木 惇一,角永茂樹,久田原郁夫,上田孝文,小西英一,森 清,清川博貴,真能正幸:後腹膜腫瘍の一例 第145回関西骨軟部腫瘍研究会,大阪,2016年11月26日
久田原郁夫:大腿骨骨腫瘍 第86回関西SKR勉強会、大阪、2017年3月16日

B-7 薬効調査研究会発表など

なし

B-8 文化講演・教育講演など

北野元裕:二分脊椎症児のリハビリテーション 新生児期?成長終了まで 日本二分脊椎症協会大阪支部講演会、大阪、2016年10月23日
久田原郁夫:転移性骨腫瘍の診断のポイントと新規治療方法 第40回法円坂地域医療フォーラム、大阪、2017年2月25日

B-9 TV出演・ラジオ放送出演

なし

C【班研究・研究助成実績】

1)助成制度名 2)氏名
(班長・班員・班友の別)
3)研究課題名 4)研究代表者 5)助成金額
(研究全体でなく、個別に受け取った額)
AMED委託研究開発・革新的がん医療実用化研究事業
(小川班)
上田 孝文
(研究分担者)
再発小児・AYA(Adolescent and Young Adult)世代固形腫瘍に対する2剤併用化学療法についての多施設共同臨床研究 小川 淳 52万円
AMED 臨床研究・治験推進研究事業
(米盛班)
上田 孝文
(研究分担者)
がん領域Clinical Innovation Network事業による超希少がんの臨床開発と基盤整備を行う総合研究「切除不能の明細胞肉腫または胞巣状軟部肉腫に対するニボルマブの医師主導治験(通称:OSCAR試験)」 米盛 勧 195万円
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.