診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター
2003  論文・著書 (英文論文 計15編、和文論文 計29編
 

(股関節外科)

Tsuji T, Sugano N, Sakai T, Yoshikawa H. Evaluation of femoral perfusion in a non-traumatic rabbit osteonecrosis model with T2*-weighted dynamic MRI. J Orthop Res 21:341-51,2003.

Umeda N, Saito M, Sugano N, Ohzono K, Nishii T, Sakai T, Yoshikawa H, Ikeda D, Murakami A. Correlation between femoral neck version and strain on the femur after insertion of femoral prosthesis. J Orthop Sci 8: 381-6, 2003.

Kishida Y, Nishii T, Sugano N, Nakanishi K, Sakai T, Miki H, Ochi T, Yoshikawa H. Measurement of lesion area and volume by three-dimensional spoiled gradient-echo MR imaging in osteonecrosis of the femoral head. J Orthop Res 21: 850-8,2003.

Sakai T, Sugano N, Kokado Y, Takahara S, Ohzono K, Yoshikawa H. Tacrolimus may be associated with lower osteonecrosis rates after renal transplantation. Clin Orthop 415:163-170, 2003.

Nishihara S, Sugano N, Nishii T, Ohzono K, Yoshikawa H. Measurements of pelvic flexion angle using three-dimensional computed tomography. Clin Orthop 411:140-151,2003.

Noble PC, Kamaric E, Sugano N, Matsubara M, Harada Y, Ohzono K, Paravic V. Three-dimensional shape of the dysplastic femur: implications for THR.Clin Orthop 417:27-40,2003.

大園健二:大腿骨頭骨折。ゴールドスタンダード整形外科;外傷・救急(中村利孝、吉川秀樹編)、南江堂、302-305、2003

大園健二:大腿骨頚部骨折。ゴールドスタンダード整形外科;外傷・救急(中村利孝、吉川秀樹編)、南江堂、305-315、2003

大園健二、李 勝博、高尾正樹、安藤 渉、菅野伸彦、西井 孝:急速破壊型股関節症。NEW MOOK整形外科(越智隆弘、菊池臣一編)、金原出版。141-148、2003

大園健二、西井 孝、安藤 渉 菅野伸彦 吉川秀樹:自然経過;新しい診断基準、病期・病型分類に基づいて。大腿骨頭壊死症;診断と関節温存手術(杉岡洋一監修、渥美敬編集)、メジカルビュー社、17-25、2003

大園健二 菅野伸彦:人工股関節置換術。ブラウジング整形外科手術(シネ、アトラス アンド テキスト)(二宮節夫、生田義和、越智隆弘、黒島永嗣編)、南江堂、CD-ROM 上巻Disk 2:5、2003

坂井孝司 菅野伸彦 大園健二 カスタムメイド人工股関節 NEW MOOK整形外科 NO13 特集 股関節外科 289-295 2003

高尾正樹, 菅野伸彦, 西井孝, 三木秀宣, 萩尾佳介, 西原俊作, 岸田友紀, 中村宣雄, 安藤渉, 李勝博, 大園健二, 吉川秀樹. Press fit 固定によるuncemented porous cupの初期固定性〜臼蓋母床の被覆度との関係. Hip Joint 29:482-484, 2003.

安藤渉 高尾正樹 李勝博 大園健二. 人工股関節全置換術における術中脚長測定の精度についての検討. Hip Joint 29:435-437, 2003.

坂井孝司 御勢真一 小泉寿章 著しい股関節の破壊をきたした化膿性股関節炎の一例 HIP JOINT 29: 330-333, 2003


PAGE TOP

(小児整形・再生医療・足の外科)

T. Nakase, T. Miyaji, T. Tomita, M. Kaneko, K. Kuriyama, A. Myoui, K. Sugamoto, T. Ochi and H. Yoshikawa:Localization of bone morphogenetic protein-2 in human osteoarthritic cartilage and osteophyte、Osteoarthritis Cartilage 11:278-84.

W. Sato, I. Ohnishi, N. Nishimura, T. Nakase, H. Tsuchiya, M. Hirose, T. Matsushita, Y. Hirasawa and K. Nakamura:Correction of tibial deformity in adults、J Orthop Sci  8:306-12.

K. Ariga, K. Yonenobu, T. Nakase, N. Hosono, S. Okuda, W. Meng, Y. Tamura and H. Yoshikawa:Mechanical stress-induced apoptosis of endplate chondrocytes in organ-cultured mouse intervertebral discs: an ex vivo study、Spine 28:1528-33.

T. Miyaji, T. Nakase, E. Onuma, K. Sato, A. Myoui, T. Tomita, S. Joyama, K. Ariga, J. Hashimoto, T. Ueda and H. Yoshikawa:Monoclonal antibody to parathyroid hormone-related protein induces differentiation and apoptosis of chondrosarcoma cells、Cancer Lett 199:147-55.

T. Miyaji, T. Nakase, M. Iwasaki, K. Kuriyama, N. Tamai, C. Higuchi, A. Myoui, T. Tomita and H. Yoshikawa:Expression and distribution of transcripts for sonic hedgehog in the early phase of fracture repair、Histochem Cell Biol 119:233-7.

Myoui, A. Tamai, N. Nishikawa, M. Araki, N. Nakase, T. Akita, S.,Yoshikawa, H.: Three-dimensionally Engineered Hydroxyapatite Ceramics with Interconnected Pores as a Bone Substitute. Biomaterials in Orthopedics (Marcel Dekker Inc.)

Tsuyoshi Murase, and Kazuo Hiroshima
Rupture of the flexor tendon after malunited Colles' fracture
Scand. J. Plast. Reconstr. Hand Surg., 37:188-191, 2003.

廣島和夫 山本威久 大薗恵一 骨形成不全症 2.整形外科的治療
小児内科、35(増刊号):1011-1018、2003.

廣島和夫 教育研修講座 骨系統疾患:骨形成不全症
日本整形外科学会誌、77:675-683、2003.

中瀬 尚長:閉鎖骨折、ゴールドスタンダード整形外科 外傷・救急、南江堂 32-35

中瀬 尚長:疲労骨折、ゴールドスタンダード整形外科 外傷・救急 、南江堂 40-41

中瀬 尚長:開放骨折、ゴールドスタンダード整形外科 外傷・救急、南江堂 35-39

中瀬 尚長:小児の筋・骨格系損傷、ゴールドスタンダード整形外科 外傷・救急、南江堂 41-42

中瀬 尚長:成長期の整形外科手術のポイント、整形外科ナーシングプラクテイス 文光堂176

水谷 綾子, 大橋 和香, 宝満 朝子、中瀬 尚長:手術編:小児整形外科、整形外科ナーシングプラクテイス 文光堂177-180

柿添 真由美, 板東 律子, 原口 千秋、中瀬 尚長:病棟編:小児整形外科、整形外科ナーシングプラクテイス 文光堂112-116

中瀬 尚長, 他:外傷後下肢変形の矯正法、臨床整形外科 38:1049-1060

中瀬 尚長, 他:Ilizarov Hip法、関節外科 22:19-247.

栗山幸治, 中瀬尚長, 吉川秀樹, 安井夏生, 佐藤宗彦:骨延長過程におけるRunx2(Cbfa1/Pebp2aA)の遺伝子発現 日本創外固定・骨延長学会雑誌 14:133-137


PAGE TOP

(脊椎外科)

山下和夫 ドライバーズ・クリニック「腰痛」  阪神ハイウエー 152号:14−15、2003


PAGE TOP

(骨・軟部腫瘍)

Kudawara, M. Ieguchi, K., Ohzono, A. Matsumine, Y. Aoki Febrile
neutropenia (FN) in bone and soft tissue sarcoma patients receiving
myelosuppressive chemotherapy.I. Proc Am Soc Clin Oncol 22:830,
2003

H. Nakanishi, N. Araki, Y. Sawai, I. Kudawara, M. Mano, S. Ishiguro, T. Ueda and H. Yoshikawa:Cystic synovial sarcomas: imaging features with clinical and histopathologic correlation、Skeletal Radiol 32:701-7. 2003.

中 紀文、中西啓文、荒木信人、真能正幸、石黒信吾、久田原郁夫、橋本伸之、名井陽、上田孝文、吉川秀樹。融合遺伝子の実地臨床応用。別冊整形外科43:31-38, 2003

名井陽、上田孝文、玉井宣之、吉川秀樹、荒木信人、中 紀文、中西啓文、久田原郁夫、家口尚、青木康彰、倉都滋之、森 茂樹、松峯昭彦、内田淳正。術中体外放射線照射自家骨移植法。別冊整形外科43:152-157, 2003

倉都滋之、青木康彰、久田原郁夫、家口尚、中西啓文、荒木信人、名井陽、上田孝文、吉川秀樹。脛骨遠位骨肉腫に対する術中体外照射自家骨移植法を用いた再建。別冊整形外科43:130-133, 2003

上田孝文、名井陽、荒木信人、中 紀文、久田原郁夫、内田淳正、吉川秀樹。股関節周囲原発骨・軟部悪性腫瘍に対する制御型人工股関節を用いた患肢温存手術の治療成績。骨・関節・靱帯 16:355-360, 2003


PAGE TOP

(上肢の外科)

宮本隆司、菅本一臣 当科に対おける人工肩関節置換術後の成績 ム関節リウマチ肩の機能評価を中心に 臨整外 38(9); 1137-1142, 2003

PAGE TOP
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.