診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター
2004  論文・著書 (英文論文 計11編、和文論文 計22編)
 

(股関節外科)

LEE SB, SUGANO N, NAKATA K, MATSUI M, OHZONO KComparison between bipolar hemiarthroplasty and THA for osteonecrosis of the femoral head. Clin orthop 424:161-5,2004.

SAKAI T, SHIMAOKA Y, SUGIMOTO M, KOIZUMI TAcute calcific tendonitis of the gluteus medius: a case report with serial magnetic resonance imaging findings. J Orthop Sci 9: 404-7,2004.

NISHIHARA S, SUGANO N, NISHII T, TANAKA H, NAKAMURA N, YOSHIKAWA H, OCHI T Clinical accuracy evaluation of femoral canal preparation using the ROBODOC system. J Orthop Sci 9452-461,2004.

ANDO W, SAKAI T, KUDAWARA I, IEGUCHI M, MIYAMOTO T, OHZONO KBilateral Achilles tendon ruptures in a patient with ochronosis: a case report. Clin orthop 424:180-2,2004.

大園健二、坂井孝司、李勝博:大腿骨頭壊死症の治療 人工関節派。Arthritis, 2 : 26-322004.

宮本隆司、菅本一:RA肩に対する人工関節置換術の臨床成績。リウマチ病セミナー XV 七川歓次(編)245-252、永井書店、大阪市.

宮本隆司、菅本一臣:リウマチ患者の上肢機能障害?評価と治療。「肩関節機能再建術の適応と実際」リウマチ科、32493-497, 2004.

坂井孝司、大園健二、李勝博:特発性大腿骨頭壊死症の長期予後。関節外科、231270-12782004.

坂井孝司、大園健二、李勝博、森本大樹、阪上彰彦:当科における人工股関節置換術後感染に対する治療成績。日本人工関節学会誌34:7-8,2004.

坂井孝司、大園健二、李勝博、森本大樹、菅野伸彦、西井孝、三木秀宣、高尾正樹、小山毅、吉川秀樹:特発性大腿骨頭壊死症における臼蓋軟骨変性の検討。Hip Joint 30:411-413, 2004.

森本大樹、李勝博、坂井孝司、大園健二:ハイブリッドTHAの短期成績。日本人工関節学会誌34:173-174,2004.

小橋潤己、渋谷高明:臼蓋骨折後に生じた急速破壊型股関節症の3例。Hip Joint 30:385-388, 2004.


PAGE TOP

(骨・軟部腫瘍)

YOSHIKAWA H, NAKASE T, MYOUI A ,UEDA TBone morphogenetic proteins in bone tumors. J Orthop Sci 9:334-340.

OCHI K, DAIGO Y, KATAGIRI T, NAGAYAMA S, TSUNODA T, MYOUI A, NAKA N, ARAKI N, KUDAWARA I, IEGUCHI M, TOYAMA Y, TOGUCHIDA J, YOSHIKAWA H, NAKAMURA YPrediction of response to neoadjuvant chemotherapy for osteosarcoma by gene-expression profiles, Int J Oncol. 24:647-55, 2004.

KUDAWARA I, ARAKI N, MYOUI A, UCHIDA A, FUKUDA H, YOSHIKAWA HSynovial sarcoma after chemotherapy for osteosarcoma: a case report,Clin Orthop. 418:198-201, 2004.

KUDAWARA I, ARAKI N, MYOUI A, KATO Y, UCHIDA A, YOSHIKAWA HNew cell lines with chondrocytic phenotypes from human chondrosarcoma,Virchows Arch. 444:557-586, 2004.

KUDAWARA I, AONO M, OHZONO K, MANO MSynovial chondromatosis of the acromioclavic ular joint. Skeletal Radiol 33:600-603, 2004.

玉井宣行、名井陽、荒木信人、秋田鐘弼、中瀬尚長、海渡貴司、村瀬剛、上田孝文、越智隆弘、吉川秀樹:【高度骨欠損を伴う骨・関節疾患に対する骨補填材料】新規全気孔連通型HA多孔体NEOBONEを用いた骨欠損に対する治療。関節外科23256-263

玉井宣行、名井陽、橋本秀雄、西川昌孝、藤井昌一、中瀬尚長、橋本淳、上田孝文、越智隆弘、吉川秀樹:【骨軟骨破壊の分子機構から修復再生に向けて】人工骨材料と骨関節修復−新規全気孔連通型HA多孔体NEOBONEを用いた骨関節修復−。分子リウマチ 135-40


PAGE TOP

(小児整形・再生医療・足の外科)

NAKASE TGene Expression Profile during Osteochondrogenic Events in the Spinal Region : Use in the Development of Promissing Spinal Fusion. Advances in Spinal Fusion, 639-648.

HORIKI M, NAKASE T, MYOUI A, SUGANO N, NISHII T, TOMITA T, MIYAJI T ,YOSHIKAWA HLocalization of RANKL in osteolytic tissue around a loosened joint prosthesis. J Bone Miner Metab 22:346-351.

中瀬尚長:骨端症と成長痛。「NEW MOOK整形外科15 小児整形外科」越智隆弘、菊地臣一、 編 128-137、金原出版、東京、20049.

中瀬尚長:メロレオストーシス。「今日の整形外科治療指針 第5版」二ノ宮節夫、冨士川恭輔、越智隆弘、国分正一、岩谷力 編 272-273、医学書院、東京、20043.

中瀬尚長:骨斑紋症。「今日の整形外科治療指針 第5版」二ノ宮節夫、冨士川恭輔、越智隆弘、国分正一、岩谷力 編 273、医学書院、東京、20043.

中瀬尚長:Poland症候群。「今日の整形外科治療指針 第5版」二ノ宮節夫、冨士川恭輔、越智隆弘、国分正一、岩谷力 編 274-275、医学書院、東京、20043.

中瀬尚長:Apert症候群。「今日の整形外科治療指針 第5版」二ノ宮節夫、冨士川恭輔、越智 隆弘、国分正一、岩谷力 編 273-274、医学書院、東京、20043.

中瀬尚長:Engelmann病。「今日の整形外科治療指針 第5版」二ノ宮節夫、冨士川恭輔、越智 隆弘、国分正一、岩谷力 編 271-272、医学書院、東京、20043.

中瀬尚長、安井夏生、清水信幸、川端秀彦、吉川秀樹:【骨端線損傷の治療とその予後】骨端線損傷の治療戦略 後遺変形に対する骨延長術を用いた再建術。関節外科2356-68.

中瀬尚長、安井夏生、大園健二、清水信幸、藤井昌一、吉川秀樹:【創外固定を用いた変形矯正術 こつと成績】骨折治療における変形矯正の原理と実際。骨・関節・靱帯17665-678.

中瀬尚長、安井夏生:【創外固定術のコツ】基本手技:創外固定器による脚延長術のコツ−成功させるための11ケ条−。MB Orthop 1710-18.

中瀬尚長、大園健二、玉井宣行、名井陽、清水信幸、吉川秀樹、早石泰久、藤井昌一:難治性外傷例に対する新規人工骨NEO BONEの使用経験。第4回バイオアクテイブペースト研究会記録、72-75.

中瀬尚長、廣島和夫:「骨延長術の適応上の注意についてお答え下さい。」、成長障害Q&A

大野一幸、清水信幸、吉川秀樹、中瀬尚長:Focal Fibrocartilaginous Dysplasiaによると考えられる下腿内反の1例。近畿小児整形外科 165-7.

PAGE TOP
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.