診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター
2008  論文・著書
 

(骨・軟部腫瘍)

YOSHIDA Y, IWATA S, UEDA T, KAWAI A, ISU K, RYU J
Current state of extendable prostheses for the lower limb in Japan.
Surg Oncol 17(2): 65-71, 2008.

TAKENAKA S, UEDA T, NAKA N, ARAKI N, HASHIMOTO N, MYOUI A, OZAKI T, NAKAYAMA T, TOGUCHIDA J, TANAKA K, IWAMOTO Y, MATSUMINE e A, UCHIDA A,IEGUCHI M, KAYA M, WADA T, BABA I, KUDAWARA I, AOKI Y, YOSHIKAWA H
Prognostic implication of SYT-SSX fusion type in synovial sarcoma:A multi-institutional retrospective analysis in Japan
Oncology Reports 19:467-476, 2008

NIIMI R, MATSUMINE A, KUSUZAKI K, KURATSU S, ARAKI N, AOKI Y, UEDA T, KUDAWARA I, MYOUI A, IEGUCHI M, HASHIMOTO N, YOSHIKAWA H, UCHIDA A.
Usefulness of limb salvage surgery for bone and soft tissue sarcomas of the distal lower leg
J Cancer Res Clin Oocol 134:1087-1095, 2008

UEDA T, NAKA N, ARAKI N, ISHII T, TSUCHIYA H, YOSHIKAWA H, MOCHIZUKI K, TSUBOYAMA T, TOGUCHIDA J, OZAKI T, MURATA H, KUDAWARA I, TANAKA K, IWAMOTO Y, YAZAWA Y, KUSHIDA K, OTSUKA T, SATO K
Validation of radiographic response evaluation criteria of preoperatrive chemotherapy for bone and soft tissue sarcomas: Japanese Orthopaedic Association Comitteeon Musculoskeletal Tumors Cooperative Study
J Orthop Sci 13:304-312, 2008

上田孝文,荒木信人,吉川秀樹:骨・軟部悪性腫瘍に対する集学的治療体系の進歩とその最前線.日整会誌 82: 255-270, 2008.

上田孝文:骨肉腫に対する集学的治療体系の進歩と今後の治療戦略‐化学療法を中心に‐.第24回日本小児がん学会教育セッション講演集 pp 20-23, 2008.

上田孝文:II-13.骨・軟部腫瘍.がん治療認定医教育セミナーテキスト・第2版(日本がん治療認定医機構教育委員会・編)134-139, 2008

 


PAGE TOP

(股関節外科)

HANANOUCHI T, TAKAO M, NISHII T, MIKI H, IWANA D, YOSHIKAWA H, SUGANO N.
Comparison of navigation accuracy in THA between the mini-anterior and -posterior approaches.
Int J Med Robot 5:20-25, 2009

KOYAMA T, SUGANO N, NISHI T, MIKI H, TAKAO M, SATO Y, YOSHIKAWA H, TAMURA S.
MRI-based surgical simulation of transtrochanteric rotational osteotomy for femoral head osteonecrosis.
J Orthop Res. 27:447-451, 2008

HAYAISHI Y, MIKI H, YOSHIKAWA H, SUGANO N.
Phase transformation of a new generation yttria-stabilized zirconia femoral head after total hip arthroplasty.
Mod Rheumatol. 18:647-50,2008

OTAKE Y, SUZUKI N, HATTORI A, MIKI H, YAMAMURA M, YONENOBU K, OCHI T, SUGANO N.
Hip motion analysis using multi phase (virtual and physical) simulation of the patient-specific hip joint dynamics.
Stud Health Technol Inform. 132:339-44, 2008

UMEDA N, MIKI H, NISHII T, YOSHIKAWA H, SUGANO N.
Progression of osteoarthritis of the knee after unilateral total hip arthroplasty: minimum 10-year follow-up study.
Arch Orthop Trauma Surg. 129:149-54,2009

三木秀宣,津田晃佑,北田誠,大竹義人, 鈴木直樹,北田誠,中村宣雄,菅野伸彦
人工股関節全置換術後の動作解析ー術後脱臼予防、治療への応用ー
関節外科 9:105-110,2008

北田誠, 中村宣雄, 岩名大樹, 柿本明博, 三木秀宣, 西井孝, 菅野伸彦
人工股関節全置換術におけるCT navigationのstem設置精度および脚長差の評価
日本人工関節学会誌 38:482-483、2008

花之内健仁, 三木秀宣, 竹中宣雄, 西井孝, 坂井孝司, 高尾正樹, 吉川秀樹, 菅野伸彦
ナビゲーションによる人工股関節全置換術の術中軟部組織緊張評価
日本人工関節学会誌 38:258-259、2008

西原俊作, 三木秀宣, 坂井孝司, 西井孝, 菅野伸彦, 大園健二
人工股関節全置換術後における骨盤傾斜角の5年追跡調査
日本人工関節学会誌 38:152-153、2008

西原俊作, 三木秀宣, 李勝博, 大園健二
70歳以上の高齢者に対してVerSys enhanced taperステムを使用したセメントレス人工股関節置換術の臨床成績
Hip Joint 34:307-310,2008

相原雅治, 梅田直也, 大園健二, 菅野伸彦, 西井孝, 坂井孝司, 吉川秀樹, 李勝博, 三木秀宣, 中村宣雄
メタル・オン・メタル大骨頭使用Freeman stemの短期臨床成績 多施設での検討
Hip Joint 34:300-303,2008

津田晃佑, 三木秀宣, 北田誠, 西井孝, 坂井孝司, 高尾正樹, 中村宣雄, 服部麻木, 鈴木直樹, 米延策雄, 菅野伸彦
人工股関節全置換術後の各種姿勢における骨盤後傾患者の骨盤傾斜角の変化について
日本コンピュータ外科学会誌 10:375-376,2008

川上秀夫, 菅野伸彦, 三木秀宣, 米延策雄, 服部麻木, 鈴木直樹
足底部を通過する足底接地点軌跡を評価する歩行解析システムの構築
日本コンピュータ外科学会誌 10:255-256,2008

津田晃佑, 三木秀宣, 北田誠, 中村宣雄, 大竹義人, 鈴木直樹, 吉川秀樹, 菅野伸彦
人工股関節全置換術患者の臥位および立位での骨盤傾斜角の変化
日本整形外科学会雑誌 82:1113、2008

 


PAGE TOP

(膝関節外科)

宮本隆司
人工関節置換術後の合併症 人工膝関節全置換術後に急に膝の痛みと膝くずれが生じ膝の伸展が困難となった
整形外科看護 13:25-28,2008

宮本隆司
RA肩関節の再建 腱板欠損例に対する人工肩関節
OS NOW Instruction No.7 リウマチ上肢の再建手術 満足するADL・QOLを獲得する手技のコツ メジカルビュー社、東京、2008年

 


PAGE TOP

(小児整形)

北野元裕,川端秀彦,田村大資
Ponseti法により治療した先天性内反足の3歳以上に達した症例の検討
日本小児整形外科学会雑誌 17:336-340,200

 


PAGE TOP
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.