診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター
2010  論文・著書
 

(骨・軟部腫瘍)

Kubo T, Matsui Y, Naka N, Araki N, Myoui A, Endo K, Yasui N, Ohtani O, Suzuki K, Kimura T, Yoshikawa H, Ueda T. Specificity of fusion genes in adipocytic tumors. Anticancer Res 2010; 30(2): 661-664, 2010年4月

Takenaka S, Naka N, Araki N, Hashimoto N, Ueda T, Yoshioka K, Yoshikawa H, Itoh K. Downregulation of SS18-SSX1 expression in synovial sarcoma by small interfering RNA enhances the focal adhesion pathway and inhibits anchorage-independent growth in vitro and tumor growth in vivo. Int J Oncol 2010; 36(4): 823-831, 2010年4月

Hamada K, Tomita Y, Ueda T, Yoshikawa H. Chondrosarcoma of the hand: radiologic evaluation at early stage. Eur J Orthop Surg Traumatol 20: 233-235, 2010年4月

Ishii A, Imanishi Y, Kobayashi K, Hashimoto J, Ueda T, Miyauchi A, Koyano HM, Kaji H, Saito T, Oba K, Komatsu Y, Kurajoh M, Nagata Y, Goto H, Wakasa K, Sugimoto T, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y. The levels of somatostatin receptors in causative tumors of oncogenic osteomalacia are insufficient for their agonist to normalize serum phosphate levels. Calcif Tissue Int 86(6): 455-462, 2010年6月

Murao A, Oka Y, Tsuboi A, Elisseeva OA, Tanaka HY, Fujiki F, Nakajima H, Nishida S, Hosen N, Shirakata T, Hashimoto N, Myoui A, Ueda T, Takeda Y, Osaki T, Enomoto T, Yoshikawa H, Kimura T, Oji Y, Kawase I, Sugiyama H. High frequencies of less differentiated and more proliferative WT1-specific CD8+ T cells in bone marrow in tumor-bearing patients: an important role of bone marrow as a secondary lymphoid organ. Cancer Sci101(4): 848-854, 2010年4月

Tamai N, Myoui A, Kudawara IUeda T, Yoshikawa H: Novel fully interconnected porous hydroxyapatite ceramic in surgical treatment of benign bone tumor. J Orthop Sci 15(4): 560-568, 2010年7月

Naka N, Takenaka S, Araki N, Miwa T, Hashimoto N, Yoshioka K, Joyama S, Hamada K, Tsukamoto Y, Tomita Y, Ueda T, Yoshikawa H, Itoh K. Synovial sarcoma is a stem cell malignancy. Stem Cells 28(7): 1119-1131, 2010年7月

Ozaki T, Ueda T, Wakamatsu T, Kakunaga S, Iwasa Y, Konishi E, Mano M, Moriuchi S. Intramedullary spinal cord metastasis following spontaneous malignant transformation from giant cell tumor of bone 16 years after pulmonary metastasis. J Orthop Sci 16(1): 119-124, 2011年1月

Takeuchi A, Tsuchiya H, Niu X, Ueda T, Jeon DG, Wang EH, Asavamongkolkul A, Kusuzaki K, Sakayama K, Kang YK. The prognostic factors of recurrent GCT: a cooperative study by the Eastern Asian Musculoskeletal Oncology Group. J Orthop Sci 16(2): (Epub ahead of print), 2011年2月

Matsumine A, Ueda T, Sugita T, Yazawa Y, Isu K, Kawai A, Abe S, Yakushiji T, Hiraga H, Sudo A, Uchida A. The Japanese Musculoskeletal Oncology Group: Clinical outcomes of the KYOCERA Physio Hinge Total Knee System Type III after the resection of a bone and soft tissue tumor of the distal part of the femur. J Surg Oncol 103(3): 257-263, 2011年3月

上田孝文:Chapter2. 軟部腫瘍「デスモイド型線維腫症」.アトラス骨・関節画像診断(戸山芳昭・シリーズ監修).4.骨・軟部腫瘍(矢部啓夫・編),p107-109,中外医学社,東京,2010年8月

上田孝文:18.整形外科疾患「悪性原発性骨腫瘍(骨肉腫,他)」.今日の治療指針2011年版(vol.53)(山口 徹,北原光夫,福井次矢・編),p950-951,医学書院,東京, 2011年1月

上田孝文:軟部腫瘍の診断の進め方.整形外科臨床パサージュ(中村耕三・総編集)
6. 軟部腫瘍プラクティカルガイド(吉川秀樹・編),p20-27,中山書店,東京, 2011年1月

久田原郁夫:軟部腫瘍の診断の進め方.整形外科臨床パサージュ(中村耕三・総編集)
3. 運動器画像診断マスターガイド(吉川秀樹・編),p226-248,中山書店,東京,2010年10月

家口尚、久田原郁夫、青木康彰、日高典明、高田潤、星 学 :脱分化型傍骨骨肉腫の1例
中部整災誌 53 :1059-1060,2010年4月

久田原郁夫 軟部腫瘍類似疾患の鑑別 臨床整形外科 45:215-222, 2010年

 


PAGE TOP

(股関節外科)

Pezzotti G, Takahashi Y, Takamatsu S, Puppulin L, Nishii T, Miki H, Sugano
N.:Non-destructively Differentiating the Roles of Creep, Wear and Oxidation in
Long-Term In Vivo Exposed Polyethylene Cups. J Biomater Sci Polym Ed. [Epub ahead of print], 2010年11月

Sakai T, Ohzono K, Nishii T, Miki H, Takao M, Sugano N. : Grafting with hydroxyapatite granules for defects of acetabular bone at revision total hip replacement: a minimum ten-year follow-up. J Bone Joint Surg Br. 92(9):1215-1221, 2010年9月

Sakai T, Ohzono K, Nishii T, Miki H, Takao M, Sugano N: A modular femoral neck and head system works well in cementless total hip replacement for patients with developmental dysplasia of the hip. J Bone Joint Surg Br. 92(6):770-776, 2010年6月

Nakamura N, Sugano N, Nishii T, Kakimoto A, Miki H: A comparison between robotic-assisted and manual implantation of cementless total hip arthroplasty. Clin Orthop Relat Res. 468(4):1072-1081, 2010年4月

Nakahara I, Takao M, Sakai T, Nishii T, Yoshikawa H, Sugano N: Gender Differences in 3D Morphology and Bony Impingement of Human Hips J Orthop Res 29(3): 333-339, 2011年3月

三木秀宣:THAのCupTargetAngleについて Stryker Infos 5、p35-37、日本ストライカー、東京、2010年6月

田村理、濱田英敏三木秀宣、菅野伸彦:大腿骨過大前捻、過小前捻の股関節に対する人工股関節全置換術における大骨頭径インプラントの有用性 Hip Joint 36 : 306-309, 2010年10月

三木秀宣許太如、西原俊作、菅野伸彦:同じ三次元術前計画を用い行ったCT-basedナビゲーション使用、非使用THAでの術後アライメント比較 Hip Joint 36 : 144-146, 2010年10月

深田光穂、村上正佳、酒井雄亮、北田誠、中村宣雄、津田晃佑、菅野伸彦、三木秀宣
人工股関節全置換術後患者に対する外転枕の必要性の検討  Hip Joint 36 : 91-92, 2010年10月

許太如三木秀宣:THAナビゲーション ナビゲーションを用いたTHAにおける大腿骨stem設置角度の精度 日本人工関節学会誌 40:210-211、2010年12月

三木秀宣, 田村理, 許太如, 濱田英敏, 菅野伸彦:人工股関節におけるソケット設置角を科学する 可動域シミュレーションからみた過小過大大腿骨前捻症例に対する大径骨頭インプラントの有用性 日本人工関節学会誌40:16-17、2010年12月

中原一郎、西井孝、坂井孝司、高尾正樹、吉川秀樹、菅野伸彦:製造工程の異なる2種類の高度架橋ポリエチレンの磨耗比較 日本人工関節学会誌40:16-17、2010年12月

津田晃佑、三木秀宣、北田誠、西井孝、坂井孝司、高尾正樹、中村宣雄、服部麻木、鈴木直樹、米延策雄、菅野伸彦:人工股関節全置換術後の和式動作の4次元動作解析 日本コンピュータ外科学会誌12、442-443、2010年11月

川上秀夫、菅野伸彦、三木秀宣、米延策雄、服部麻木、鈴木直樹:膝関節モーメントと体幹動揺を評価する歩行解析システムの構築 日本コンピュータ外科学会誌12、342-343、2010年11月

田村理、三木秀宣、津田晃佑、西井孝、坂井孝司、高尾正樹、中村宣雄、服部麻木、鈴木直樹、米延策雄、菅野伸彦:4次元動作解析を用いた人工股関節全置換術での骨盤傾斜の検討 日本コンピュータ外科学会誌12、272-273、2010年11月


PAGE TOP

(小児整形)

北野元裕:Chapter3. 足の問題「内反足」.アトラス骨・関節画像診断(戸山芳昭・シリーズ監修).4.骨・軟部腫瘍(浜西千秋・編),p34-36,中外医学社,東京,2011年2月

北野元裕:軟骨異栄養症の治療C外科的治療(1)上肢・下肢 改訂版 骨の病気と付き合うには 清野佳紀、p67-73、メディカルビュー社、東京、2010年10月

北野元裕:骨形成不全症の治療A外科的治療(2)上肢・下肢 改訂版 骨の病気と付き合うには 清野佳紀、p208-212、メディカルビュー社、東京、2010年10月

 


掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.