診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター
2012  論文・著書
 

(骨・軟部腫瘍)

Kudawara I, Aoki Y, Ueda T, Araki, N, Naka N, Nakanishi H, Matsumine A, Ieguchi M, Mori S, Kuratsu S, Myoui A, Hashimoto N, Yoshikawa H : Neoadjuvant and adjuvant chemotherapy with high-dose ifosfamide, doxorubicin, cisplatin and high-dose methotrexate in non-metastatic osteosarcoma of the extremities-a phase II trial in Japan.
J Chemother 2013; 25: 41-48(2013年1月)

Yasunaga Y, Ueda T, Kodama Y, Oka T: Poorly differentiated neuroendocrine carcinoma of the seminal vesicle. Int J Urol 2012; 19(4):370-372(2012年4月)

Nagamoto Y, Hashimoto N, Kakunaga S, Ueda T, Tomita Y, Yoshikawa H:Endometriosis in the deltoid muscle: a case report.Eur J Orthop Surg Traumatol 2012; 22(6): 497-500 (2012年6月)

Ueda T, Kakunaga S, Takenaka S, Araki N, Yoshikawa H:Constrained total hip megaprosthesis for primary periacetabular tumors. Clin Orthop Relat Res 2013; 471(3): 741-749 (2013年3月)

上田孝文:骨肉腫の診断・治療指針。 運動器診療最新ガイドライン、p.284-285、総合医学社、東京、2012年5月

上田孝文:第84回日本整形外科学会学術総会パネルディスカッション「軟部肉腫の治療成績はどこまで改善したか」序文。 日整会誌 86(9)、p.639-640、2012年9月

上田孝文:骨・軟部腫瘍における新規分子標的治療薬の開発。癌と化学療法 40(3):p.318-321, 2013年3月

PAGE TOP

(股関節外科)

Nakahara I, Takao M, Goto T, Ohtsuki C, Hibino S, Sugano N:Interfacial Shear Strength of Bioactive-Coated Carbon Fiber Reinforced Polyetheretherketone after In Vivo Implantation.J Orthop Res 2012 ;30(10):1618-1625 (2012年10月)

Miki H, Sugano N, Yonenobu K, Tsuda K, Hattori M, Suzuki N: Detecting cause of dislocation after total hip arthroplasty by patient-specific four-dimensional motion analysis.Clin Biomech (Bristol, Avon). 2012 (12) [Epub ahead of print], (2012年12月)

Sugano N, Takao M, Sakai T, Nishii T, Miki H: Does CT-based navigation improve the long-term survival in ceramic-on-ceramic THA?Orthop Relat Res 2012 ;470(11) :3054-9. (2012年11 月)

Miki H, Kyo T, Sugano N:Anatomical hip range of motion after implantation during total hip arthroplasty with a large change in pelvic inclination.J Arthroplasty 2012 ; 27(9):1641-1650. (2012年10月)

Sugano N, Tsuda K, Miki H, Takao M, Suzuki N, Nakamura N: Dynamic measurements of hip movement in deep bending activities after total hip arthroplasty using a 4-dimensional motion analysis system.J Arthroplasty 2012 ; 27(8):1562-8.(2012年9月)

Sugano N, Takao M, Sakai T, Nishii T, Miki H, Ohzono K: Eleven- to 14-year follow-up results of cementless total hip arthroplasty using a third-generation alumina ceramic-on-ceramic bearing.J Arthroplasty 2012; 27(5):736-41. (2012年5月)

三木秀宣: 【股関節における三次元画像の応用】 四次元動作解析システムによるTHA術後脱臼の原因評価と治療計画。 整形・災害外科 55(8):p.1001-1008、2012年8月

中原一郎、高尾正樹、坂井孝司、西井孝、菅野伸彦:股関節の表面モデルを用いた股関節形状および骨性可動域の男女差評価。 整形・災害外科 55(8):p.967-974、2012年8月

田村理, 岩田浩和, 濱田英敏, 高尾正樹, 三木秀宣, 服部麻木, 鈴木直樹, 米延策雄, 菅野伸彦:体幹屈曲時に隠れる上前腸骨棘体表マーカーの位置座標の推定方法。日本コンピュータ外科学会誌 14(3):p.420-421、2012年10月

中原一郎, 許太如, 三木秀宣:CT-based navigation systemの位置センサ精度の違いがインプラント設置に及ぼす影響。日本コンピュータ外科学会誌 14(3):p.298-299、2012年10月

川上 秀夫, 菅野 伸彦, 三木 秀宣, 米延 策雄, 服部 麻木, 鈴木 直樹:高齢膝健常者の経年的歩容変化について歩行解析システムによる検討。日本コンピュータ外科学会誌 14(3):p.284-285、2012年10月

川上秀夫, 菅野伸彦, 三木秀宣, 米延策雄, 服部麻木, 鈴木直樹:膝の歩行時痛を評価する歩行解析システムの構築。日本コンピュータ外科学会誌 14(3):p.280-281、2012年10月

許太如中原一郎, 三木秀宣:ナビゲーション使用THAの術後評価におけるVolume Registration法の検証。日本コンピュータ外科学会誌 14(3):p.240-241、2012年10月

田村理, 西井孝, 菅野伸彦, 山村在慶, 中田活也, 許太如, 三木秀宣, 澤田典与司, 梅田直也, 西原俊作, 山本健吾:変形性股関節症に対するビスフォスフォネート治療の有効性 軟骨、骨代謝マーカーによる解析。Hip Joint 38(9): p.768-771,2012年8月

山村在慶, 中田活也, 西井孝, 田村理, 菅野伸彦, 吉川秀樹, 西原俊作, 三木秀宣, 山本健吾, 梅田直也:変形性股関節症における骨髄内浮腫の影響について。Hip Joint 38(9): p.733-736,2012年8月

岡本恭典, 津田隆之, 西井孝, 坂井孝司, 高尾正樹, 田村理, 菅野伸彦, 三木秀宣:人工股関節全置換術後に生じた臼蓋コンポーネント周辺骨折の検討。Hip Joint 38(9): p.716-719,2012年8月

酒井雄亮, 野谷美樹子, 山岸由美, 寺松良子, 越智麻純, 杉田智世, 岸本直子, 中村宣雄, 北田誠, 三木秀宣:人工股関節全置換術後におけるWOMAC・和式動作の追跡調査。Hip Joint 38 suppl.:p. 200-203, 2012年8月

中原一郎、中村宣雄、三木秀宣、高尾正樹、坂井孝司、西井孝、菅野伸彦:若年者(50歳以下)に対してLongevity高度架橋ポリエチレンを使用した人工股関節全置換術の10年成績。日本人工関節学会誌 42: p.145-146,2012年12月

PAGE TOP

(膝関節外科)

In vivo three-dimensional motion analysis of osteoarthritic knees.
Kawashima K, Tomita T, Tamaki M, Murase T, Yoshikawa H, Sugamoto K.
Mod Rheumatol. 2012 Jul 8. (Epub ahead of print) 2012年7月


PAGE TOP

(脊椎外科)

Nagamoto Y, Ishii T, Iwasaki M, Sakaura H, Moromoto H, Fujimori T, Kashiii M, Murase T, Yoshikawa H, Sugamoto K:Three-dimensional motion of the uncovertebral joint during head rotation.J Neurosurg (Spine) 2012; 17(4): 327-333 (2012年10月)

Nagamoto Y, Hashimoto N, Kakunaga S, Ueda T, Tomita Y, Yoshikawa H. : Endometriosis in the deltoid muscle: a case report.Eur J Orthop Surg Traumatol 2012; 22(6): 497-500. (2012年6月)

Fujimori T, Iwasaki M, Nagamoto Y, Ishii T, Kashii M, Murase T, Sugiura T, Matsuo Y, Sugamoto K, Yoshikawa H: Kinematics of the thoracic spine in trunk rotation: in vivo 3-dimensional analysis.Spine 2012; 37(21):1318-28. (2012年10月)

Fujimori T, Iwasaki M, Nagamoto Y, Kashii M, Ishii T, Sakaura H, Sugamoto K, Yoshikawa H: Three-dimensional measurement of intervertebral range of motion in ossification of the posterior longitudinal ligament: are there mobile segments in the continuous type?J Neurosurg (Spine) 2012;2012 ;17(1):74-81. (2012年7月)

青野博之:化膿性脊椎炎。今日の治療指針、p.896、医学書院、東京、2013年1月

長本行隆, 岩崎幹季:脊椎・脊髄の機能解剖。「カラーアトラス脊椎・脊髄の外科」、p.1-26、中外医学社、東京、2013年1月

岩崎幹季, 藤森孝人, 長本行隆, 柏井将文, 吉川秀樹. 骨化占拠率60%以上の重度頚椎後縦靱帯骨化症に対する後方除圧術−椎弓形成術の限界。臨床整形外科 47(5): p.413-419, 2012年5月

渡辺真生, 竹中聡, 長本行隆, 伊村慶紀, 橋本伸之, 中紀文, 吉川秀樹: 坐骨神経痛で発症しFDG-PET/CTにて特徴的な所見を有したneurolymphomatosisの1例。 臨床整形外科 47(7):p.695-699, 2012年7月

藤森孝人, 岩崎幹季, 長本行隆, 柏井将文, 高尾正樹, 吉川秀樹: 側彎症手術におけるフラットパネル検出器搭載3D-Cアームによる椎弓根スクリュー位置の術中評価。Journal of Spine Research 3(11):p.1461-1464, 2012年11月

柏井将文, 長本行隆, 藤森孝人, 松尾庸平, 杉浦剛, 岩崎幹季, 吉川秀樹: 筋ジストロフィー患児の骨粗鬆症に対するビスフォスフォネート剤の治療成績。 Osteoporosis Japan 20 Suppl.1 :P.228, 2012年9月

 


PAGE TOP

(小児整形)

今嶋由香理北野元裕上田孝文、岡本伸彦、高木優樹、長谷川奉延:被虐待児症候群と鑑別が困難であった骨系統疾患の2例。近畿小児整形外科懇話会雑誌 25:p.33-36, 2012年8月

今嶋由香理:第7回前期Murakami-Sano-Sakamaki Asia Visiting Fellowship -タイ王国訪問-。日本小児整形外科学会雑誌 21(2):p.378-384, 2012年12月


掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.