診療実績
整形外科トップ 初めて受診される方へ 外来案内 スタッフ紹介 診療実績 業績集 関連リンク
大阪医療センター

2013  論文・著書

A-0

Miki H, Sugano N, Yonenobu K, Tsuda K, Hattori M, Suzuki N: Detecting cause of dislocation after total hip arthroplasty by patient-specific four-dimensional motion analysis. Clin Biomech 2013; 28: 182-186(2013年4月)
Nakahara I, Takao M, Bandoh S, Bertollo N, Walsh WR, Sugano N: In vivo implant fixation of carbon fiber-reinforced PEEK hip prostheses in an ovine model. J Orthop Res 2013 ;31(3):485-492(2013年4月)
Iwamoto K, Shi K, Tomita T, Hashimoto J, Yamazaki T, Yoshikawa H, Sugamoto K: In vivo three-dimensional motion analysis of osteoarthritic knees. Mod Rheumatol 2013;23(4):646-652 (2013年4月)
Nakai T, Tamaki M, Nakamura T, Onishi A, Hashimoto K: Controlling pain after total knee arthroplasty using a multimodal protocol with local periarticular injections. J Orthop 2013;10(2):92-94 (2013年4月)
Matsubara T, DiResta GR, Kakunaga S, Li D, Healey JH: Additive influence of extracellular pH, oxygen tension, and pressure on invasiveness and survival of human osteosarcoma cells. Front Oncol 2013; 29(3): 199(1-14) (2013年7月)
Morii T, Morioka H, Ueda T, Araki N, Hashimoto N, Kawai A, Mochizuki K , Ichimura S : Functional analysis of cases of tumor endoprostheses with deep infection around the knee: a multi institutional study by the Japanese Musculoskeletal Oncology Group (JMOG). J Orthop Sci 2013; 18(4): 605-612 (2013年7月)
Kashii M, Yamazaki R, Yamashita T, Okuda S, Fujimori T, Nagamoto Y, Tamura Y, Oda T, Ohwada T, Yoshikawa H, Iwasaki M: Surgical treatment for osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits: retrospective comparative study of three procedures--anterior surgery versus posterior spinal shorting osteotomy versus posterior spinal fusion using vertebroplasty. Eur Spine J. 2013 ;22(7):1633-1642 (2013年7月)
Fujimori T, Iwasaki M, Nagamoto Y, Kashii M, Takao M, Sugiura T, Yoshikawa H: Reliability and usefulness of intraoperative three-dimensional imaging by mobile C-arm with flat-panel detector. J Spinal Disord Tech. 2013 Jul 26. [Epub ahead of print] (2013年7月)
Aono H, Kakunaga S, Koide S, Tobimatsu H, Kuroda M, Kudawara I, Mori K, Konishi E, Ueda T: Primary amyloidoma in epidural and paravertebral space of the lumbar spine. Spine J 2013; 13(10):e27-30 (2013年10月)
Tamaki M, Tomita T, Yamazaki T, Yoshikawa H, Sugamoto K: Factors in high-flex posterior stabilized fixed-bearing total knee arthroplasty affecting in vivo kinematics and anterior tibial post impingement during gait. J Arthroplasty 2013; 28(10): 1711-1727 (2013年10月)
Fujimoto E, Sasashige Y, Tomita T, Iwamoto K, Matsuda Y, Hisatome T: Significant effect of the posterior tibial slope on the weight-bearing, midflexion in vivo kinematics after cruciate-retaining total knee arthroplasty. J Arthroplasty 2013 (Epub ahead of print) (2013年10月)
Fujimori T, Iwasaki M, Nagamoto Y, Matsuo Y, Ishii T, Sugiura T, Kashii M, Murase T, Sugamoto K, Yoshikawa H: Kinematics of the thoracic spine in trunk lateral bending: in vivo three-dimensional analysis. Spine J. 2013 Dec 10 (Epub ahead of print) (2013年12月)
Kawashima K, Tomita T, Tamaki M, Murase T, Yoshikawa H, Sugamoto K: In vivo kinematics of three-component mobile-bearing total ankle replacement in rheumatoid ankle with talocalcaneal arthrodesis and spontaneous talocalcaneal fusion. Mod Rheumatol 2014 Feb (Epub ahead of print) (2014年2月)
Iwamoto K, Shi K, Tomita T, Hashimoto J, Yamazaki T, Yoshikawa H, Sugamoto K: In vivo kinematics of three-component mobile-bearing total ankle replacement in rheumatoid ankle with talocalcaneal arthrodesis and spontaneous talocalcaneal fusion. Mod Rheumatol 2014 Feb (Epub ahead of print) (2014年2月)
Sugiura T, Nagamoto Y, Iwasaki M, Kashii M, Kaito T, Murase T, Tomita T, Yoshikawa H, Sugamoto K: In vivo 3D kinematics of the upper cervical spine during head rotation in rheumatoid arthritis. J Neurosurg Spine. 2014 Feb 7 (Epub ahead of print) (2014年2月)

A-2

中原一郎:金属 「股関節学」久保俊一、120-124、金芳堂、京都、2014年2月
中原一郎:金属表面処理(セメントレス固定) 「股関節学」久保俊一、125-130、金芳堂、京都、2014年2月
中原一郎:骨セメント 「股関節学」久保俊一、131-135、金芳堂、京都、2014年2月
中原一郎:インプラント周囲骨リモデリング 「股関節学」久保俊一、136-141、金芳堂、京都、2014年2月
中原一郎:トライポロジー 「股関節学」久保俊一、142-145、金芳堂、京都、2014年2月
中原一郎:摺動表面、クリアランス、潤滑 「股関節学」久保俊一、146-150、金芳堂、京都、2014年2月

A-3

武中章太、海渡貴司、 細野 昇、三輪俊格、小田剛紀、奥田真也、山下智也、 大島和也、 有賀健太、浅野雅敏、淵矢剛司、黒田有佑、長本行隆、 牧野考洋、山崎良二、米延策雄:胸部脊髄症の神経症候。臨床整形外科 48(4): p.381-390, 2013年4月
小出周二,青野博之飛松秀和,黒田昌之,上田孝文:腰椎圧迫骨折偽関節のfailed back syndromeに対しcortical bone trajectoryを併用した脊椎再建術を施行した1例.中部整災誌 56(3): 721-722, 2013年5月
長本行隆、北野元裕、飛松秀和青野博之今嶋由香理、田村大資、上田孝文、岩崎幹季、川端秀彦:脊髄髄膜瘤に伴う高度脊柱変形に対する後弯部切除(Kyphectomy)6例の治療経験。臨床整形外科 48(7): p.729-734, 2013年7月
長本行隆:頚椎の保存治療 Q&A 整形外科看護 18(7): p.22-28, 2013年7月
三木秀宣、菅野伸彦、米延策雄、服部麻木, 鈴木直樹:人工股関節全置換術後の動作解析と脱臼予防。Bone Joint Nerve 3(3): p.499-506, 2013年7月
村田洋一、長本行隆、柏井将文、藤森孝人、 飛松秀和青野博之、岩ア幹季:軟骨無形成症に伴う脊柱管狭窄症に対する手術成績。 臨床整形外科 48(8): p.799-803, 2013年8月
川上秀夫、菅野伸彦、三木秀宣、米延策雄、服部麻木、鈴木直樹:膝の内外反に伴う歩容変化を評価する歩行解析システムの構築。日本コンピュータ外科学会誌 15(2):p.106-107、2013年8月
濱田英敏、田村理、高尾正樹、三木秀宣、服部麻木、鈴木直樹、米延策雄、菅野伸彦:大腿骨前捻が下肢の回旋に与える影響。日本コンピュータ外科学会誌 15(2):p.108-109、2013年8月
田村理、 三木秀宣、濱田英敏、高尾正樹、服部麻木、鈴木直樹、米延策雄、菅野伸彦:脱臼股に対する人工股関節全置換術が歩行中膝関節動態に与える影響。日本コンピュータ外科学会誌 15(2):p.110-111、2013年8月
宮本直、長本行隆青野博之飛松秀和上田孝文:ステロイドパルス後に生じた広範囲脊椎硬膜外膿瘍の1例。中部整災誌 56(5): 1241-1242, 2013年9月
宮村 聡、辻 成佳、岩井貴男、中瀬尚長、濱田雅之:骨破壊を伴う慢性結節性痛風の2例。日本脊椎関節炎学会誌5(1):p.83-89, 2013年9月
堀 篤史、村田慎一、河野通彦、前田正彦、末吉 智、関 昭彦、名引順子、堀 信一、久田原郁夫: デスモイド術後再発病巣に動注塞栓術が著効した1例。 癌と化学療法 40(9):p.1259-1262, 2013年9月
中瀬尚長、安井夏生、北野元裕、廣島和夫、濱田雅之、上田孝文、樋口周久、吉川秀樹:先天性内反足の初期治療と遺残変形への対処 特発性先天性内反足遺残変形に対する観血的軟部組織解離を併用したIlizarov法の臨床成績。 別冊整形外科 64:p.171-175, 2013年10月
中瀬尚長、安井夏生、北野元裕、廣島和夫、濱田雅之、上田孝文、樋口周久、吉川秀樹:成長障害による下肢短縮変形に対する骨延長術の臨床成績 創外固定装着期間と合併症発生リスクの予測に関する検討。 別冊整形外科 64:p.230-232, 2013年10月
柏井将文、長本行隆、藤森孝人、本田博嗣、 海渡貴司、岩崎幹季、吉川秀樹:ビスフォスフォネート剤術前投与は筋原性側彎症患児の椎体骨強度を改善する。Journal of Spine Research  4(11): p.1675-1678, 2013年11月
中原一郎、許太如、三木秀宣:Conserve Plusを使用した大骨頭径メタルオンメタル人工股関節全置換術の臨床成績。日本人工関節学会誌 43: p.259-260,2013年12月
増原健太、柏井将文、岩本圭史、本田 博嗣、海渡 貴司、金澤 元宣、吉川 秀樹、岩崎幹季:陳旧性環軸椎回旋位固定の治療成績。臨床整形外科 49(1): p.95-102, 2014年1月
石井圭輔、青野博之、古賀公明、高橋総一郎、寺山 星、橋本伸郎、蓮江文男、渡邉健一、東川晶郎、豊根知明:胸腰椎破裂骨折に対するligamentotaxisを用いた後方椎弓根スクリュー固定術の多施設前向き研究。Journal of Spine Research  5(2): p.112-117, 2014年2月

A-4

長本行隆, 菅本一臣:リハビリテーションのための3Dで見る関節キネマティクス 頚椎のキネマティクス(図説)。 Journal of Clinical Rehabilitation 23(1): p.4-10, 2014年1月
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. Orthopedics All rights reserved.