臨床工学技士|大阪医療センター臨床工学室へようこそ

業務紹介




人工心肺および手術室業務

人工心肺

心臓血管外科手術において心臓と肺を代行する人工心肺装置を操作し、手術中の全身の循環管理を行います。この他、心臓の拍動を停止させ心筋保護を行う心筋保護液供給装置、余分な水分や電解質を除去する血液濃縮器、術野から出血した血液を洗浄して返血する自己血回収装置、体温や心筋保護液の温度を調節する冷温水槽等の操作と人工心肺全般の操作記録を行っています。また、心臓血管外科手術にかかわる医療機器の準備および操作、間接介助業務を行っています。

安全管理として、機器に問題がないかを判断するため使用前,使用中,使用後点検を毎回2名により行っています。また、当院では関連団体が認定する人工心肺等の体外循環装置を操作するための技術を有する能力をもつ「体外循環技術認定士」を2名が取得し安全に配慮しています。

OFF Pumpバイパス手術(人工心肺を用いないバイパス手術)や腹部大動脈瘤手術等において自己血回収装置の組立、操作、点検を行っています。また、術中に超音波血流計を用いたグラフト血流計測も行います。

補助循環

経皮的補助循環装置(PCPS)は、人工心肺離脱困難症例や心原性shockなど重症心不全に対して、心臓と肺を代行する補助装置を用いて全身の循環補助(ECMO)を行います。PCPSは、遠心ポンプと膜型人工肺を用いた閉鎖回路であり迅速に準備が可能な簡易型人工心肺装置です。大動脈バルーンパンピング装置(IABP)は心不全による低心拍出量症候群等に対して、IABPによる心臓の補助を行います。血行動態に合わせた駆動条件調整や装置の安全管理を行っています。
また、ペースメーカ関連業務を行っています。 植え込み時の立ち合い検査や定期的なペースメーカのフォローアップとして正常に作動しているかの検査も担当しています。

人工心肺症例数
2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
症例数 84 91 66 76 84



補助循環症例数
2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
ECMO Cardiac 24 16 18 27 18
Respiratory 9 2 4 1
IABP 12 27 19 24 30



機器所有台数
人工心肺装置:2台 心筋保護注入装置:2台 冷温水槽:3台
経皮的心肺補助システム:4台
補助循環用バルーンポンプ駆動装置:5台

血液浄化業務

血液浄化とは、人工透析療法・血液濾過療法・血漿交換療法・血液吸着療法等の総称で、体内に貯まった老廃物などを排泄、もしくは代謝する機能が働かなくなった場合に行う治療法です。

当院においては、血液透析(HD)・持続緩徐式血液透析濾過法(CHDF)・血漿交換療法(PE)・血液吸着法・腹水濾過濃縮再静注法(CART)などの血液浄化療法を透析室や集中治療室で実施しています。さらに、難治性疾患である潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患には白血球除去(L-CAP)、感染や侵襲に対する全身性炎症反応などの重症度の高い敗血症shockなどの症例にはエンドトキシン吸着療法(ET-A)などを実施しています。また、血液内科や免疫感染症からの依頼で末梢血幹細胞採取(PBSCH)も実施しています。


血液浄化

さらに血液浄化に対し、適切に対応できる基本的な血液浄化施行能力(態度・技術・知識)を修得し、専門的な治療を講じる能力をもつ「血液浄化専門臨床工学技士」を1名が取得し、血液浄化業務の中心となり業務を行っています。

血液浄化件数
  CHDF PE DFPP ET-A PA LCAP
GCAP
CART PBSCH
2011年 215 15 6 16 5 17 26 6
2012年 522 25 17 23 0 14 6 9
2013年 498 17 1 13 5 14 7 8
2014年 367 33 8 24 2 0 7 11
2015年 625 4 6 17 11 0 22 1

(延べ日数)


                                                             

機器所有台数
ACH-10:3台 TR-55X:1台 KPS−8800Ce:1台 COBE Spectra:1台

その他の業務

医療機器管理として輸液ポンプ(140台),シリンジポンプ(190台)をはじめとした医療機器の中央管理化を図り、機器の使用毎に保守管理を行っています。それにより機器の故障や事故の発生の可能性を低下させることができます。特に人工呼吸器(32台)などの生命維持装置を保守管理し、常に万全の状態にしておくことは、安全に機器を使用するうえで重要です。更に、機器を中央管理化・集中管理することにより効率的な運用を行うことが出来、余剰機器を防止することが出来ます。この中央管理業務と医療機器修理業務の一部を外部委託しています。現在、ME機器中央管理室は中央診療部門に位置し面積約18uを有しています。

*集中治療部門(ICU,CCU,救命)では、定数配置を行うなどのハイブリッド管理を行っています。

中央管理機器

輸液ポンプ   : TE-161SA (30台),TE-261 (110台)

シリンジポンプ : TE-331S0N (40台),TE-351 (145台),TE-371 (5台)

人工呼吸器   : EVT-XL (3台),EVT-4 (14台),EVT-2200 (1台),ベネット740 (2台),ベネット760 (3台),ベネット840 (6台),C-1(4台),VERA(1台),LTV1200(2台)

経腸ポンプ   : アプリックススマート(42台)

離床センサー  : 転倒むし (23台),赤外線センサー (10台)

フットポンプ  : SCDエクスプレス(8台) 低圧持続吸引器:SD-2000,SD-2002,SD-3000(19台)

医療機器中央管理室 医療機器管理

医療安全として、生命維持管理装置である人工呼吸器に関しては、 毎勤務ごとにチェックリストに基づくリスクラウンドを行っています。(約7500件/年)また、呼吸ケアラウンド(RST)を医師,看護師,理学療法士とともに参画し、人工呼吸器の適正使用や早期抜管への取り組みも行っています。
PCPSやIABPでは、基本的に週に1度のリスクラウンドを行い、使用している場合は毎勤務ごとに点検を行っています。(約2500件/年)これにより、円滑な補助循環装置の使用が可能となっています。
さらに、2005年に改正されました医療法に対応するため、当院独自の「医療機器の保守管理に関する計画の策定及び保守点検の適切な実施に関する指針」を作成し、定期的な更新を行い運用しています。