放射線診断科・放射線治療科へようこそ

  • 案内図
  • スタッフ紹介
  • 添付文書等

  • 撮影部門・骨密度
  • マンモグラフィ
  • CT検査
  • MRI検査検査
  • アイソトープ(RI)検査
  • 血管造影検査
  • 緊急災害医療棟

アイソトープ(RI)検査

核医学(RI)検査の仕組み

核医学検査は、ガンマ線という放射線を放出する放射性同位元素を含んでいる薬を注射などによって体の中に入れ、臓器や病変部に取り込まれた薬から放出される微量のガンマ線を体外のカメラで撮り、肉眼では見えない体の内部を調べるのが特徴です。
体の内部に取り込まれ、そこから出てくる放射線を体外で撮像します。カメラが体のまわりをゆっくり移動しながら全身の写真や目的とする臓器の写真を撮ります。


画像提供:シーメンスヘルスケア株式会社

核医学検査の目的

特定の臓器や病変のある部位を見つけるため、目的とする検査ごとに検査薬が用意されています。

検査薬は、病変部に強く取り込まれたり、逆に取り込まれなかったりします。これをカメラで撮ると、ある部分だけが濃くなったり、形が欠けていたりしますので、病変の状態がわかります。

これらのデータをコンピュータで処理をして、臓器の働きの程度を見たり、又臓器の断層像(輪切り像)を作り、詳しく調べます。

 

検査薬から放出される放射線

核医学検査では、

  • 影響の少ないガンマ線が用いられています。
  • ガンマ線を放出する放射性同位元素のなかでも寿命の短いものが使われます。
  • きわめて微量が投与されます。
  • ので、心配なく日常の検査にも用いられるのです。

    検査によって数分で終わるものや、数十分かかるものがあります。又、薬の体内での移動をみるために、時間毎に数回写真を撮ることがあります。

     

    予約が必要な理由

    放射性検査薬は、寿命が短く病院で貯蔵しておくことができません。いわば新鮮なうちに使う必要がある生鮮品なのです。そのため検査ごとに発注され、製薬会社から毎朝病院に届けられます。薬を新鮮な状態で準備するためには検査の予約をしていただく必要があるのです。

     

    主な検査

    • 骨シンチグラフィ
    • 「適応と対応疾患」
      ・悪性腫瘍の骨転移の有無、治療後の評価
      ・疲労性骨折やX線写真ではっきりしない
         病変の存在診断
      ・関節炎、関節症の評価
      ・原発性骨腫瘍の評価
      ・人工関節置換術後の感染やゆるみの検索
      ・代謝性骨疾患や腫瘍類似疾患の評価
      ・骨移植後の血流、存在性の評価


    • 腫瘍シンチグラフィ
    • ガリウムシンチグラフィ

      「適応と対応疾患」
      ・悪性リンパ腫の病期診断、治療効果判定
      ・頭頚部腫瘍の診断、治療効果判定
      ・甲状腺未分化癌の診断
      ・悪性黒色腫、睾丸腫瘍、肺癌の転移診断
      ・間質性肺炎の診断
      ・サルコイドーシスの診断
      ・不明熱の原因病巣、原発不明癌の検出


      タリウムシンチグラフィ

      「適応と対応疾患」
      ・脳腫瘍の評価、治療効果判定
      ・肺腫瘤性病変の良悪鑑別診断
      ・肺癌の縦隔リンパ節転移診断、治療効果
         判定
      ・縦隔腫瘍の存在診断
      ・骨軟部悪性腫瘍の治療効果判定
      ・甲状腺分化癌の転移検索


    • 心筋血流シンチグラフィ(塩化タリウム:201Tl)
    • 「適応と対応疾患」
      ・労作性狭心症における虚血の検出
      ・心筋梗塞
      ・梗塞後の心筋生存性の評価
      ・血行再建、再灌流後の治療効果
      ・心筋症の血流評価:拡張型心筋症、
         肥大型心筋症


    • 脳血流シンチグラフィ(123I-IMP)
    • 「適応と対応疾患」
      ・脳血管障害、痴呆、てんかん、脱随性
         疾患、変性疾患、精神疾患、脳腫瘍、
         脳炎、脳死
      ・脳血管障害における局所脳血流異常の検出
      ・精神疾患における局所脳血流異常の検出


    • 肺血流シンチグラフィ
    • 「適応と対応疾患」
      ・肺梗塞症の診断、治療効果判定
      ・肺癌での肺血流変化の評価
      ・閉塞性肺疾患などびまん性肺疾患の
         血流評価
      ・大動脈炎症候群の肺血流評価


    • 腎動態シンチグラフィ(99mTc-MAG3)
    • 「適応と対応疾患」
      ・腎機能の障害度評価
      ・閉塞性尿路疾患の評価
      ・腎血管性高血圧症の検出
      ・腎移植後の腎機能評価:急性尿細管壊死と
         拒絶反応
      ・腎梗塞の検出