放射線診断科・放射線治療科へようこそ

  • 案内図
  • スタッフ紹介
  • 添付文書等

  • 撮影部門
  • マンモグラフィ
  • CT検査
  • MRI検査
  • アイソトープ(RI)検査
  • 血管造影検査
  • 緊急災害医療棟

放射線診断科へようこそ

はじめに

放射線(診断)科医は《ドクターのドクター》と言われています。

それは,各診療科の先生方の依頼や相談を受け,患者さんに画像診断でより良い医療を提供できるようにすることが役目だからです.

CTやMRIに代表される画像診断は平成に元号が変わった頃より,急速に発展し,医療に占める割合が大きくなりました.その分,病気を診断する検査が,より低侵襲で高度になったとも言えます.CTやMRIに代表される医用画像は,診療放射線技師によって適切に撮影され,放射線診断専門医により,正しく診断されることで命が吹き込まれます.専門的知識で正確に評価しなければ,ただの写真です.

病院内で放射線科医は,患者さんの見えないところで,画像を通じて,各科の先生方と病気の診断や治療について電子カルテ,電話やカンファランスで個別に検討しています.

放射線科のもう一つの大きな仕事は画像診断の技術を手術に代わる低侵襲な治療に応用することです.緊急止血や肝臓がんに代表される抗がん剤の動脈内注入,X線透視やCTを用いて経皮的な組織採取や膿瘍のドレナージ,胆管の減圧などを行っています.これらの治療は,救急,消化器,外科,産婦人科や整形外科などの各診療科のスタッフと協力して実施しています.

若手医師の専門医育成の場として,日本医学放射線学会認定・総合修練機関であり,新たに日本インターベンショナルラジオロジー学会専門医修練施設に認定されました.

地域医療連室を通じて,地域の先生方にも病院と同じ環境で診療できるように,CT,MRIおよび骨シンチ検査が利用できます.検査希望日前日5時までに予約でき,報告は検査当日の午後診や夜診に間に合うようにFAXで送信されます.院内と同じように,報告内容に関して地域医療の先生方の《ドクターのドクター》として,貢献できるように努めてまいります.