放射線診断科・放射線治療科へようこそ

  • 案内図
  • スタッフ紹介
  • 添付文書等

  • 撮影部門
  • マンモグラフィ
  • CT検査
  • MRI検査
  • アイソトープ(RI)検査
  • 血管造影検査
  • 緊急災害医療棟

マンモグラフィ

マンモグラフィとは?

乳房のX線撮影のことをマンモグラフィといいます。乳房は柔らかい組織で出来ているため、専用の撮影装置を使って撮影します。マンモグラフィは触知不能な乳がんを検出するにあたり、有用な検査方法と言われています。

 

実際の検査について

  • 検査時間は10分〜15分程度で終了します。
  • 微量の放射線で安全に検査が行えます。
  • 服装は上半身裸になって頂き、マンモグラフィ専用の検査着を着用していただきます。
  • 診療を目的とした検査では原則的には両方の乳房に対し撮影を行い、上下方向と斜め横方向からの左右それぞれ2方向ずつ計4回撮影を行います。
  • 撮影時、担当技師が直接乳房に触れ、乳房全体が写るように前に引っ張り、撮影装置の検査台にのせ専用のアクリル板にて圧迫します。
  • 圧迫は数秒間だけで、撮影時間も1秒もかからず終了します。人によっては痛みを感じることがあるかもしれません。我慢できなければ遠慮なく担当技師にお伝えください。

 

検査時の注意点

  • 妊娠の可能性がある方は検査前にお申し出ください。
  • 豊胸手術を受けたことがある方、埋め込み型ペースメーカー・除細動器、前胸部にCVポート等が留置されている方は検査を受けられない可能性があるため、検査前にお申し出ください。

  • 乳房に湿布や絆創膏等がついている場合は外してください。
  • 制汗パウダーなどは、病変と間違えられる画像として写る可能性があるため、よく拭き取っておいてください。
  • 長い髪は検査前に束ねておくようにお願いします。
  • ピアス、イアリング、ネックレス等は外しておいてください。
  •  

よくある質問について

.なぜ乳房を圧迫するの?

.乳房を圧迫すると乳房内部の組織が拡がり、厚みを均一にすることが出来ます。これにより、しこりや石灰化をはっきりと写し出し、動きによるボケを防ぐことも出来ます。また、乳房の厚みを薄くすることで、放射線量の低減にもつながります。

.マンモグラフィはいつ受けるのが良いですか?

.乳腺は女性ホルモンの影響を受け、月経が始める直前は卵巣から分泌されるホルモンによって影響を受け、人によっては痛みを感じやすい場合があります。月経終了後1週間ぐらいが最適と言われています。

 

お願い

検査室内はBGMが流れ、落ち着いた雰囲気となっています。
患者様がリラックスした状態での撮影ポジショニングが重要となりますのでご協力をお願いいたします。
また、ご不明な点がございましたら遠慮なく担当技師にお声かけください。