施設紹介
ごあいさつ 外来担当医 施設紹介 スタッフ紹介 教室案内 お産の準備 入院生活 サービス育児サークル
産科外来
産科外来は月・水・金の午前中で、予約制となっています。
受付8:30〜12:00までとなっていますので、予約のない初診の方はこの時間にお越し下さい。
<当院では助産制度の利用はできませんのでご了承下さい。>
1階案内図 1階案内図
1階案内図 1階案内図
     
診察室 受付 NSTベッド 母親学級のお部屋
診察室 受付 NSTベッド 母親学級のお部屋
産科外来には3つ診察室があります。こちらのベッドの上で赤ちゃんの心音を聞いたり、触診したりします。 外来に来られた妊産褥婦様をこちらでお迎えします。 赤ちゃんの心音とお腹の張りの有無を診る機械をこちらのベッドに横になってつけていただきます。 母親学級のときに使うお部屋ですが、お産後の乳房外来に使ったり、子育てサークルの会場になったりします。
中待合い 内診台 相談窓口  
中待合い 内診台 相談窓口  
パパやおばあちゃんにエコーは見てほしいけど、診察はちょっと…というとき、スタッフに声をかけて、こちらで待っててもらって下さい。お呼び致します。 子宮のお口の開き具合をみたり、赤ちゃんの頭の下がり具合を内診台に乗って見させてもらいます。 医師に話すほどのことではないけれど…といったような相談事はこちらで受け付けます。バースプランの相談も受け付けていますので、お気軽に声をかけてください。  
PAGE TOP
費用について
  諸費用
PAGE TOP
NST検査について
 出産後に支給される出産育児一時金を、保険者から医療機関等に直接支払うことにより、被保険者(出産された方)が医療機関に支払う出産費用を軽減する制度です。

平成21年10月からは額を4万円引き上げ原則42万円となります・・・詳しくはコチラへ
NST検査について
 ノンストレステストと呼ばれ、お腹の赤ちゃんの状態や、お腹の張りを調べる検査です。ベッドに横になってもらい、リラックスした状態で行います。お腹に赤ちゃんの心音をひろう機械とお腹の張りを感じ取る機械をつけます。この検査には20〜40分の時間がかかります。長くなる場合には声をかけさせてもらいます。
妊娠35週頃と、40週以降毎回検査し、それ以外にも医師が必要と判断した場合に適宜検査します。
妊婦健診のスケジュール
 当院では毎週月・水・金曜日の午前中に産科外来を行っています。初診の方はご予約をお取りできませんが、再診の方はご予約日のご予約のお時間にお越しいただく形になっています。
妊娠28週までは4週間に1回、妊娠28〜36週までは2週間に1回、妊娠37週以降は1週間に1回の妊婦健診を受診し、医師が必要と判断する場合はこれより多くなります。妊婦健診には、母子健康手帳と診察券を持って、脱ぎ着のしやすい楽な服装でお越し下さい。
産科医療補償制度
 お産の現場では、赤ちゃんが健康で、元気に生まれてくるために、医師や助産師などが大変な努力をしていますが、それでも予期せぬ出来事が起こってしまうこともあります。 「産科医療補償制度」はお産をした時に何らかの理由で重度の脳性麻痺となった赤ちゃんとそのご家族のことを考えた新しい制度で当院も加入しています。・・・ 詳しくはコチラへ
PAGE TOP

病棟紹介
受付
病棟の入り口です。
ここで病棟に来られた皆様をお迎えします。
病棟受付
お部屋のご案内
陣痛室6床・分娩室2室・LDR2床 新生児室 4床室 個室(トイレ付・トイレなし 有料)
主に産前・産後の方と婦人科の患者様がおられます。
陣痛室 分娩室 LDR
陣痛を一緒に乗り切っていただける方、どなたかお一人のお付き添いのもとで過ごしていただけます。
お好きな音楽を聴いたり、アロマを炊いたり、畳マットでゆったりしながら、赤ちゃんの誕生を待ちます。
いざ、赤ちゃんとのご対面です。赤ちゃんのパパの立会いができます。
フリースタイルでの出産はまだ取り入れておりませんが、赤ちゃんの誕生ギリギリまで陣痛室で過ごしていただけますのでご安心ください。
※分娩台が新しくなりました
ご家族や親しい人たちに囲まれて赤ちゃんの誕生を迎えることができます。分娩時に分娩台への移動の負担がなく、ご家庭のような雰囲気の中で過ごすことができます。
新生児室 4床室 個室
帝王切開後の赤ちゃんや治療を必要とする赤ちゃんをお預かりしています。 産後の大部屋は4人部屋になります。
産後のママ同士いろいろ情報交換しながらお友達になって帰ってくださいね。
トイレ付の個室とトイレなしの個室があります。
応接セットもあって1人でゆったりを望まれる方にはオススメです。
     
トイレ 洗面室 面会室 ロビー
トイレ 洗面室 面会室 ロビー
男性用トイレがないため、女性用トイレがゆったりと作られ、こんなに広々としたトイレとなっています。 朝夕の洗顔はこちらでどうぞ。
洗濯機や電子レンジ、トースターもあるのでご利用ください。

大部屋にご入院中のママと赤ちゃんの面会はこちらのお部屋でどうぞ。
予約制で大人の方であれば面会していただけます。

☆2009年リニューアルしました

病棟の一番後ろのロビーは広々としてご面会の方とくつろぐのにぴったり。
でも、ここでは赤ちゃんとの面会はできませんのでご了承ください。
PAGE TOP
当科の特殊性
自然分娩
 当院では、人工的な操作による介入の、できるだけ少ない分娩を心がけています。正常分娩経過と判断される場合は、原則として陣痛促進剤の使用は行いません。
医師の立ち会いのもと、助産師が分娩の介助を行います。
総合病院の特殊性を活かしたチーム医療を提供しています。
●当院では24時間産科医師が対応できます。
※当院は夜間・休日を問わず、産科医師が当直及び日直として勤務しております。
●当院産科では小児科・手術室などと密に連携を取りあっています。
※出生後の赤ちゃんの異常の早期発見のため、小児科・整形外科の回診を受けることができます。
●分娩中帝王切開が必要になっても、24時間体制で手術室と連絡が図れ、早期に帝王切開をすることができます 。
●分娩後、出血が多くても、必要時迅速に輸血などの処置を受けることができます 。
●当院はOGCSの協力病院です
※妊娠週数の浅い妊婦さんの分娩の場合、近隣の協力病院と連携し合い、母体搬送を速やかに行います。
※また、近隣の施設からの搬入も受け入れています。
●近隣にあるNICUのある施設と提携しています(MNCS受け入れ病院です)
※生まれてくる児の呼吸機能が未確立な状態であることが想定される場合は、近隣の施設と提携し、すみやかに搬送させていただきます。
※また、近隣の施設からの搬入も受け入れています。
当院では様々な合併症のある方のお産も行っています。
 ・ 子宮頸がん
 ・ 子宮筋腫
 ・ 子宮内膜症
 ・ 卵巣腫瘍
・糖尿病
・HIVなどの感染性疾患
・自己免疫疾患
・その他(ご相談下さい)
  合併症の症状にあわせた安全なお産を提供させていただきます。
豊富な人材で安全・安心なお産を目指しています。

●ベッド数31床に対して、産科医師10名、助産師17名 看護師9名で対応させていただきます。 (平成27年9月1日現在)

 

PAGE TOP
 
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital, The obstetrics department All Right Reserved.
産科トップ大阪医療センター